VRoid製PMXモデルのUV修正手順
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

VRoid製PMXモデルのUV修正手順

2019-09-20 01:06

    VRoidから変換したPMXファイルをPmxエディタで編集中に意図せず悲惨な状態にした人挙手。

    (´・ω・`)ノ




    編集途中でテクスチャ差し替えたくなって、別のファイル指定したらこの状態ですよ……
    流石にこの状態じゃどうしようも無くなるので、直す方法をメモ兼ねて書き残しておきます。
    同じような状態になってる方の助けになれたら幸い。

    この現象が起きるのは、pmxへ変換したあと材質に横長のテクスチャ(元テクスチャ:真っ黒:薄紫っぽいの)が指定されている部分のようです。




    ※必要なPMXEプラグイン※
    【どるる式UVエディタ】

    配布先からDLして解凍→PMXEのプラグインフォルダに入れておいてください。
    プラグイン入れたらPMXE開くときにエラー吐くようになったんだけど?な場合は、解凍前の圧縮ファイルをプロパティからブロック解除してから解凍しなおしてみてください。


    下準備
    差し替えたいテクスチャを、他のテクスチャと同じ所にいれておきます。
    画像ファイル名を分かりやすくしておくと後の作業が楽です。

    今回はワンピースのテクスチャを差し替えたいので、元のテクスチャと同じフォルダに新しい画像ファイルを入れておきます。



    テクスチャを差し替えたいモデルをPMXEに読み込みます。
     念の為、この時点で別名保存しておきましょう。(重要)(いつもの)

    ②材質タブからテクスチャを差し替えたい材質を選んで、テクスチャの部分に差し替えるファイルを指定します。Viewで確認して、残念な状態になっていたら次行きます。


    もし何の問題も無く変わっている場合は終わりでおkです。お疲れ様でした。


    ③プラグインからUVエディタを開きます。
     右上の材質でさっきテクスチャ差し替えたところを選びます。

    ④テクスチャ画像が表示されたら、マウスのホイールと右ドラッグで拡大縮小&移動させてUVガイドを見つけます。多分テクスチャ画像の上の方に置かれてると思います。
    細長くなってる場合と、縦横比そのままの場合があります。





    ⑤左ドラッグで全体を選択したら、移動の値に[0、1]を入れて移動、細長くなっている場合はそれに加えて、拡大の値に[3、1]を入れて拡大。テクスチャに綺麗に重なればおkです。


    ⑥移動と拡大が終わったら、〔本体へモデル送信〕を押してViewで確認します。
    問題無く割り当てられていたらおしまいです。お疲れ様でした。


    今回はついでにスカートもテクスチャ差し替えておきました。
    やり方は同じ手順です。









    はい、かわいい。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。