ONEのアトリエ~ポーシャの工芸士~ 最終話 英語原文
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ONEのアトリエ~ポーシャの工芸士~ 最終話 英語原文

2020-07-08 22:51

    動画 「【MyTimeAtPORTIA】ONEのアトリエ~ポーシャの工芸士~#最終話【CeVIO実況】」 に出てくる翻訳音声の英語原文と独自翻訳文を掲載します。

    この回には台詞を音声にせずに日本語の字幕のみのものがいくつかあります。こちらははじめからそのまま使うつもりで翻訳していないのでここでも記載致しません。
    またいくつか一部だけピックアップしているイベントの台詞も音声にしてある以外は翻訳していないので記載しておりません。
    中途半端で恐縮でございますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。


    テキストの色分けは
    英語原文
    公式翻訳文
    独自翻訳
    となっております。



    ―― ミッション 「 マリの帰還 」 マリとの会話 ――

    ミッションの英語名は " Mali Returns "

    プレイヤーキャラ(ここではONE)の二つ目の台詞は単純に翻訳すれば 「 聞いたよ。何があったの? 」 と言った感じになると思いますが、「聞いたよ」と言った後に「何があった?」って何かすごく間抜けな感じがして、最初は「聞いたよ。詳しく聞かせてよ?」にしました。が、これはこれで言葉が被っていて更に変に思ったので現状の訳となりました。

    マリの三つ目の台詞 " kept a tab on " は「 見張る、監視する(帳簿を付ける、勘定する)」 と言う意味で使っていると思われます。公式翻訳では 「 動向を探ってた 」 ちょっと言葉を変えてスマートな文章にしてますね。

    選択肢の後の最初のマリの台詞の " I didn't expect any less. " は元々高く評価してる相手が期待通りの結果を出した際に褒める感じで言い回しのようです。


    Mali:
    Hey ONE! Glad to see you again!
    やあ、ONE!また会えて嬉しいわ!

    ONE:
    Mali! You're okay!
    マリさん、無事だったんだね!

    Mali:
    Yeah, I had my own little adventure, haha.
    ええ、ちょっとした冒険をしてきたけどね。フフ。

    ONE:
    I heard. What happened?
    聞いたよ。詳しく話して?

    Mali:
    Well, the Sky Sharks infiltrated our ranks in Atara, so they kept a tab on our progress here in Portia. The moment I decided to take the All Source Locator to the Council, they acted.
    うん。スカイシャークはアタラで私たちの組織に潜入していてね、そこからポーシャでの私たちの成り行きを監視してたみたい。そして、私がオールソースAIのロケータコンピュータを評議会に持っていく事を決めた瞬間に彼らは行動を開始した…。

    Mali:
    They set an ambush and my plane was shot down over the Eufaula. I blacked out during the crash, and when I woke up, the Locator was gone. It took a long time to hike all the way back to Atara. Just in time too.
    彼らは待ち伏せをしていて私の飛行機はユーフォーラ砂漠の上空で撃墜されたわ。墜落中に意識を失って、気づいた時にはロケータコンピュータは無くなってた。歩いてアタラに戻るのに時間がかかっちゃったけど、丁度のタイミングで間に合ったみたいね。

    ONE:
    Sounds rough! How did the pirates infiltrate the Alliance government?
    大変だったんだね!空賊はどうやって同盟政府に潜入してたの?

    Mali:
    We're still investigating that. This series of events have really spooked the Council. We knew Duvos was after important relics and ruins around the region, but for them to go this far...it's like they're itching for a fight.
    それはまだ調査中。この一連の出来事は評議会にはかなり衝撃的だったみたい。デュボスが重要な遺物や遺跡を狙ってることは前からわかってたけど、ここまでやるとはね…まるで戦いたくてうずうずしてるみたい。

    Mali:
    Anyway, you don't have to worry about that yet. I just dropped by to ask some questions regarding the All Source incident. I've gotta make a report. Do you have time?
    どのみち、まだあなたが心配する必要はないわ。私はオールソース事件について質問したくてちょっと立ち寄らせてもらったのよ。報告書を作成しなきゃいけなくってね。
    時間はあるかしら?

    (” Sure, I will. ”を選択)
    (” もちろん。 ”を選択)

    Mali:
    Great! I heard you were instrumental in the defeat of the pirates, I didn't expect any less.
    ステキ!あなたが空賊をやっつけるのに活躍したと聞いてる。流石ね。あなたならやってくれると思ってた。

    Mali:
    So tell me from the beginning.
    それじゃ、最初から教えてもらえるかしら。

    ONE:
    Well it all started when...
    えーと…全ての始まりは…


    ONE:
    And finally he left.
    そして、ついに彼は去って行った。

    Mali:
    What a tale. Thank you for your cooperation.
    なんて話!協力ありがとうね。

    ONE:
    Do you know who the knight was?
    そのナイトの正体はわかったの?

    Mali:
    Not yet. The knights aren't as prominent now as they were, so it's hard to keep track of the remnants. Whoever he was, he must be very skilled. Still, it's hard to believe the Storm Knight resides here, haha. I thought he was just a legend.
    まだよ。今のナイトは昔みたいに目立たないからね。追跡するのも難しくって。誰だかはわからないけど、相当な腕の持ち主なのは確かね。それにしても、ストームナイトがここに住んでいたなんてね。まだ信じられないくらいよ。アハハ。ただの伝説だと思ってたのに。

    ONE:
    You mean Django. He's that famous?
    ジャンゴの事?そんなに有名なの?

    Mali:
    You should ask him, he's pretty famous.
    本人に聞いてみたらいいわ。かなり有名よ。

    ONE:
    Are you leaving after this?
    この後は帰っちゃうの?

    Mali:
    Yeah, I'll be taking the captured pirates to Atara. After that, I'll probably be assigned to another mission by my guild.
    ええ、捕まった空賊をアタラに連行しないとね。その後は多分、ギルドからまた別の任務を受けることになるわ。

    Mali:
    But don't worry, I like it here. I'll visit as much as I can.
    でも、大丈夫。ここの事は好きよ。できるだけ遊びに来るわ。


    ―― ミッション 「 マリの帰還 」 マリとゲイル市長の会話 ――

    マリの最後の台詞の公式翻訳は 「 聞いたよ。面白い人だよね。ハハ! 」 となっており、何故か英語原文の " you're " の部分が抜けています。これだとハスタスを指して「面白い人」と言っているようで、意図が全然変わってきてしまうと思うのですが…。


    Gale:
    I've decided to let Wendy live here in Portia.
    Wendyをポーシャに住まわせる事にしたよ。

    Mali:
    ...

    Gale:
    You don't agree?
    反対かい?

    Mali:
    No, actually, it might be for the best. I've talked with her, she's a very nice... person? If we took her back to Atara, she'll probably be put through all types of experiments to help give the Alliance an edge.
    いや、実際のところ、その方が良いのかもしれません。彼女と話しましたが、とても " 良い人 " でした…人なのかしら?もし彼女をアタラに連れて行けば、同盟を強化するためにあらゆる種類の実験をさせられるでしょうし。

    Mali:
    I'd like to believe we're better than that after the Age of Darkness.
    暗黒の時代が終わってからの、今の私たちの方がマシだと信じたいですね。

    Gale:
    I'll explain it to the Council. It's our sovereignty, anyway.
    評議会には私から説明しよう。私たちの主権なんだから。

    Mali:
    Thanks. I'm glad this episode is over.
    ありがとうございます。この件も解決しそうで良かった。

    Gale:
    Yeah.
    うむ。

    Gale:
    We'll watch over her from now on. I even hired some new guards.
    これからは私たちで彼女を見守っていくよ。新しいガードマンも雇ったしね。

    Mali:
    I've heard, you're an interesting lot, haha!
    聞きました。あなた方は本当に面白い人達だわ。アハハ!


    ―― ミッション 「 組み立て 」 リー牧師の台詞 ――

    ミッションの英語名は " Putting it all together "

    台詞の後半、自分はストレートに訳しましたが、公式翻訳は 「 町のためにも破壊したほうがいい。 」 と綺麗な訳になっていますね。


    Lee:
    This thing is too dangerous! It would be better for everyone if it was just destroyed.
    これは危険すぎる!破壊しなければ誰のためにもならない。


    ―― ミッション 「 ポルティアのエッセンス 」 ペニーの台詞 ――

    ミッションの英語名は " The Essence of Portia "

    余談ですがこの台詞の後、案内する場所を三つから選ぶのですが、ペニーの感想の台詞が全部同じだったり…

    " compatriot " = 「 同国人、同胞 」 。これより前の会話でペニーの出身地とプレイヤーキャラがポーシャに来る前に住んでいた所が同じとわかると言うものがあります。

    Penny:
    Hey compatriot! Busy? I was wondering, if you have time, can you show me around Portia? I'm trying to write lyrics to my song, so some inspiration would be good!
    やあ 同胞!忙しいかな?もし時間があるなら、ポーシャを案内してくれない?自分の曲に歌詞を書いているんだけど、インスピレーションが欲しいんだよね!


    ―― ミッション 「 Repair the Robot 」 マーリン所長との会話 ――

    謎のロボットMystery Robot)」 > 「 組み立てPutting it all together)」 > 「 いつもと違う騒がしい朝Not Another Calm Morning)」 > 「 倒れたものWhat Went Down)」 > 「 (Repair the Robot)」 と続く一連のミッションの中で何故かここのミッション名だけが翻訳されず…


    Merlin:
    You know we both have something in common.
    私たち二人には共通点があるようだな。

    (” We are both responsible for that big robot running amok in town? ”を選択)
    (” 2人とも町でのロボットの暴走に責任があるところ? ”を選択)

    Merlin:
    You know it never would have done that if it wasn't for Lee, right?!
    それはリーがあんなことしなければ起こらなかった事だと、君も知ってるんだろう?

    Merlin:
    No, we both not from Portia. You came here to take care of your Pa's house, and I came here to make a name for myself. I try so hard to fit in and be useful for the community. I'd imagine it's a bit like that for you too?
    いや、私たちはどちらもポーシャ出身じゃないという事だ。キミが父親の家を継ぐためここに来たように、私は自らの名声を求めてこの町に来た。その後私はこの地域に役立ち、溶け込めるよう努力してきたんだが、キミも同じじゃないか?

    (” Not at all. I felt right at home the moment I set my foot in Portia. ”を選択)
    (” それはないかな。ポルティアは、初めて来たときからすごく落ち着ける街だった。 ”を選択)

    Merlin:
    Well, I am glad you fit in here. It can be a bit rough being the 'new kid', I know. But you are always welcome to my Research Center.
    ふむ?キミがここに馴染めているという事は喜ばしい。「 新参者 」 と言う事が大変だとわかっているつもりだ。まあ、私のリサーチセンターはいつでもキミを歓迎するからな。


    ―― ミッション 「 オータムフェスティバル優勝をかけて 」 デモの会話 ――

    音声を出すつもりもあり(悩んだ)、翻訳しましたので掲載致します。まあ、全然尺が足りないので悩むまでもなかったのですが…
    (実はこのデモの前に仲良しグループ+最初に相談したマーサさんとの会話があったり、デモもこの後ちょっとだけ続きがあります。全部見たいエミリーファンは毎週月曜に起きるカボチャプリンセスの世話をかかさず、この祭りの三日以上前に告白をして、実際にご自分の目でどうぞ!)


    Gale:
    And this year's champion, I think it's kind of obvious. I'm happy to announce that the annual Autumn Festival Competition champion for this year is Emily's Pumpkin Princess!
    そして、今年のチャンピオンは…明らかだとは思いますが、年に一度の秋祭り大会、今年の優勝者は…エミリーのカボチャプリンスであると発表できることを嬉しく思います!

    Gale:
    I'm still surprised a pumpkin this big can exist! It set a new weight record! You've finally done it, Emily!
    こんなに大きなカボチャが存在することにまだ驚いてるよ!重さの記録を更新しました!ついにやったね、エミリー!

    Emily:
    Thank you! Thank you everyone! For the Princess to win, I want to thank one person who has always been steadily by my side.
    ありがとう!みんな、ありがとう!プリンセスが勝つために、いつも私と一緒に着実にあ積んできた一人の人に感謝したいと思います。

    Emily:
    ONE! Thank you so much! I give the Princess to you!
    ONE!本当にありがとう!プリンセスはあなたに捧げるわ!

    Gale:
    Alright, come on up, ONE.
    よし!、さあ、あがって、ONE



    以上、番外編でも独自翻訳をする際にはまた記事にしますが、基本的にポーシャの翻訳はここまでです。
    誓いうちにあとがきも記事にする予定です。
    もし何かポーシャについて翻訳以外でご質問などありましたらそちらにコメント頂けましたら幸いです。

    長い間ご閲覧ありがとうございました!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。