【ゆっくろ】真サル戦レポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ゆっくろ】真サル戦レポート

2014-08-15 20:00
  • 23
動画【ゆっくり実況】ミンサガクローディア一人旅Part49をまだご覧になってない方は、先にそちらをご覧になって貰えればと思います

動画をすでにご覧になってくださった方はありがとうございます。
残念な結果の報告となってしまいましたが、一応動画の中では一部どのようなパターンで死ぬのか紹介させてもらいました。だいたい全部あんな感じです。
動画では一部の戦闘の一部の情報しか載せきれていなかったので、なるべく詳細なデータを提示していこうと思います。

まず真サルーインですが
  • HP90000
  • 第一形態は26100のダメージを与えると終了、そのまま第二形態にHPを引き継ぐ。
  • 第二形態で残りHPが30600を下回ると行動パターンが変化、全体術のみのターン以外ゴッドハンドが飛んでくる可能性がある。
各種状態異常等を防ぐために状態異常防御は100にしなければなりません。
そのためには術法防御に偏った装備をしなければならないのですが、第一形態は物理攻撃を主体に攻めてくるので苦しくなります。しかしそこは運で乗り切らないと確実に第二形態で死ぬことになります。

この辺りを踏まえて何パターンかの装備の組み合わせを考えて実践しながら戦いましたので、順を追って説明していこうと思います。

1、竜鱗の剣、竜の目あり、魔石の仮面あり

・利点
第二形態の死因である心の闇からの悪夢を防ぐことができる
・欠点
物理防御が低く、第一形態の突破率が悪い

エクセルベタ貼りですいません。見方はなんとなく察してください。
まずは心の闇から受ける状態異常の耐性を出来る限り付けたパターン。
Part48で触れた通りなのですが、魔石の仮面の防御性能が紙すぎるため、斬撃防御を37しかなくオブシダンソードで400前後のダメージをうけるためほとんど回復しか出来ずに終わるパターンが多く、ちょっと分の悪すぎる運ゲーを乗り越えないといけなくなります。

一応第二形態まで行けたパターンもありますが、あまりにも第一の勝率が悪すぎるためボツとなりました。

第一形態突破率 2.29%(4/175)
(Part48と数字が違いますがそのあとにも試した分が入ってます)
2、竜鱗の剣、竜の目あり、魔石の仮面なし

・利点
物理防御を高くすることで第一形態の突破率が高まる
・欠点
第二形態の心の闇の悪夢から負けるパターンがある

一番数をこなしたパターンです。
魔石の仮面を外すことにより睡眠耐性は失われますが、斬撃防御を47まで上げることができ、第一形態の突破率を上げることができます。
もちろん第二形態の心の闇で悪夢が入ることによって負けるパターンは出てきますが、心の闇は4Tに一度30%で使ってくることと、複数の状態異常のなかから悪夢が選択される可能性を考えると、それが決め手となるパターンは多くはないのではないかと思います。悪夢から復帰できるパターンもあるっちゃあります。
特に第二形態終盤ではリヴァイヴァでゾンビ戦法をしながらになり、どうせゴッドハンドで死ぬので別に悪夢が入ろうが結果的には変わりないです。

第二形態序盤でやられるのは、28Tの剣の雨と全体術のターンが重なった際に飛んでくるゴッドハンドか、心の闇の悪夢からかのほぼ2択です。たぶん前者のほうが多いです。
なので第一形態の突破率を上げて、第二の試行回数を増やす方が最終的な打開率としては高いのではないかと思われます。

第一形態突破率 8.03%(42/523)
(Part48と数字が違いますがそのあとにも試した分が入ってます)

3、ろばの骨、竜の目あり、魔石の仮面なし

・利点
グランドスラム(消費BP9)がほぼ毎ターン打てるため、変幻自在より安定してダメージを稼ぎ続けられる
伝説クラスの効果でリヴァイヴァをLP消費なしで打てる
・欠点
小型剣よりもディフレクト率が多少落ちる、竜鱗の剣の耐火冷電防御がなくなる。
クラスが剣士ではないため練気の回復量が落ちる
第二形態時、初撃と追撃で1手で2本柱を折ることができる
ゴッドハンドモード以降、リヴァイヴァが発動すると追撃が発生しないため火力が大幅に落ちる

棍棒グランドスラムはEP消費を0にすることはできません。ただし、粘糸補強で黄色1(25%で1消費)、EP40になるのでEPが足りなくなるという状況はまずあり得ません。もしあったとしても武闘家は体術にも対応しているので三龍旋メインで戦うこともできます。
これもかなりの数をこなしましたが、結論から言うと最後の欠点が致命的となりました。
第一形態、第二形態序盤はかなり安定した戦いができます。
しかし数をこなしていくと、ゴッドハンドモードに入ったあと、残りHP2万台で手詰まりになるパターンが多くどうしようもなくなりました。
ゴッドハンドモード以降は体術で戦うというのも考えましたが、それだったら最初から小型剣で行ったらいいんじゃないかと思ったのでやめました。
この辺が主な理由で300戦ほどやったあと小型剣竜の目あり魔石なしパターンに戻りました。
おそらくこれはゴッドハンドもある程度耐えられるロザ重or竜人障壁ありの場合に有効な戦略なんだと思います。

ちなみにディフレクト率は落ちますが、それほど大きな影響はなく、第一形態の突破率にさほど大きな影響は及ぼしていないと思われます。各種回避率については下表のとおりです。



第一形態突破率 7.61%(23/302)

番外編
他にもいくつか試したものはあります。
やってみてすぐにダメだと思ったので記録も録画データも残していませんが、一応紹介しておきます。

・竜の目→ガーディアンリング
ガーディアンリングの状態異常防御+10(実際には5)の分だけ物理防御の回すことができるため第一形態の突破率が上がるかと思われましたが、竜の目の耐火冷電+18(実際には9)がなくなるため、それらの属性の術が痛くなり安定感が低下したためボツ。

・竜鱗の盾→水鏡の盾
心の闇を盾回避することを狙いとしたものです。
ですが回避率は27%なためそれほど期待できるものでもありません。
そもそも心の闇は全体術の次のターンに飛んでくるので、ヴォーテクスやダークネビュラで魔法盾を剥がされ、貼り直しのために術を使わざるを得なくなるパターンも多くあり、そもそも盾の発動条件である片手武器を振ることができる状況も限られます。常に効果が期待できる竜鱗の盾の耐火冷電+10(実際には5)の方が有用だろうとの判断からボツ

・流星刀4本ゲッコの騎士カウンター戦術
流星刀を3本から4本にすることで状態異常防御を稼ぎ、物理防御を上げることで、オブシダンソード3発もHP全快ならば耐えられるようになるかと思ったのですが、全然そんなことはなかったぜ!
カウンターの発動率も上述の回避率の表からわかるように、片手武器+盾に比べて大きく落ちるため完全に話になりませんでした。


ということで、とりあえず1000回戦って全て敗北。
最高記録が動画でも紹介した760戦目の残り720というものでした。
おそらく最後のターンの行動選択には色々と言いたいことがある方もいらっしゃると思いますが、電光石火を選択したのはだいたい動画の中で喋った通りのことからです。

一番の問題は与ダメの計算が正確ではなかったこと、つまり変幻自在のミス分を完全に無視して初撃の10.1倍のダメージで計算していたことです。他にもエナジースティールで回復された分や、練気掌で自分側の回復量しか見てなかったりということもあってだと思います。単純な入力ミスも含まれていたでしょう。それらを全部含めて正確にダメージを計算できていれば違った結果かもしれませんが、あの時の私ではアレが最善の選択だったと思っています。

電光石火なら確実に先手が取れること、リヴァイヴァだと先手を取られて貼る前に死ぬ可能性があること、貼ってもそのままLPが尽きる可能性もあったこと、貼ってもすぐ発動すれば次のターンにTモード補正が消えたより不利な状況で同じ選択を迫られること、全部含めて40分近く戦い続けた自分の頭が出した最後の選択でした。
結果として負けたので言い訳でしかないですけどね。

ということでゆっくろ動画もBAD ENDという形で一旦幕を下ろすこととなりました。視聴してくださったみなさん長らくありがとうございました。





最後に一言なんですが、



心が折れただと?
誰がそんなことを言った!
動画上げたら外付けHDDが空っぽになってまた録画できるのでチマチマ挑戦し続けます

広告
他13件のコメントを表示
×
落ち込んでたけど元気でた。
もちろん撃破して歴史に名を刻むんですよね?(不屈)
79ヶ月前
×
あんたすげえわ おれも諦めようかと思ってた事もうちょい頑張るわ
79ヶ月前
×
なんだ中間報告だったのか
ロザ重解禁したら勝てたりしないのか?
78ヶ月前
×
最近いろいろうまくいかなくて落ち込み気味でしたが、この動画を見て勇気をもらいました。
「諦めない」ことは素晴らしい!
ありがとう!
78ヶ月前
×
さっき見てもう失踪かな・・て思ったけど私はあなたの勝利を信じます
78ヶ月前
×
また来年にでも投稿されるのを待っております!!
78ヶ月前
×
気長にお待ちしております!!
67ヶ月前
×
つい最近最初から拝見しました
このシリーズが完結出来るようにお祈り致します
67ヶ月前
×
心折れたと思ってすんませんっした!
HAPPY END期待してまっす!
いつまでも待ってまっす!


あと、おやびんサイコー!! 
66ヶ月前
×
どんなことであっても、
諦めないって、本当に素晴らしいことなんだなって感動しました。
勇気をもらえた気がします。

あと、手書きのクローディアは再登場しないんですか?
38ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。