• スト5の基本について

    2020-01-25 03:45
    [スト5の基礎]
    歩き、ステップ、投げ、通常技、必殺技、特殊技、Vスキル&Vトリガー&Vリバーサル、CAの使い方を覚えて強くなろう!

    「まず始めに」
    歩き、ステップが早いキャラもいれば遅いキャラもいる。通常技や必殺技なんてキャラによってバラバラです。まずは自分が使うキャラを理解し、どう使うかを考えて身に付ける力が必要です。キャラ対策も勝つために必要ですが、自キャラの練度という土台がないと応用が効かないからまずは見直しましょう。

    「自キャラの強みとは?」
    最初にどうしたら良いの?何が強いの?とキャラを触り始めたときは思いますよね。そこで強みを見つけて理解しやすくする為に色々分けて考えるようにしています。下に考え方を書いておくので参考にしてみてください。

    「立ち回りの組み立てからキャラの使い方を覚える」
    まずスト5は「相手の体力ゲージを無くす」ゲームでもあり「自分の体力を守り切る」ゲームでもあります。(他の格闘ゲームでも同じですが)
    状況によって強い技を使い分けれたらそれだけで強くなれます。まず立ち回りの整理ですね。
    「・対空 ・牽制 ・置き(仕込み) ・崩し技(攻め継続含める) ・差し返し ・飛び ・前ステと歩き」
    基本的に立ち回りはこうして作られていると思います。
    対空が上手い人には飛べませんし、牽制が上手い人には近づけない...こうして相手の動きを制限させれるようになると強いし楽しいです。

    「技の整理をしながら理解する」
    弱、中、強のパンチとキック、必殺技、投げ、Vスキル等のシステム技、CAで基本的に成り立っています。私が使うキャラはファルケ等ですが参考にしやすいようにエドで紹介します。

    ・エドの弱pと弱kは相手に当ててから先に動けるので攻め継続に使えます。(コパン→投げ等)
    ・エドの中pと中kは上と同じ攻め継続や崩し、必殺技キャンセルできるので仕込みに使えます(立ち中pはキャンセルできないから有利取りに行くパーツになる)
    しゃがみ中pが置き、しゃがみ中kが崩しという感じになります。下段が歩きに当たるので強いです。
    ・エドの強pと強kはダメージが大きいけど硬直もあり、リターンもあるという技です。先端気味を狙って当てていく使い方になります。
    しゃがみ強pは上に強いので対空、しゃがみ強kは下段なので崩しになります(硬直長いので注意)

    こういった感じでどういう時に使ったら効果的なのか?について考えながら練習しています。他にもありますが長くなるのでまた後日...

    「最後に」
    投げ、下段技、めくりと崩せる技を覚えながらコンボを練習すると良いかもです。連携もそれぞれあるので探してみてください。私はベータテストからスト5しているので知識はそこそこありますので聞いてもらえれば答えます。スト5を楽しみつつ頑張ってほしいのが私の思いです!


  • 広告
  • スト5 ファルケの性能解説

    2019-10-29 01:31
    今日から私のメインキャラクターである「ファルケ」の性能を少しずつ解説していきたいと思うので参考になれば幸いです。

    「強み、弱みについて」
    最初に基本的な性能を知ってもらう前知識としてフレーム表サイトを載せておきます。
    https://sf4.sakura.ne.jp/v.note/frames?c=31
    そして、ファルケの印象的な武器と言えば棒(ハーモニー)を使った長いリーチですかね。
    サイコパワーを身に付けている為、ボタンホールドで飛び道具を撃つことができます。

    弱みは強攻撃の硬直の長さ、EXシュナイデ暴れがあるものの発生が遅い為(発生12F)小技で詐欺ることが出来る。武器の喰らい判定が大きく判定負けをしやすい等ですね。

    「立ち回りの牽制技の解説」
    立ち回りは相手キャラによって変える部分がある為、一概に言えませんが大体は同じです。
    パンチボタンホールドでクーゲルやフェーダー、カノーネが使えるのでこれを使った牽制や固めを私しています。
    牽制として使うのは「屈コパ」「立ち弱k」「屈中k」「屈中p」「前強p」ですね。これは相手キャラの距離によって使い分けます。(少し手前、届くかギリギリの距離が目安。場合によっては当てにいくことも)

    「屈コパ」
    屈コパンは4Fという発生の早い技としてよく使っています。主に前ステ止めたり4F確定技にコパンを差し込んでシュナイデに繋ぐのが一般的ですね。
    屈コパシュナイデ、屈コパVスキルというコンボを手癖にして損は無いので練習しておきましょう。

    「立ち弱k」
    発生は5Fになりますがこれも優秀な小技になるので便利です。リーチが長いので相手キャラの手前において寄せない動きをすることができます。(あっちいけしっし小足)
    単体としても強いですが仕込み技できればもっと強みを活かすことができます。
    立弱kクーゲル。立ち弱kトリガー2仕込みを私使っています。
    判定もそこそこ強いので頼りになります。

    「屈中k、屈中p」
    これは似た使い方をするのでまとめます。屈中k(発生7F、ガードされたらマイナス2)、屈中p(発生9F、ガードされたらマイナス2)ですね。
    屈中kは下段技なので歩きを咎めることができます。屈中pはリーチの長い技でとりあえずの置きとして使います。
    どっちも発動キャンセルできるので良いですよ。屈中pは近距離でヒットすると4F有利取れるのでコパシュナイデが繋がります。(相手の前ステと噛み合ったりすること多いので確認コンボしていきたい)

    「前強p」
    サイコシュピッツェ(発生14、ガードされたらマイナス10F)ですね。フレーム的には弱いですが、リーチが一番長いという特徴があります。そしてクラカン対応技なので確認からトリガー2発動とか仕込みでコンボがいけたりします。硬直も長いので注意が必要ですね。
  • カプコンあなたさぁ...

    2018-01-04 19:43
    今日はmugenとはちょっと関係無いですがスト5の調整リストが発表されました。しかしそれは後に公式が間違いの発表だとして取り下げました。これ完全にプレイヤーを弄んでますよね?
    だからちょっとツイッターで攻撃判定ガバガバなkfmで対抗しちゃいましたw
    まぁこれのおかげで新しい会話や気づき、ネタ等収穫あったので良しとしましょう!
    mugen製作は攻撃判定や喰らい判定、フレームの処理等基本的なことがイメージだけだけど分かってきたかな。いじる楽しさがようやっと理解できましたわぁ....
    まだまだ身についてないこと多いけど少しずつやっていきます!