• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 週刊『夏野総研』vol.572【Jリーグ全体に“翼を授ける”レッドブルの参入】

    2024-02-27 08:00
    131pt
    ▼第572号
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         2024/02/27

    夏野剛メールマガジン 週刊『夏野総研』
              vol.572
    【Jリーグ全体に“翼を授ける”レッドブルの参入】
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    《目次》
    01.先週の出来事
    02.時事ネタPICKUP15
    03.Reading the world
    04.Q&A
    05.Product Lab
    06.Good Food Good Life
    07.時事ネタキュレーション
    08.編集後記

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    【01.先週の出来事】
     社会問題からプライベートな話題、訪れたレストランまで、「先週あったこと」をベースに、夏野剛の頭の中やプライベートを覗いていくコーナーです。
    ……………………………………………………………………
    ◆2024/02/19-2024/02/25

     社用車の買い換えを検討しており、今話題の「アルファードのLEXUS版」である『LEXUS LM』(https://lexus.jp/models/lm/)に試乗してきた。
     社用車として今までもアルファードに乗っていたが、いよいよLEXUS版が日本で発売されると聞いて試したくなったのだ。

     そもそもLEXUS LMは、なぜか日本では売り出されず、アジアや中東で数年前から発売されていた。
     これがよくわからない。日本ではIT系の経営者を中心に若手経営者の中でアルファードは非常に人気がある。乗り降りしやすいことと、セダンタイプの社用車だとオジサン臭いことから好まれていたのだ。
     値段的には600万円〜700万円で経営者が乗るクルマとしては安いが、何しろ2クラスの設定しかないので、どちらかの選択肢しかなかった。
     もっと早くLEXUSを売り出しても良かったはずなのに、トヨタは何を考えていたのか。中には並行輸入でわざわざ中東版のLMを輸入していた経営者も(特に芸能界には)多かった。

     ちなみに、旧ジャニーズのタレントさん達の移動車はほぼアルファード。年末の東京ドームでのカウントダウンイベントの際には東京ドーム地下駐車場が白いアルファードで埋め尽くされていたという。

     さて、いよいよ日本で発売されたLEXUS LM。お値段は2,000万円である。
     デザインはやはりアルファードよりも豪華な感じ。
     
  • 週刊『夏野総研』vol.571【au、行き当たりばったりの「ローソン買収」計画】

    2024-02-20 08:00
    131pt
    ▼第571号
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         2024/02/20

    夏野剛メールマガジン 週刊『夏野総研』
              vol.571
    【au、行き当たりばったりの「ローソン買収」計画】
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    《目次》
    01.先週の出来事
    02.時事ネタPICKUP15
    03.Reading the world
    04.Q&A
    05.Product Lab
    06.Good Food Good Life
    07.時事ネタキュレーション
    08.編集後記

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    【01.先週の出来事】
     社会問題からプライベートな話題、訪れたレストランまで、「先週あったこと」をベースに、夏野剛の頭の中やプライベートを覗いていくコーナーです。
    ……………………………………………………………………
    ◆2024/02/12-2024/02/18

    「世界の警察官」と言われ、世界最大の軍事力を持つアメリカの大統領選挙が行われる年となった。
     そして、アメリカファーストを叫び、国際情勢に関心が薄いことを隠そうとしないトランプ氏が優勢となっている。

     実は、いくら超大国アメリカといえども、一国の大統領として選ばれる過程で、国際関係に関する政策が注目されることは少ない。
     冷戦時代に、独裁的な社会主義・共産主義と対立していた時代には、大統領候補がどのような考えを持っているのかは大きな争点の一つになっていたが、現在は米中対立の時代とはいえ、経済的相互依存が強くなっている。このことから、冷戦時代のような緊迫感・危機感は、国民の間には薄いように感じる。
     そんな中、ロシアによるウクライナ侵攻が起こり、NATO加盟国はウクライナ支援を続けている。しかしトランプ氏はウクライナ支援の見直しや、NATOとの関係性の見直しを示唆しており、その発言も支持されている。

     そもそもアメリカ国民がどれだけグローバル意識があるのか疑問がある。
     アメリカ人のパスポート保有率は42%だが、2007年にカナダとメキシコに行く際もパスポートが義務づけられる前は30%以下であった。
     移民排斥を叫ぶ勢力も根強い。市場解放よりも産業保護を求める声は、特に製造業と農業に大きく、政治家はそのような声を無視できない。
     CNNを見ていても、当然のことながら国際的な情勢やニュースよりも国内のものがはるかに多く、国民の関心はやはり国内中心であることが分かる。
     
  • 週刊『夏野総研』vol.570【トランプ再選は「トヨタの追い風」となるか】

    2024-02-13 08:00
    131pt
    ▼第570号
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         2024/02/13

    夏野剛メールマガジン 週刊『夏野総研』
              vol.570
        【トランプ再選は「トヨタの追い風」となるか】
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    《目次》
    01.先週の出来事
    02.時事ネタPICKUP15
    03.Reading the world
    04.Q&A
    05.Product Lab
    06.Good Food Good Life
    07.時事ネタキュレーション
    08.編集後記

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
    【01.先週の出来事】
     社会問題からプライベートな話題、訪れたレストランまで、「先週あったこと」をベースに、夏野剛の頭の中やプライベートを覗いていくコーナーです。
    ……………………………………………………………………
    ◆2024/02/05-2024/02/11

     週末からニセコに来ている。
     ニセコは一大リゾートなので、ニセコの中でも地域差はあるだろうが、今回宿泊している『パークハイアットニセコ』(https://bit.ly/49cT21V)ならびに『花園スキーエリア』(https://bit.ly/3SRbkjD)は、これからの日本の地方リゾートのあるべき姿を示しているので紹介したい。

     パークハイアットニセコについては昨年もレポートしているので今回は割愛するとして、今回は花園スキーリゾート全体について語りたい。
     花園エリアはニセコの中でも一番端に位置し、あまり注目されないエリアであった。しかし20年前に香港資本がエリア全体を買収した後、めざましい発展を遂げる。
     まずリフト。10人乗りのゴンドラと6人乗りのクアッドリフトを配し、超高速で運転する。しかもゴンドラはヨーロッパ製の極めてオシャレなものだし、クアッドもフードも座席のヒーターも含めて最新式。しかも速い。その分リフト代も高いのだが、外国人にとってはむしろ安いらしく何の問題なし。

     客層の9割が外国人で、スキーリフトの従業員もスキースクールのインストラクターも9割が外国人。徹底している。