「バビロン環の詩」のはなし。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「バビロン環の詩」のはなし。

2019-01-05 09:30
    どうも、シュウヘイa.k.a.那須与一です。
    第6回は白藤環さんのお祝い動画「バビロン環の詩」です。


    元ネタはみんな大好きthe pillows「バビロン天使の詩」のプロモーションビデオ。


    こちらをジャガーマンシリーズに昇華したぺぷさんの「バビロンジャガーの詩」です。

    名作PVをけものフレンズ、ジャガーマンシリーズに落とし込んだ傑作です。

    「バビロン天使の詩」は「日本でいちばんダサいPV」と揶揄されていますが、私としてはそうは思えません。
    再現するの結構大変なんですよ。いや、素人に「結構大変」で済まされるのもどうかと思いますけども。
    ただですね、「バビロン天使の詩」という名曲があった上で、このPVを生み出せるか?って考えてみてもください。僕にはとてもできない。

    ということで「バビロン環の詩」です。
    例によって、えのぐメンバー勝手にthe pillowsテーマソング白藤環Ver.です。
    「山中さわおのFoll on the planet」というポッドキャストで、山中さわおがメールを送ってきたリスナーに対して「君は今孤独です。そんな君と出会う前に書いた曲だけど、君の為に作った曲があるんだ。ストレンジカメレオンっていうんだけど」と冗談めかして言うシーンがありました。
    「バビロン天使の詩」も、白藤環さんにとってそういう曲なんじゃないかなと思いまして。お前が言うのかよって感じですが。そのあたり、書いていければと思います。

    配役について。
    割とすんなり決まりました。
    ボーカルギター山中さわお・・・環ちゃん
    ギター真鍋吉明・・・あんず
    ドラムス佐藤シンイチロウ・・・ハル姉
    太陽・・・ひなお
    Helloって言う手・・・らっこちゃん

    イントロ
    背景は当時ひなおが撮ってツイッターに上げてた空の写真です。
    この口をくぐり抜けてくって発想なかなかすごくないですか?
    違和感なく見せるように、画像の移動距離とか拡大スピード結構気を使って設定してます。
    あんずの口の開きが小さくて苦労した思い出。

    ハンドルもブレーキも~
    冒頭1分ぐらいで白藤環の紹介。
    ・マイクすら壊す
    ・座右の銘「見切り発車とドリブル突破」
    ・コナンノルマ「僕もノアズ・アークみたいに飛べるかな・・・」
    ・あんずLOVE
    ・あんこだまの関係性 ←ここすき

    まだまともには飛べなくて
    3月8日放送の水平思考ゲームから、あんずの翼になる環。

    昨日(9月1日)これ行ってきた
    体験会に当選しないと成り立たないネタです。
    落ちた場合のことを全く考えてませんでした。
    前回のハル姉のこともあり大変恐ろしかったですが、なんとか当選できてよかったです。

    これ10回目だねぇ
    この発言だいすき。
    あんずの「~だねぇ」っていう語尾好きです。
    また、あんずとさわおで掛け合いさせるの結構気に入ってます。
    何かの間違いが起きて「山中さわおのFool on the planet」にあんずゲストとして出ないかな。
    意外と相性よさそうだと思うんですけどね。どうでしょう。

    ああああああああ
    「バビロン天使の詩」サビ前の近づきすぎ”た”とあんずの「紅」より。

    †体験会感想日記†


    ここで「あああああああ」をつなぐようにthe pillowsの「スケアクロウ」が流れます。
    「バビロン天使の詩」は勝手に環ちゃんのテーマソングその1で、「スケアクロウ」がその2です。
    実は「あんたまマン」で流したあんずのテーマソング「Funny Bunny」と対応させています。

    キミの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ

    に対して、

    夢の向こうまで僕は旅を続けるつもりだよ キミを連れて

    という歌詞を対応させています。連れてってくれこの世の果てまで。
    また、環ちゃんのお祝い動画ネタ出しの際、「バビロン天使の詩」でいくか「スケアクロウ」メインでいくかっていう選択があったんですよ。
    環ちゃんだけど「スケアクロウ」でめっちゃ真面目なやつ作ってやろうかと。
    でも「バビロン天使の詩」の方が明らかに楽しそうなんですよね。
    どうしようかなと考え、んじゃ本人に聞けばいいや、と思い、
    内容を伏せてリプ返でどっちがいいか聞きました。
    やる気!元気!!たまき!!とのことなので「バビロン天使の詩」にしました。
    けどもしっとりも好きとのことだったので「スケアクロウ」も使用させて頂きました。

    後ですね、「スケアクロウ」って曲名は同名の映画が元となっています。アル・パチーノとジーン・ハックマン主演の古い映画です。私はthe pillowsから遡る形で去年の3月頃に見ました。
    映画内でスケアクロウ=かかしは「カラスを笑わせている」存在と解釈されています。笑わせられたカラスはこの畑は襲わないでおこうと考えると。
    このカカシ=笑顔にさせる存在、というのがキーワードになる映画でして。
    これを見た翌週3月15日の放送で上手く笑顔ができないあんずに対して、
    ひなおと環ちゃんが「たくさん笑わせないとね」と何気なく言うシーンが私の中でとても印象深かったのです。

    そして8月10日のプレオープンライブ。新衣装を着たあんずがですね、笑ってたんですよ。
    あぁ。I want call you, 'Scare crow' だと。
    You can call me, 'Scare crow' じゃないかと。
    こういったややこしい感情を全て山中さわおが歌っていました。
    何故2018年に私が抱く感情に寄り添った曲が2007年から届くんでしょうか。
    すげぇや山中さわお。愛してるぞ。

    Hello!
    らっこちゃんだと「はろー」って感じがしますね。
    らっこちゃんには笑顔でいて欲しい。笑っているらっこちゃんが好きです。

    キレイな夢を見たんだ混ざりたくて今も奮闘中
    この歌詞強すぎやしませんか。大好きです。
    特別な言葉ひとつも使ってないのに、本質をついた普遍的な歌詞なんですよ。
    「キレイな夢」はさわおにとってのロックンロールだし、
    環ちゃん達えのぐにとったらアイドルだし、
    ぺぷさんは「夢」に「動画」という言葉を当てはめ、ジャガーマンをさしているんですよ。
    それは私にとって「心を揺さぶった夢」になったんです。

    ここの3人演奏2コマはそんなぺぷさんのフレンズ演奏2コマのトレスです。


    ハル姉のドラムに「TAMAKI」と記載してあるのは、
    the pillowsのドラムス佐藤シンイチロウさんが「TAMA」というメーカーのドラムを愛用しておりまして、それのパロディです。気付いてくれる人いてよかった。決してメガUOを焚いてるわけではございません。

    キミがこぼした愛(いいね)は僕に全部染み込むのさ
    エゴサ姫白藤環。
    ハートが染み込んでいくのは「バビロンジャガーの詩」リスペクト。

    間奏
    「バビロン天使の詩」PVの再現です。
    背景は馬越先輩の「暴れ馬将軍」という動画から富士山をお借りしました。
    えのぐの放送って基本的にスタジオ内なんで、背景に変化付け辛いんですよね。
    そういう時馬越先輩の動画は重宝します。

    ここ一応ストーリーがあるというかそのまんまなんですが、
    あんずに向かって環ちゃんが走って行きます。夏コミ2日目。
    そしてひなつくりの3人もあんずに向かっていく。女優部の合流。

    煙のような~
    ここすき2コマ。
    賑やかしのらっことひなお。
    環だよおおお
    ぽーいするあんず
    投げキッス環
    メキシコサラマンダー ぶしゃああああ!するハル姉

    ’終わりだよ’って ’あきらめな’って
    2017年夏コミの「環とあんずからのお願い」より。

    僕にはNo!No!No!聞こえない
    サンシャイン白藤、研究生時代とデビュー決定後の再録より。
    再録の方が腕の動きにキレありますよね。

    ただ風が騒いでじっとしてらんない
    コミケ2日目から、当初予定になかったけど環ちゃん参戦するというエピソード大好きでして。
    それも含めて、ここの一連の歌詞完全に環ちゃんじゃん、と思いました。
    何故2017年に奮闘するアイドル研究生を歌ったような曲が2002年から届くんでしょうか。
    愛してるぞ山中さわお。
    「じっとしてらんない」にエリマキタマキ合わせるの気持ち良かったです。

    今日も探してるんだ僕にもっと似合うシンプルスカイ
    岩本町劇場でセッションする3人。
    ここすき2コマ
    環ちゃんが指さすとこ
    せんちゅりおん
    あれよっていいながら腕くるくるするあんず

    雲が邪魔したって怯まないぜ吹き飛ばしてみせる
    タマキパンチ。
    悪天候どころか台風を自らの拳で吹き飛ばす女、白藤環。

    ここまで制服姿で全てのシーンを構成してまして、
    ここで満を持してライブ衣装に!と思ってたんですけど、
    †体験会感想日記†のシーンでライブ衣装出てしまっておりました。

    Verses of 環だよぉーー!
    良MADからの急ブレーキはけものピロウズの定番です。
    再び口を潜り抜けてエンド。このシーンの発想やっぱすごいですって。

    というわけで「バビロン環の詩」でした。
    環ちゃんの誕生祭が9月1日に行われまして、その翌日の投稿となったのですが、
    奇しくも9月2日は千賀さんの「ジャガーマン」1周年だったんですね。

    そんな日にジャガーマンシリーズシリーズ外伝を投稿してしまって、
    それが割と受けて日記ランキング1位になってしまいまして、申し訳なかったです。
    それでも私はジャガマニストなんですよ。
    あの日心を揺さぶられたキレイな夢に、少しでも混ざれたのかもしれません。

    次回は「ひなつくりっと」を予定しています。
    アクセント程度だったthe pillows要素がメインになってきております。

    ありがとうございました。それでは。
    2018.01.05 那須与一





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。