一生残りやすい、旅の思い出の作り方3選
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一生残りやすい、旅の思い出の作り方3選

2019-06-23 22:50
    この記事のパクリです
    https://ch.nicovideo.jp/lifehacker/blomaga/ar1777677

    思い出は、最高の旅のお土産のひとつです。

    思い出、有ったらうれしいですよね。

    私は自転車でニコ生配信をしながら日本一周を半分した後、
    原付バイクで残りの工程を一周しました。
    徒歩で徳島のお遍路もしました。

    その旅の中で得た「一生残りやすい、旅の思い出の作り方」を紹介していきます。
    2泊3日で一生残りやすい、旅の思い出の作り
    方を紹介します。

    一言でポイントを説明すると
    「自分自身の望みを聞いてあげること」です



    1日目. 計画どおり行動する

    前もって計画していても、現地に着いてからでも構いません。
    行きたい場所を調べて、考えて、決定して、行動します。
    自分の中の理性と、過去の経験と相談して決めます。
    余裕を持った計画でも、
    キツキツタイトな計画でも構いません。

    でも、できるだけ現地の定番スポットめぐりを予定に入れたほうが良いかもしれません
    2日目に何も得られなかった場合(後述)や人から
    「○○に行ってきたの?□□は行った?」
    と聞かれたとき、答えられる状態にしておいたほうが慰めになります。

    計画どおり行動できましたか?
    できました?
    すばらしい!!
    そのまま2日目へGO!

    計画どおり行動できましたか?
    できません?
    だよね~!!!!!!

    計画どおり行動して予定通り行動できて気持ちよかったり、
    ミスが見つかって気持ち悪かったりします。
    ミスを楽しめる余裕があるのは
    「ミスを許容できるスケジュールがあるとき」です。
    悔しいことが往々にしてあります。
    でも、それでも自分で考えて計画してください。

    それが、あなたという人間が考えて、
    行動して得られた結果、
    あなたの人生の一部なんです
    あなたの頭、有意識が決定した結果です。



    2日目. 計画せずに行動する

    2日目は、あえて予定を入れません。
    行き当たりばったりで、自分のしたいように行動してみましょう。
    ホテルのスイーツバイキングを全種類食べてもいいし、
    一日中お土産屋さんに居てもいいですし、
    山に登って景色を眺めてもいいですし、
    パンの耳を買って昼ごはんを質素に過ごしてもいい、
    川で水浴びしてもいい。
    現地の人とのおしゃべりもいいですね。
    特に終わりの時間を考えずともOKです。

    自分が「その場で」どう動きたいか、「その時の」あなた自身に聞いてみます。
    本当の自分は何をしたいか、自分の体と自分の無意識に問いかけるように動きます。

    2日目が旅の本番です。1日目だって旅の本番ですが。
    1日目に定番のコースを入れておいたほうが良いと前述しておいたのは、
    2日目に自分自身がどんな行動を起こすか検討がつかないからです。
    その場所でする必要がないことをしでかすかもしれません。

    近場の公園でずっとtwitterしてる可能性すらあります
    ウチの姉はインドネシアのホテルで1日中寝てました
    私も20分の休憩のつもりが3時間道路脇で寝てたこともあります。
    午前中ずっとレシートからスマホで家計簿を作って
    腹がヘコんだからベルトに新しい穴を開けた日もありました。
    後悔もありますが今思い返せば良い思い出です。

    1日目で普段の自分を裏切らないように、
    日常社会に戻ってきたときにわかりやすい収穫を持って戻れるように。
    2日目で普段の自分ではないけど本当の自分に出会えるように。




    3日目. 無理せず帰る

    元記事と同じです。
    休暇の最後に余分な1日をとっておきましょう。

    お土産を買い忘れたかもしれないし、行き忘れた所もあるかもしれない。
    翌日大事な予定がある人はそれに向けて準備するのもいいです
    お土産はいろいろありますが、旅行の思い出が現実離れしすぎると
    「あれは夢だったのではないか?」
    といずれ思い出すこともなくなってしまうのではないかと思います。
    日常生活に戻ったときに視界の隅に思い出のモノがあれば、
    一生の思い出として定着し、頭と体が摩耗したときに
    いつかあなたを助けてくれるかもしれません。

    オススメの残るモノとしては
    ・キーホルダー
    ・ネックレス
    ・絵はがき
    ・ステッカー
    があります。

    ちなみにウチの姉はコーランを買ってきてました。
    私は旅行中にとった写真と日記が最上のモノです。

    いろいろ書きましたが、究極的には
    大切なヒトと一緒に行く旅行はたいてい一生の思い出になるものなので
    「一生の思い出作れるかな?」と悩むのは杞憂です。

    一人旅だったり、複数人との旅行で
    「この旅行って意味あるのかな?」とふと思ったとき
    せめて何らかのお土産を持って帰れるのが上記プランです。
    「自分で考え、自分に聞いて、自分で行動すること」
    これを活かすも殺すもあなたの自由です
    むしろ破ってみてください
    良い旅行を!

    それと、忘れ物のないように

    あらためて、良い旅行を~!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。