SkyrimLEのMODをSkyrimSEにコンバートしてみよう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SkyrimLEのMODをSkyrimSEにコンバートしてみよう

2017-11-11 00:00
  • 2

こんにちは。うp主こと"nasu"です。

Skyrim Special Edition (以降SSE)にSKSE64がやって来て、LEのMODをSE用にコンバートして公開されるModderさんも増えてきて嬉しい限りですね。
ただ、既に引退されてる方や連絡の取れない方のMODは、基本的にはSE用に公開されることはありません。

待つのも手ですが、できることは自前でやってみよう!というのがこの記事の趣旨です。
これは個人的に楽しむものであって、SSE用に調整したものを作者に無断でうpとかはご法度です。ココ重要なのでお忘れ無きようお願いします。ペコリ

あとSKSEを使用するMODで、専用の*.dllを使用するものは自力コンバートは無理と思って下さいませ。32bit用の*.dllは64bit環境では動かないのです。
"\Data\SKSE\Plugins\*.dll"というファイルが有ればアウトです。


作業前に用意するツール

[*.bsa解凍ツール]
BSA Browser 等

[Mesh用(*.nif用)]
・NifSkope_2_0_201x-xx-xx
・SSE NIF Optimizer

[Texture用(*.dds用)]
・GIMP
・Paint.net
・DXTBmp(オススメです)
基本的には*.ddsの読めるものならなんでも良いです。

[esm/esp編集用]
・SSEEdit
・CreationKit(Bethesda.netのアカウント必要です)

[モーション編集用(*.hkx用)]
・HavokBehaviorPostProcess.exe
※CreationKit に含まれてます。場所は"\Skyrim Special Edition\Tools\HavokBehaviorPostProcess"になります


今回のお題は The Lily - Armour Mashup です。
https://www.nexusmods.com/skyrim/mods/71843/?
既にSSE用のファイルが用意されていますが、色々な作業を学べますので練習がてら作業していきます。
MODマネージャは Nexus Mod Manager (NMM) を使用します。では始めましょう。



1. ファイルをマニュアルでダウンロードします

  • 対象ファイル: The Lily - UNP - Main File
  • ファイル名: The Lily - UNP - Main File-71843-1-6.rar (以後The Lilyとします)

2. とりあえずインストールしてみる

マニュアルでダウンロードした The Lily をNMMにドラッグ・アンド・ドロップ。
後は普通にインストール。ゲームを起動して、装備が置かれているリバーウッドに向かいます。

装備してみると・・・

はい。見たままですね。手甲と靴は表示されてますが、鎧部のメッシュが読めないため<!>表示になってます。
これを何とかしていきます。

3.メッシュを変換してみる

先程インストールした The Lily をアンインストールします。
マニュアルダウンロードした The Lily を解凍します。
\data\meshes の中身をSSE NIF Optimizer のフォルダの中にコピペします。

この時注意しなければならない事があり、

  • *skeleton*.nif は変換しない
  • キャラクタの頭部パーツ(*head.nif やfacegendata等)は別途に変換する
  • その際はNIF OptimizerのHead Parts Onlyにチェックを入れる

と言ったお約束が有るので、何も考えずに放り込むとCTDの沼にハマります。


NIF Optimizerを起動し、「Optimize」をクリックすると変換が始まります。変換後はファイルサイズが小さくなる傾向になってます。
変換したファイルを \data\meshes\thelily に上書き保存します。これでSSE用のメッシュが出来上がりました。
ここで再度圧縮ファイルに戻します。*.zip , *.rar , *.7z 辺の好みの形式でかまわないです。
名前は自分で認識しやすいように 「The Lily_SE.rar」とかオススメです。

出来上がったファイルをNMMにドラッグ・アンド・ドロップしてインストール、ゲーム起動、装備確認・・・ここでCTDします。

原因はSSEで読めないテクスチャが含まれているためです。
<!>で表示できなかった鎧部ですが、メッシュを変換したことにより読めるようになりました。
しかし今度はその鎧部に貼り付けられるテクスチャに、SSEで使用できないものが含まれているのでCTDを起こす…という落ちです。今度はこれを解決していきます。

4.CTDを起こすテクスチャを見つける

このMODの場合、手甲と靴はメッシュの変換作業前から表示されていました。という事は胴体部に使われるテクスチャが犯人ということになります。
まず、 \Data\textures\thelily のテクスチャを全て任意のフォルダに退避させます。この時点でゲームを起動させると、この様に一応起動します。


次に原因を絞り込むために手甲と靴のテクスチャを戻します。
この際に「どれがどれだか分かんねーよ!」だと思われますが、ここでNifSkopeの出番です。
NifSkope で gauntlets_0.nif を読み込み、右ペインのオブジェクトの有る任意の所を左クリックします。

今の場合左ペインの「26 BSTriShape」が選択されてますね。これの左端の「>」をポチポチ開いて行き、「31 BSShaderTextureSet」まで開きます。

左ペインの下側の窓にテクスチャのパスが表示されてますね。これが赤丸部に使われているテクスチャの名前です。
この作業を繰り返して、手甲と靴のテクスチャのみを適応させると、こんな感じになります。

この時点でCTDの犯人候補は
  • AutoMail_d.dds
  • AutoMail_m.dds
  • AutoMail_n.dds
  • Binding_d.dds
  • Binding_n.dds
  • Blouse_d.dds
  • Cape_d.dds
  • Cape_n.dds
  • Corset_d.dds
  • Corset_n.dds
  • Ironskirt_d.dds
  • Ironskirt_n.dds
  • Pauldron_d.dds
  • Pauldron_n.dds
  • Trousers_d.dds
  • Trousers_n.dds
残16ファイル。
次は残っているテクスチャの種類ごとにインストールしてみます。
まず柄の描かれたファイル(ディフューズマップ)を戻します。このMODの場合、*_d.ddsが該当します。ついでに環境マップマスク(AutoMail_m.dds)も戻します。

だいぶん鎧らしくなってきました。この時点で未確認ファイルは
  • AutoMail_n.dds
  • Binding_n.dds
  • Cape_n.dds
  • Corset_n.dds
  • Ironskirt_n.dds
  • Pauldron_n.dds
  • Trousers_n.dds
ノーマルマップですね。これらをDXTBmpで開いてDDS R5.G6.B5(DXTBmpの場合「DDS 565 16bit」表記)の物を探していくんですが・・・有りません。でもCTD発生。んん?

仕方ないので1ファイルづつインストールしていくと、Binding_n.ddsでCTD発生することが解ったんですが、これDDS5です。SSEでは読める事になってます。

当時はこの時点で嫌気さしてましたが、Binding_n.ddsと相棒のBinding_d.ddsをよく調べてみると両者のキャンパスサイズが微妙に違うのに気が付きました。
  • Binding_d.dds → 512*256
  • Binding_n.dds → 500*250
500*250とか半端で気持ち悪いのでBinding_n.ddsを512*256にリサイズして、アルファも含んでないのでDDS1で保存してみました。

ほわー。やっと作業終了です。とてもめんどくさい手強い作業でした。

以上で作業終了になります。
どこぞで書いた記事で、上記の作業をざっくり書くと、
----------
  1. 展開したフォルダの中に*.bsa が有ればアンパック
  2. 取り敢えず「*Skeleton*.nif以外の」メッシュを変換する。必要に応じて「Head Parts Only」チェック
  3. ゲーム内で動作問題なければ作業終了
  4. フォロワーに会うとctd→テクスチャ抜いて動かしてみる
  5. メッシュのみで動くならctdの原因はテクスチャ。ctdなら弄ったメッシュをチェックしてみる
  6. ディフューズ(柄のdds)のみ入れて起動させてみる。ctdするならディフューズを変換
  7. ディフューズのみで動くなら*_n.ddsを変換してみる
  8. 大体ここで動くと思うが、動かなければ諦めろん
----------
です。ひじょーにめんどくさく見えるかもしれませんが、慣れると結構サクサク作業できちゃったりするので、興味が湧いた方はコッチ側に来い是非チャレンジしてみて下さいませ。

広告
×
SEへLE版の「衣装だけコンバートしたい!」という希望はあったので、非常に助かりましたm(_ _)m
19ヶ月前
×
ふと思ったんですがこれ逆のことってできるんですかね。(SE→LEへのいわばダウングレード)
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。