ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

続 OBS でゲーム 高画質に録画する!!設定
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

続 OBS でゲーム 高画質に録画する!!設定

2014-10-02 11:16
    こんにちは!!

    前回のニコ生配信設定編に続いて、今回はゲームを録画するためのオススメ設定方法です!

    今回は『ローカル録画機能』を使います。

    これがすごい便利な機能で『1280X720』の解像度で約1時間位PS4のゲームを録画したら
    HDD容量の消費量 『1.06G』でした。

    けっこうコンパクトだと思います。



    まずOBSのダウンロードです。
    https://obsproject.com/download
    上記のリンクからOBSをダウンロードしてください。

    *(64bitの場合はProgram Files(86x) )32bit版と64bit版の
    両方がインストールされます。
    ですが64bitの方も安定動作が確認できてる32bit版の推奨

    64bit版  ゲームキャプチャなど 
    一部の機能が何故か64bitに対応してないらしいです。




    起動したらOBS本体のプロファイルを作りましょう!!
    イメージ 1














    まず設定をクリックし
    設定できる項目を表示させます。

    設定項目『一般』ここでプロファイルを作成します

    プロファイル名は『ローカル録画』など、分かりやすいもので良いと思います。

    イメージ 2











    設定項目『エンコード』

    ここが画質の設定になります。
    エンコードのビットレートに制約が特にないので高い設定が可能です。
    イメージ 3

    映像

    ビットレート    3000kbps     バッファ 3000

    サウンド 
    コーデックAAC  128kbps






    設定項目『放送設定』
    イメージ 4 
    モード       ローカル録画

    ファイルパス   録画したファイルの保存先の指定









    設定項目 『ビデオ

    ここが実際に録画する時の解像度の設定になります。
    高画質配信の為には重要ポイントです
    イメージ 5
    解像度   『1280x720』 
    (もしくは映像の元の設定に合わせる)


    映像縮小   『無し』    
    もしくは解像度と合わせる、)
    (ここの解像度でPCの負荷が変動します


    FPS      『30~ 』                   フレームは増えれば負荷も増えます


    起動したときにAeroを無効する                                                 『WIN7必須!!絶対!!』


    録画時の解像度についてですが、
    OBSが映像元のをキュプチャーする時の解像度になりますので、
    キャプチャーしたい映像元に合わせてこの部分を決める形になりますが

    例えば 『1920×1080』のゲームをOBSに取り込みたい場合

    解像度
     『1920×1080』 縮小 無し  かなり高画質ですが当然負荷もかなり増えます。



    『個人的にお勧め』

    ゲーム側の解像度にOBSのキャプチャの解像度を合わせて
    縮小サイズを 『1280x720』 などにする事で 負荷を軽減させ画質もHDで保てます

    環境が許されるのであれば1080のまま録画した方がもちろん高画質です!

    また元の映像の解像度が1280以上なら
    OBS側の解像度側は『720』に変えてキャプチャしても、
    高画質録画は可能です。(負荷が減らせます)



    この辺りはPCゲームのキャプチャ時負荷軽減に役に立ちます



    設定項目 『サウンド』

    ここの項目は 仮想ステレオミキサ の設定になります。

    PCの中で流れる音 今回ならゲーム音を録画に乗せる為の設定

    イメージ 6デスクトップサウンドデバイス   既定

    使ってるサウンドミキサがあれば           
    それを選択特別無ければ 設定いりません


    マイク/その他のサウンドデバイス マイク フロントマイク
                                                   これもミキサ使ってる方はそれをな           ければ今使ってるマイクを刺してる所を選択





    設定項目『詳細設定』

    画像追加予定

    マルチスレッドプロセス優先度 『通常以上~高』   
    (画質重視 負荷が増えますのでスペックと相談で選びます)

    シーンバッファ           400 
    プレヴュー中のエンコード      未設定
    ホットキーに対するほかの変更   未設定
    ビデオX264プリセット 
    『fast 』
    ビットレート設定が高いのでここを高くすると
    負荷がかなり増しますし、エンコードが長すぎて
    不安定になります。



    FRを有効にする          チェックを外してください

    x264の詳細設定         元々のビットレート設定が高いので特に必要なし

    61-120FPSを有効にする      『30~ 』    スペックが許すのなら60以上でもいいかもですが


    Quick Syncを使用          いらないです



    これで録画するまでのOBSの基本設定は完了しました。




    『録画するゲームの種類別設定』


    『家庭用ゲーム HDMI』 

    家庭用ゲームの録画の場合 アマレコTVからキャプチャします。
    設定は http://blogs.yahoo.co.jp/saiyazin_naoki/12044458.html の記事の
    それでは次に【アマレコTV】ですを参考にしてください!



    『PCゲームの録画について』


    PCゲームの録画場合エンコードの負荷+ゲームの負荷になります
    タスクマネージャやその他負荷を測定できるソフトでパフォーマンス状況を確認しながら行ってこださい

    CPU使用率など確認しながら、
    スペックなどによりプリセット、解像度の縮小の利用、プロセスの優先度、映像品質、
    ゲーム自体の品質設定で微調整しましょう。

    この設定を使ってるPCのスペック


    PC1
    CPU         Intel Core i7 3770
    メモリ         8G
    グラフィックボード  GTX660 2G
    ゲームにもよりますが (タイタンフォールなど) ゲーム品質ミディアムで 録画時60~70%



    PC2
    CPU           Intel Core i7 4790
    メモリ         16G
    グラフィックボード  GTX770 2G
    ゲームにもよりますが (タイタンフォールなど) ゲーム品質最高で 録画時60~70%



    *ゲームは必ず『管理者として実行』で行います。
    PCゲームは初回起動を済ませておいてください。
    ゲーム自体の詳細設定(グラフィックの品質、サウンド、フレーム)などを済ませます。

    *OBS起動も必ず『管理者として実行』を行ってください。
    管理者として実行しなければキャプチャ出来ないゲームもあります。


    イメージ 8その後OBS(ソース)で『ゲームキャプチャー』を選択














    イメージ 9選択項目にゲームタイトルが表示されるのでそれを選択して適用


    すべての項目にチャック
    テックが入って無いと映らなかったゲームが有った為です。










    イメージ 10ここで一旦配信プレヴューで確認します。



    映りましたね!











    イメージ 11シーン編集機能
    もそくはOBSの画面の処で右クリックで位置/大きさでも

    画面の大きさなどの調整できます













    設定が完了したら、録画これで録画ができます。


    お疲れさまでした!











    Game専門 『なおチャンネる。』 NaoYan.TV

    http://com.nicovideo.jp/community/co2094955


    一緒にゲームしてあそびましょ~~~☆♪♪
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。