日常の備忘録
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日常の備忘録

2019-07-25 18:41
    ※テーマ    吉本興業のゴタゴタ 参院選 人間の脳の不具合



    先日「人間の脳はバグだらけで、そこを上手くつけば経済的に成功できる」というツイートを見まして、なるほどねーと思っていました。

    そんな折に「まさにこれがその事象か!?」と思うことが最近立て続けに起こったのでここに記しておきます。



    その1

    芸人の宮迫さんの一連の騒動において、「悪いのは××」という単純な結論に多くの人が陥りがちになっています。

    これはなぜかというと、人間は「定量的な判断」をするのが苦手だからではないでしょうか。

    つまり、物事の良し悪しというのは、片方が真っ黒で片方が真っ白なんていうことなどほとんどなくて、いろいろな要素がいろいろな黒さや白さで存在しているのに、誰もが「悪いのはこいつ」と定性的に判断しようとしていて、これは人間の本能的なものではないかなと思います。





    その2


    参院選において、NHKや安楽死をテーマにした政党がいました。「NHKが嫌いだからN国に投票する」という考えもなくはないですが、国会議員を選ぶ際にはもっと多くの判断の要素があるはずです。

    つまり「政党Aは改憲に関しての意見はx。税金に関してはy。社会保障に関してはz」であるとして、このxyzの意見を総合して、他の政党の意見と比較して支持政党を選ぶのが正しいはずなのに、「NHKをぶっこわす」という誰でも理解できて賛同者も多そうなテーマだけを強調することによってその目線をそらしています。

    ※ワンフレーズ政治 シングルイシュー政党 一行マニフェスト とか言われる戦法




    以上2点がその出来事です。

    「脳のバグ」なんて言いましたが、つまり簡単に言えば、人間は複雑なことを考えるのは苦手ということだと思います。ただそれだけのことです。

    そしてこの2件がしているように、そこをつけば成功できるということを件のツイートは言いたいんだと思います。


    今思えば、KAZMAXさんもそうした特性を上手く利用して成功したのかなと思います。
    (※彼は誰でも理解できる三尊チャートパターンをひたすら連呼していた)





    日常エントリまとめ





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。