ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • この前気づいた事

    2021-07-19 21:482

    静画に広告うてるようになったんですね!
    兎にも角にもと、今までお借りさせて頂いた立ち絵…のうち「ONEのアトリエ」の第一期分までのものに広告を(少額ですが)入れさせて頂きました。
    また明日にでも以降の動画でお借りさせ頂いた方々に広告させて頂くつもりです。
    フォロー頂いている方はラインが鬱陶しい事になってしまい申し訳ございません。
    もうちょっとだけ続くんじゃよ。


    それからゲーム。
    この前の動画でIAちゃんが語っていたようにFarcry熱が高まっているのでとりあえずFarcry primalをやっています。
    前に遊んでいた5やNDより前の作品なのでちょっと不親切と思ったり物足りない所はあるのですが、システム根幹でFarcryの面白いと思う部分はすでにしっかりと構築されておりサブクエストや収集物を集めながらダラダラと遊び続けてしまっています。
    ただ、ストーリーはもう一つかなあ…。
    あと、描写的に(多方面の意味で)とてもじゃないけど動画にはできないw

    ああ、もちろんSTEAMのサマセでいくつかは買いましたよ!あと、今月はハンチョイも。。。


  • 広告
  • 先週感じた事(シロナガス島への帰還について)

    2021-07-06 00:582




    先週アップした劇場動画にて

    >シロナガス島5分やって積んでるわ

    とのコメントを頂きました。
    ゲームなので合う合わないがあって必ずしもではないのでしょうが
    もったいないと思います!
    しかし、その気持ちもわかるはわかるんです。
    と言うのも自分も二章まではあまり面白いとは感じていなかったので…。
    それでも進めていたのは新しくしたスマホ(中古のZenfone6)でSteamLinkのプレイを試していたと消極的なものでした。

    改めて「シロナガス島への帰還」を説明すると、基本的にテキストを読みながら所々で選択とポイントクリック要素のある、良くも悪くも昔ながらのオーソドックスなADVゲームです。



    ストーリー序盤でプレイヤーがゲームに乗ってない状態ですとこの良くも悪くもの悪くもの部分が引っかかって「もういいや」と投げてしまうのもわかると言うか…。
    具体的に「悪くも」と思った部分を言うと
    分岐の選択肢以外では結構無駄に選択しテキストを読んでからでないと先に進めない
    と言ったものです。



    ここで選択できるのは本棚・窓・シャンデリア・絵画・写真(どれでも同じ)・机(机の上のものを含めてセット)・椅子(Not ソファー)・テーブルとカーペット(セット)。
    このシーンで2回捜査する事になり、1回目はテーブルx2、イスx1、窓x1を調べた後にシャンデリアを調べると進むのですが、ポイントはテーブルを二回調べた後にシャンデリアを調べないと(それ以前にシャンデリアを調べていてもいなくても)進まない事。

    この先のシーンでは二回調べないといけない所が複数個所あったり、会話の選択でも特定の選択を複数回した後に特定の選択をすると進むシーンがあります。
    確かに予想だにしていなかった反応があったりもするので、プレイヤーの意思で進めるようにしたり回数制限などで進むようになっていたら重要なヒントを見逃してしまう可能性もあるのですが、推理ものの要素も大きいゲームですしそれで良いんじゃ?と言う気も…。
    (ただこのゲーム、分岐の選択間違い=すぐ後にゲームオーバーと言う親切な造りになっているので、作者さん的に遡ってのやり直しや情報の確認などの手間をプレイヤーにさせないようと言う気づかいなのかも?)

    またテキストは癖のない読みやすいものだと思うのですが、キャラクターは当然のように個性的ですのでその辺が合わないとダメと言うのもありそうですし、二章までは舞台設定と配置の説明のようなもので謎や疑問ばかり投げつけられている感じでちょっと退屈に思いました。
    あ、ストアページなどやたらねね子が押し出される形になっているのでギャルゲーっぽい印象もありますが、その辺の要素は本編では薄目です。
    (個人的には ※微ネタバレにつき以下反転 身分を偽っての潜入捜査なのにそのように気を使っている様子があまり感じられないのもちょっと乗れなかった)

    と言った感じに、正直二章で事件が起こってからももう一つには思っていたのですが、二章最後のねね子との会話辺りから面白くなってきて、三章で立て続けにイベントが起こりそのスピード感に引き込まれました。
    そこから更に物語中盤の山場のDEAD ENDをかわすシーンで「あー!そう言う!」と素直に感嘆し、夢中になって読み進め、クライマックス前の所でちょっと「あれ?うーん(^^;」とはなったもののその解決へ向けての熱さと勢いでエンディングまで突破。
    (特にクライマックスのBGMが良くって思わずOSTまで買ってしまうトラップ!)

    他にも色々と感想を書きたいのですがネタバレしないようにとなると結構難しく、とりあえずは面白かったよ!と言う事で。
    それにどうせならば(感想)動画にしようかと言う気もちょっとあったりで悩み中です。


    上記のように結構中盤から勢いで面白かったと思わされている部分もあるかもしれないのですが、それでもなお
    STEAMでは定価500円、現在セールで9日2時までは100円
    と言う驚異のコストパフォーマンスのゲームなのでオススメです!
    (なお、プレイ時間は本編6,7時間くらい、後日譚2時間くらい)

    ちなみに自分はfanaticalのbuild your own anime bundleで5本セットにして75円相当で購入しました。
    (ゲーム終了後はなんか罪悪感すらある…OST買ったから許してクレメンス)
    上記の中から5本以上欲しいものがある方はこちらの方が更にお得にはなります。

    あ!ただ、ビックリドッキリとグロのホラー要素がそこそこあるので、そこは注意してください。


    最後にこれも微ネタバレにはなってしまうのですが、このゲームの色々な事柄を象徴していてるこの↓↓↓CGのシーンで締めさせて頂きます。
    (わざと半端にトリミングしてあります)














    CG自体も綺麗だし、上記のように色々な意味合いでこのゲームの物語を表してるし、美しすぎる…


  • 今日気づいた事

    2021-06-23 23:022

    今月頭に買ったitch.ioの「Indie bundle for Palestinian Aid」。
    バンドルされているお目当てのもの(「Calico」「Fugl」「FRAMED Collection」「Terroir」)をライブラリに入れておこうとしたら…何と追加で「BABA Is You」がバンドル入りしてました!
    他にも「Celeste」なんかも追加されていたので購入して放置されていた方は是非チェックを!
    (まあ、「Celeste」は去年の「Bundle for Racial Justice and Equality」にも入っていたし、Epicで2回も配布されていますが…)

    で、ちょっとやってみたのですが、ステージ2のex1面で速攻詰まると言う orz



    ROCK IS YOU にして FLAG IS WIN(併せて CRAB IS DEFEAT)とするのかと思うのですが、そこから先がにっちもさっちも…うーん。

    スルーして先に進んでも良いのですが、悔しくて進めませんw
    しかし、答えがわかった時の快感はすごいゲームですね。
    (本当に今更の話ですが)面白い!