「ひなつくりっと」のはなし。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ひなつくりっと」のはなし。

2019-01-07 23:29
    どうも、シュウヘイa.k.a.那須与一です。
    第7回です。今回は「ひなつくりっと」について。


    例によって下敷きがあるんですね。
    これまたぺぷさんのけものピロウズ「SAI FOOT」より。

    のんほいパーク行ってシロサイを見るとぺぷさんを思い出します。
    動物園である動物を見た時、○○さんだ、とそのフレンズが好きなジャガマニストを思い出してしまうんですよね。病気です。

    the pillowsの名曲「MY FOOT」。
    栗原桜子さんの誕生日お祝い動画として投稿した「らっこちゃン」の日記パートで使用した曲です。

    らっこちゃんのテーマソングとして使用させて頂いた話は以前のブログ「らっこちゃン」のはなし。でしたかと思います。

    また、the pillowsの楽曲が作中でふんだんに使われているアニメ「フリクリ」の新作2作が映画としてこの2018年に公開されました。
    新曲2曲に加え、劇中歌として楽曲がいくつか再録されまして、「MY FOOT」もそのうちの一曲でした。
    もともと好きだった曲の一つですが、こうしたタイミングもあり一層聴く機会が増えておりました。

    そんな中、9月22日にえのぐ2ndライブが仙台で開催されました。
    私は愛知県からえっちらおっちら電車を乗り継いで参戦したわけですが、
    そこでひなつくり3人による曲「僕たちの青春ロード」が披露されました。


    動画内の日記でも似たようなこと書きましたが、「MY FOOT」じゃんこれと思ったわけですよ。
    また、これはあくまでも私の所感でしかないわけですが、
    「僕たちの青春ロード」で「ずっと負い目だったよ」と歌われていることが、
    どうも引っかかっているというか、もやもやしたものを抱えてしまいまして。

    翌日の対バンライブも観覧し、電車での帰り道、
    再録された「MY FOOT」を聴いて、ありがとう山中さわおと。思いました。
    何故お前はいつもいつも俺の感情に寄り添った言葉を届けてくれるんだと。愛してるぞ。
    また、発売されたばかりのNewアルバム「REBROADCAST」も聴きまして。
    「MY FOOT」を再放送しようと。
    そんで再放送ってキーワードで小ネタ出来るぞ、と思いまして。
    Rebroadcast.
    May I wish to redo again?
    May I wish for a chance again?

    ということで解説。
    イントロ
    ドラム叩くひなお←ここすき
    ベースに合わせてぴょんぴょんするらっこちゃん←ここすき

    ギター音に合わせて足を接写。
    ぺぷさんの「SAI FOOT」リスペクト。
    私の事を脚フェチと思われるかもしれませんけども、間違ってないです。

    誰すき?
    「あんたまマン」で行った女優部のここすきアンケートをRebroadcasting.
    アルバム「REBROADCAST」収録の「Bye Bye Me」より。

    今となっては選べないんジャー
    ホントこれ。

    キミは僕の光
    「ONE LIFE(Rock Stock Ver.)」より。


    「ジョニー・ストロボ」より。


    「Century Creapers(Voice of the proteus)」より。

    眩しい
    「サードアイ」フリクリ再録の方より。

    天使みたい
    「天使みたいにキミは立っていた」フリクリ再録の方より。
    全部聴いてくれ。

    風に消えたひなお?桜子?
    らっこちゃん誕生祭でのハル姉オンステージ。
    ここ小ネタにしていますが、元の歌詞

    風に消えたラブソング
    壁に貼られなかったポスター
    渡しそびれてるプレゼント両手に抱え

    って部分を女優部として活動してたひなつくりと重ねてしまってなんというかもういっぱいいっぱいなんですよ。だからふざけてしまったというか。


    !?!?!?!?!?
    「駆け抜けてえのぐ」の再放送。放送事故をクローズアップするな。
    「すべすべ脚すべすべ」をRebroadcast.
    ライブ衣装のひなおの脚、ヤバくないですか!?!?!?
    いいんですか!?!?!?!?
    あんな脚して反復横跳びしていいんですか!?!?!?!?
    厳重注意ですよこれは厳重注意。

    「ドクターシーラボでお肌すべすべ山中さわお」はもう一人の私が見たら爆笑するネタです。
    さわおは2018年で50歳になったのですが、とてもそうは見えない若々しい見た目してます。
    バンドのフロントマンとして露出する機会も多いので、ものすごいお肌の手入れに気を使っている男です。
    自身のポッドキャストで度々スキンケアについて語ってまして、ドクターシーラボの金色のやつを愛用しているとのことです。誰が面白いんだこれ。

    渡しそびれてるプレゼント両手に抱え
    5月7日、「えのぐ」初披露後の放送で、「元気を分け与えるアイドルになりたい」と語った環ちゃん。
    ひなおがそれをメンバーに分け与える一幕があったと思うんですが、らっこちゃんが受け取ったそれをしばらく大事そうに抱えていたのが印象的でして。
    2017年の夏コミから奮闘するあんたまの姿をらっこちゃんは近くで見ていたわけで。
    らっこちゃんもファンと同様かそれ以上に二人から受け取ったものがあるんじゃないか。
    らっこちゃんだけじゃなく、ひなおとハル姉も同じだろうと。
    それを私は「渡しそびれてるプレゼント」と解釈しまして。
    そして次の2番サビにつながるのです。

    僕はまだ見てる永遠のライバルを
    "僕"をひなつくり、"永遠のライバル"をあんたまと捉えています。
    「らっこちゃン」で「MY FOOT」をかけたことの再放送、明文化です。たぶんほとんど伝わってなかっただろうから。
    あんたまは1万人フォロワーの目標を達成して、先に進んでたかもしれない。
    でもそんなもん、十歩先だぞと。
    5人で活動することが決まった時、3人は自分達も目標を立てて、達成したいと語りました。
    それが明確なものとなって。
    この動画はそんなひなつくり3人へ向けたものです。
    ものすごい個人的な感情です。別に3人が観てくれなくてもいい。
    さわおの言葉をかりてばかりだけど、言わせてくれ。
    挑戦者のように走れmy foot 踵を鳴らして

    あと、以前ちらっと言った栗原桜子テーマソングとしての「MY FOOT」裏テーマですが、
    要はあんこだまの関係性にクローズアップしたものなんですよ。
    ”僕”はらっこちゃんで、"永遠のライバル"は環ちゃんなんですね。もうここで理解してくれ。
    「あきらめの悪い」で二人を引きはがそうとするらっこちゃんチョップやってるのはそういうことだ。これ以上言わねえ。わかってくれ。

    †PRODUCTION RECRD†

    今月の有害指定同級生めちゃめちゃよくなかったですか?

    フリクリオルタナとプログレ、楽しく観てはいたんですが、やっぱ12曲じゃ足りないというか。同じ曲何度も使っちゃったりしててね。
    再録じゃなくてもいいからもっといろんな曲使って欲しかった。
    プログレの方、「BOYS BE ROCKSMITH」とか古い曲だけど「ぼくはかけら」とかテーマに合う曲じゃないですか?ってずっと言いたかったので今言いました。
    オルタナとプログレのBlu-rayセット買ったんですけどね、正直特典のアメリカツアーライブのDVDが目当てでした。アメリカのバスターズ面白かった。

    この日記で書いてあることはまぁそのまんまです。
    ローファイボーイ,ファイターガールは同名のthe pillowsの曲名から。
    ジャガーマンシリーズシリーズ外伝をオルタナティブジャガーマンシリーズと言い換えるとともに、私自身のことをローファイボーイと呼んでます。ボーイって年でもねえだろ。
    ジャガーマンシリーズ自体ローファイじゃないですか。

    ファイターガールはえのぐ彼女達のことです。ムキになったこだわりはちゃんとキミを見守ってるぜ。

    完全に余談ですけど、このローファイボーイ,ファイターガールってキーワード、「REBROADCAST」に収録されている「BOON BOON ROCK」で使われているのですが、
    この曲ぜひライブで聴いてもらいたい。
    CDで聴いた時から好きでしたけど、ライブで直に届けられるとそれはもう感慨深くて。
    現在全国ツアーの真っ最中です。場所によってはチケットまだあるんじゃないかな。

    どこのライブにも駆けつけるロストマン
    私の顔を隠してる老人ですけど、これは荻野純さんの漫画「γーガンマー」に出てくるMr.ロストマンというヒーローです。足りない頭を首にぶら下げて。
    作者が好きな特撮ヒーロー、特撮映画のオマージュがふんだんに散りばめられたヒーロー漫画です。
    また作者が邦楽ロック好きで、巻末の人物紹介では各キャラクターにテーマソング設定しています。
    藤原前という、ヒーロー名がフレイムベイン、彼をヒーローとして導く女性の名前がレイ・ニコルといったBUMP OF CHICKENで全ての要素を構成されたキャラクターがいたりします。
    この荻野純という漫画家から私と同じ匂いを感じました。
    私のこんな偏屈なブログを読んでる人にはオススメできる漫画です。褒めてますよ。
    同作者の「透明人間の骨」という作品も大好きな漫画です。
    私と同い年という事実を知った時は愕然としました。新作待ってます。

    ひなつくりのプロモーションビデオを撮った
    これ「バビロン天使の詩」のPVについて触れた場面です。

    ラスサビ
    良MADに逃げる。
    本来こういう動画が作りたくて色々始めた気がするんですけどね。
    でも楽しいのでこれはこれでよし。
    「道なき道を」のところ、絵空事のらっこちゃん「誰も見たことがない」を当ててます。

    Yeah!のとこ個人的に好き過ぎて作ってる時50回ぐらい見返した気がします。

    アウトロ。女優部初登場から2ndライブまで。後半は楽曲パワーに頼りきりです。

    ということで「ひなつくりっと」でした。
    「僕たちの青春ロード」のPVを10月上旬に公開する、と前振りがされてまして、
    PV公開に合わせて投稿したかったというエゴが働いた結果、
    10/1公開もありえるからそれまでにはほとんど完成させなきゃ、とメチャメチャ集中してました。
    9/30、作業中に台風で停電してPCの電源落ちた時は本気で焦りました。
    仙台で購入したえのぐペンライトが唯一の灯りでした。持っててよかった。
    停電復旧後、HDDも無事でなんやかんや10/2には出来まして。
    いつでもかかってこい!と身構えていました。何度も自分で見返してました。
    結局10/10に公開されました。いつまで待たせんねん!
    そういった経緯もあり、1週間程寝かせた動画になってます。その辺りも楽しんで頂ければ。

    完全に私の趣味を盛り込んだ動画になってしまいました。
    私が感情を発露したかっただけのものです。
    でもまぁ、それでいいじゃないかと。
    け、決して再生数が少ないのを気にしてこんなことを言ってるんじゃないんだからねっ。

    さて、次回はこの不定期連載最終回ですたぶん。
    「正義の東京都23区の子」のはなし。
    タイトルめちゃめちゃ好きなんですよ。思いついた時自分が怖かった。

    次回もお付き合い頂ければ幸いです。
    ありがとう。それでは。
    2019.01.07 那須与一

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。