映画「Once upon a time in Holleywood」 2019年 アメリカ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画「Once upon a time in Holleywood」 2019年 アメリカ

2019-09-01 02:28
    50点





    無念。。

    自分の一番好きな映画監督がタランティーノなんです。その彼の新作ということで、なんの予定もない今夏の唯一の楽しみだっただけに無念です。


    風味としてはタランティーノらしさは随所に見られました。「デスプルーフ」と「イングロリアス・バスターズ」をミックスしたような。

    が、彼の作品に誰もが期待するようなカタルシスはイマイチでした。





    ところで重要なのは、今作はシャロンテートという実在の女優が役として出てくるんです。


    これが大きくて、というのもこの映画は現実の出来事を前フリとして使ってるんですね。



    例えば「この世界の片隅に」は1945年の広島を舞台にしていて、日本人なら誰もがこのことの意味を理解できて、そういう目で映画を見ますよね。


    同じように「シャロンテートが出る映画」ということの受け取り方が、彼女をよく知っているアメリカ人と、知らない日本人では全然違うので、そこは苦しかったなと思います。

    (※ウィキで予習すれば、、という単純な話でもないかな)



    とはいえ何年後かにフラっと見ると俄然面白く見えるのもタランティーノ作品なんで、そこは期待したいです。





    ※主演級の人がたくさん出てます。





    ※左が実際のシャロン・テート  右が演じたマーゴット・ロビー



    それにしてもブラピとデカプリオではちょっと差がついたなと感じました。というのも、ブラピはもうずっとカッコイイ役ばっかりで役に幅がなく、55歳でさすがにもう抜けれないでしょう。

    一方44歳のデカプリオは「ウルフ・オブ・ウォールストリート」で一回ヨゴれたのが転機になったなと思います。




    2019年に見た映画




    ドキュメンタル・S7            100点
    あの夏、一番しずかな海           100点
    スパイダーマン:スパイダーバース      90点     
    キッズリターン               90点
    バード・ボックス              90点
    メッセージ                 90点
    アベンジャーズ:エンドゲーム        80点    
    インセプション(二回目)          80点
    スリー・ビルボード             80点
    イングロリアス・バスターズ(三回目)    80点
    フリーズ                  80点
    グリーンブック               70点   
    ブロークバック・マウンテン         70点
    殺人の追憶                 70点
    ローマ                   70点
    Once upon a time in Holleywood      60点   ココ!!
    キャプテン・マーベル            60点 
    ミスティック・リバー            60点
    キック・アス                60点
    M:Iフォールアウト             60点
    天気の子                  50点  
    ニキータ                  50点
    バーフバリ王の凱旋             50点
    ボーダーライン               50点
    ゾンビランド                40点   
    菊次郎の夏                 40点  
    ザ・ダート                 40点
    タンポポ                  30点   
    野火                    20点
    ドキュメンタル・S6            10点



    2018年に見た映画まとめ





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。