ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • さきゅばすを使わないでコメント結合をする

    2021-01-03 22:541
    ①ニコニコ配信録画ツールを使って動画とコメントを取得

    このソフトをダウンロードする
    https://com.nicovideo.jp/community/co2414037



    ②コメントファイル(xml)をassファイルに変換する

    NicoConvAssというソフトを使う
    http://vb45wb5b.seesaa.net/#nicoconvass
    xmlをドラッグアンドドロップ
    設定をこんな感じにする↓





    フォントを変える場合 NicoConvAss.ini で変更できる






    フォント名のところを変える
    できたら出力します

    HandBrakeを使って動画とコメントを結合します
    https://www.gigafree.net/media/dvdenc/handbrake.html



    動画をドラッグアンドドロップします



    映像設定はこんな感じ
    コーデックは好きなものを選んでください
    フレームレートは60にします(固定フレームレート)




    字幕のところで先程作成したassを指定します
    サブタイトルのインポートをクリックし先程変換したassファイルを選択
    そうしたらLangJapaneseにして
    Burn In にチェックを入れます

    最後に下の保存先を指定してあげてエンコード開始をクリックします




    こんな感じでできました!!!!!!!!!!!!!!!

  • 広告
  • 多窓のミラー配信について私的OBS設定@備忘録

    2020-12-05 17:41
    こんにちは。
    先日マリオ64ガチリレーの大会のミラーをしました。(くっそ前)

    最初私はブラウザを多重起動して無理やりウインドウキャプチャーをしてミラーしていたのですが、それよりももっと快適な方法を発見したので今回はそのやり方を解説します。




    最初こんな感じでやっていました。
    ブラウザを多重起動すると負荷がえげつないです。
    常時ファンが唸っていました。

    まず完成したレイアウトを御覧いただきましょう。
    こんな感じになります。



    まあそんな感じです。

    ***********************************************
    解説

    配信画面のキャプチャについて
    走者の画面のキャプチャにはOBSの「ブラウザ」という機能を使います。



    このブラウザという機能の便利なところはOBSのソフト上でブラウザを操作できる点にあります。
    ここの「対話」というところを選択するとこのようにOBS上にブラウザのウインドウが開きます。






    私はこれを初めて見た時感動しました。泣きました。

    ということで設定をしていきます。
    ブラウザを選択するとこのような画面が出てきます。



    まずURLにミラーしたい配信のURLを入れます。
    このURLは事前にメモ帳などで管理しておけばスムーズに切り替えができると思います。
    もしくは「対話」を使って、登録している配信を直接選択しても良いと思います。



    ただ私はこのやり方はあまり好きではありません。
    大会当日は枠が乱立しておりこの中から探すのがかなり大変だからです。
    それにもし走者のコミュニティを登録し忘れていたら。。。まあごちゃごちゃになるので、
    事前に走者の名前と区間とチームを纏めたメモを作成して対応しています。


    次に を  768
       高さを 432 とします。

    これでフルスクリーンを選択したときでも16:9の比率に合うようになります。






    解像度を指定せず後からウインドウを引き伸ばしたりして調整するのも良いのですが、
    目分量のやり方だと自分ではきれいに見えていてもやはりガタガタ感が否めないので
    ここで解像度をすべて統一しておきます。
    今回は右側にテキストを置いているので768x432と小さめですが、
    それぞれ大会に合わせてこの解像度を変更して下さい。



    次に「OBSを介して音声を制御する」にチェックを入れて下さい。
    これをするとOBSの音量ミキサー上にブラウザの音声が現れ、ここで音量を調整できるようになります。



    これで音量調節をする際にいちいちブラウザを操作する必要がなくなります。


    次に「カスタムCSS」を変更します。
    ここは標準だと
    body { background-color: rgba(0, 0, 0, 0); margin: 0px auto; overflow: hidden; }
    と書かれているのですが、これだと「対話」をした際にスクロールができません
    ということでこの部分を
    body { background-color: rgba(0, 0, 0, 0); margin: 0px auto; }
    と書き換えて下さい。
    これでスクロールができるようになります。

    これでブラウザのプロパティの設定は完了です。
    これをそれぞれ多窓したい分作って下さい。
    (ブラウザはコピーして複製ができないため)

    次に位置を合わせていきます。



    ブラウザソースを右クリックして「変換」→「変換の編集」を選択します。



    するとこのような画面が出てきます。
    位置」で左上を起点としたX座標、Y座標の値を指定できます。
    これで寸分の狂いなくブラウザを配置できます。

    参考までに私の設定をココに記しておきます。

    A:0.0000 , 110.0000
    B:764.0000 , 110.0000
    C:0.0000 , 648.0000
    D:764.0000 , 648.0000

    とりあえず意識することは
    左右のY座標の数値は一緒にすること
    上下のX座標の数値は一緒にすること」 の2点です。

    解像度を割る2やらなんやら計算してやればもっと綺麗に配置できると思いますが、まあそこまでの正確性は私は求めていないので大体の位置合わせは目分量でやってから数値を綺麗にしています。


    とりあえずこれで綺麗に画面が配置できたと思います。
    ブラウザ機能は割と便利なので是非ミラーなどで使って頂けたらと思います。




    あとは名前とかネームプレートとかの配置なんですが、
    これは先程の「変換の編集」を活用すれば同じように位置合わせができるので
    まあ特に解説することがないので割愛します。





    なにか分からないことがあればコメントにてお知らせ下さい。
    参考になれば嬉しいです。




  • 【OBS Studio】コメントジェネレータを使ってニコニコ風にコメントを流す方法

    2020-08-10 16:2522
    こんにちは。
    最近ニコニコ生放送からYouTube Liveに移行される方が増えているように思います。
    確かにYouTubeはニコニコに比べて利点が多いです。
    画質が良かったりアーカイブが永久に残ったり。

    しかし.....
    私は見つけてしまいました。YouTubeがニコニコに劣っている点を......。

    それはコメントが流れないことです。


    ニコニコ視聴者は配信画面にコメントが流れないと寂しさを感じてしまう生き物だと思います。(私です)
    ニコニコ風にコメントを流すChromeのアドオンも存在するのですが、それは視聴者に入れてもらわないといけないのでパソコンに疎かったりスマホでしか視聴しないという方にはハードルが高いように思います。
    ですので配信者側でコメントを流せるようにすればオールオッケーですよね。

    ということで今回はOBS Studioのブラウザ機能コメントジェネレータを活用して画面上にコメントを流す方法というのを解説していきます。

    ちなみに今回紹介するものを導入すればこんな感じにコメントが流れます





    かなりニコニコっぽいですね。
    これはYouTubeでの配信が捗ること間違いなしです。

    ということで解説していきます。

    【導入】

    まずHTML5コメントジェネレーターをダウンロードしてください。





    なんでもいいですが今回はhcg_0_0_8.zipをダウンロードしましょう。
    解凍して一旦置いておいて下さい。

    次にこちらのサイトからNiCommentGeneratorをダウンロードして下さい。




    ZIPをダウンロードを押したらダウンロードできます。
    こちらも解凍します。
    解凍したら以下のフォルダ(NiCommentGenerator-master)が生成されます。


    解凍したフォルダ(NiCommentGenerator-master)を



    先程解凍したCommentGenerator0.0.8のフォルダの中に入れます。

    以上で導入は終了です。
    次にセットアップをしていきます。

    -----------------------------------------------------


    【OBS Studioの設定】




    OBSを開いたらソースの部分で右クリックをしてください。
    そこから追加→ブラウザを選択します。




    するとこのような画面が出るのでローカルファイルにチェックを入れ、下の参照をクリックします。そうしたら先程導入したCommentGenerator0.0.8→NiCommentGenerator-masterの中にあるNiCommentGenerator.htmlをダブルクリックして選択します。


    選択したら次にブラウザの解像度を設定します。
    YouTubeのフルHDで配信する方なら
    幅:1920
    高さ:1080
    で問題ありません。



    これで設定は完了なのでOKを押して閉じます。


    それではコメントビューアに配信のURLを読み込ませましょう





    コメントビューアに放送を読み込ませて確認してみるとこのような感じになります。
    文字が全体的に大きくニコニコっぽくありませんね。あとコテハンついてますね。
    ということでニコニコっぽく設定していきます。
    コメントビューアとコメントジェネレータを連動させるためには設定が必要になります。
    NCVを使っている方ならこちらのサイトを参考にして下さい。
    YouTube Liveコメントビューアマルチコメントビューアならコメジェネと自動で連動してくれます。

    ----------------------------------

    【NiCommentGeneratorの設定】
    弄るファイルは以下のoptionsというファイルです。
    ただこれはテキストエディタなどで開かないと編集が出来ないので何かしらのテキストエディタを導入して下さい。私はサクラエディタを使用しています。


    optionsファイルをサクラエディタにドラッグアンドドロップします。



    こんな感じのテキストが出てきます。
    それでは編集していきましょう。
    設定箇所は2箇所だけです。

    コメントの行数を14にします。(3行目)
    数値を大きくすれば大きくするほどコメントの行数が増えます。
    行数が増えて一行分のコメントが小さくなるのでここを弄ればコメントの大きさが変えられると私は認識しています。



    表示形式指定を弄ります。(50行目)
    今のままだとコテハンが表示された状態になっています。



    ですので50行目の
    format: "$NAME$: $COMMENT$", となっている部分を
    format: "$COMMENT$", に変更します。
    すると


    このようにコテハンが表示されなくなります。

    以上で設定は終了です。お疲れさまでした。




    これであなたも立派なYouTuber!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


    この他にも色を変えたり文字の太さを変えたり透明度を変えたりなどいろいろ設定ができるので試してみて下さい。
    基本は書いてあるまま弄ればいいので分かりやすいと思います。

    ツール製作者様に感謝!!!!!!!

    ---------------------------------------

    分からないところや間違っているところや説明不足なところがあればコメントにてご指摘お願いします。最後までお読みいただきありがとうございます。また次の記事でお会いしましょう。



    追記:「あ、これ記事読んでないなぁ...」とか「試せば分かるじゃん」って感じのコメントは無視します。
    流石にこんなけ丁寧に説明して分からないはないだろう