• 「時の止まった世界」への謝罪

    2020-01-14 21:34

    例外的にブロマガで書こう。普段は nasuks.net で書いてます。

    閉鎖空間

    リアルでもネットでも、ぼくは失言製造マシーンという自覚がある。口を開けば失言している。
    治そうと思ってはいるが、なかなか治らない。
    もうこの世に生を受けて32歳になった。不治の病として、半ば諦めようとも思っている。

    先日、久々にニコ生配信をした。そこで、ぼくは失言をした。ある人物に対して、
    「このニコ生という時の止まった世界で、延々とシレンをし続けているのかと思っていた」
    と。
    この言葉が、ずっと頭を回っている。愚かな発言だった。

    SFCシレンという「スポーツ」

    SFCシレン界は、完全にマイナースポーツと化している。これが、ぼくの(昔からの)理解である。
    ゲームじゃない。スポーツなのだ。
    限られたルールの中で人間の極限に挑もうというアスリートが、ニコ生という場所に集っている。
    スポーツと化している以上、「ときのとまった」という表現は実にズレている。
    それを言うなら、陸上も水泳もボール競技も、軒並み「ときのとまった」ものだ。

    何の進歩もないなら話は別だが、シレンというスポーツは(まるで100m走で新記録が出続けるように)着実に進化している。なぁにぃさんのフェイ記録はついに破られ、腕輪なし99Fは達成され、掛軸裏99FTAは100分切りされている。

    しかしケントくん。
    言い訳はあるかもしれないが、君はそこから逃げ出したのだ。

    「自分は何者にもなれない」と書かれた看板を首にかける

    ニコ生は忘れられた世界。
    SFCシレン配信は忘れられた世界。

    これ自体、ぼくは恐縮だが、そう思う。平成に取り残され、時代に置いていかれた場所。

    だけど、いまも一線でこのスポーツに興じる人を総くくりで貶める発言の、なんと浅はかで、愚かで、恥ずかしいことか。
    なんやかんやと理由をつけて、極めることを放棄し、逃げ出し、諦め、放り投げた男が、何を言うかと。

    これが中途半端にやり込んだゲームだったら、浅はかにも馬鹿にしてしまうことはあるかもしれない。
    しかしケントくん、これは人生で一番の時間をかけたスポーツじゃないか。
    ある一時は自身が最先端だと自覚していた時期もあった、自分自身が捧げた1万時間にツバを吐いた。

    いまなにを熱中しているか。
    MTGpauper? ポケモン? スプラトゥーン?
    そのどれも、それなりにやり込んだと思う。しかし、第一人者と胸を張って言えるか。言えない。ストイックにトップを走っているなど、言えるはずもない。
    そんな状況で、「いつまでシレンしてるの」という発言に近いことを言ったことは、愚かとしか言いようがない。
    それはつまり「自分は何者にもなれない」と発言したことに近い(実際そうなのだという自覚があることがまた救いがない)。

    謝罪して撤回します。
    白々しいかもしれませんが、本心から、走り続けている人たちを尊敬しています。


  • 広告
  • MOに関してのぼやき

    2015-06-07 18:25

    ガチ勢にもなりきれないし、エンジョイ勢にもなりきれないし、なんかしんどいなぁ。

    フェイはゴミツモ・ゴミプレイでも、徒労感だけで嫌な気分にならないんだけど、この違いは対人だからかなぁ。なんでイライラしながらゲームしてんだろってなる。MOのリスナーの指示もそんなキツい指示でもないしなぁ。

    レートは微増しているし上手くなっているんだろうけどね(マッチアップの運かもしれないけど)。

    マイクオフなんて価値ほとんどないし、MO配信むいてないのかもな。


  • 【mtg pauper】最近の僕のDelver

    2015-06-02 04:41
    ■リストはこちら
    http://ch.nicovideo.jp/nasuks/blomaga/ar755094

    ■Bonesplitterが良い感じ
    苦手な『親和』や『ボロスキティ』への一定の回答になっていて素敵。
    修正値がつくことで、「コーの空漁師/Kor Skyfisher」や「マイアの処罰者/Myr Enforcer」を絶妙に突破・牽制できる。
    この辺を評価して0枚から1枚にし、引かなくて苦しい展開が多かったので2枚にした。2枚くるとしんどいが1枚は欲しいやつ。
    『黒単』には2枚は多く2戦目以降は1枚に減らすが、それでも「深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours」が「アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel」を牽制できるのは素晴らしい。

    ■「珊瑚の網/Coral Net」が以外と広範な対策になる
    具体的には、『ボロスキティ』に刺さる。だいたい生物が白。盲点だった。
    これに「水流破/Hydroblast」が加わって、中々どうして『ボロスキティ』対策は2戦目以降は結構充実。
    あと『親和』も、「甲殻の鍛冶工/Carapace Forger」はもちろん、「オーリオックの太陽追い/auriok sunchaser」が導入されているリストがあるので、オーリオックの太陽追い/auriok sunchaser」が見えたら1枚はサイドインするのを最近試している。

    ■「鐘音の一撃/Singing Bell Strike」が黒単対策にもなる
    具体的には「クォムバッジの魔女/Cuombajj Witches」への確かな対策と、深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours」の補佐。CIPのタップが地味にイケてる。もちろん「グルマグのアンコウ/Gurmag Angler」の邪魔にも。
    アンタップさせるタイミングを限定的にするので、『エルフ』対策にも。

    ■「溶暗/Fade Away」はそこまで信用できない
    基本的には『白単トークン』にむっちゃ刺さって、『ストンピィ』もそこそこ効いて、あとは凡性能という感じ。『白単トークン』は無防備になりやすいので効くけど、あとはフルタップする機会がいうほどない
    あと地味にこちらにも影響するのがいただけない(そうならないプレイングをしろという説もあるが、これが難しい)。

    ■「はらわた撃ち/Gut Shot」はやっぱり使われない
    一回使われたけど、やっぱり刺さりすぎて笑った。テンポが落ちないのがひどい。

    ■その他
    『バーン』の使用者がトップかぁ……。『黒単』をメタったデッキたちをメタった動きなんかな。『バーン』には基本的には有利なのでいい傾向だけどね。
    『バーン』はソーサリータイミングで使われがちだったけど、前にこちらのEOTまでひたすら構えるスタイルの人に当たって、大変戦い辛かった。こっちは打ち消したいのもあるけど殴りたいのもあるのでジレンマになる。
    しかし『バーン』はあんまりやろうとは思わないな……。