使用機種:セガマーク III[本体改造経過報告20150609版]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

使用機種:セガマーク III[本体改造経過報告20150609版]

2015-06-10 02:27
    ■前回までのあらすじ・・は→コチラ

    さて前回は出力端子のみを付けただけでしたが今回は配線を行いました
    まず基板の裏からS端子の2つの線と電源9Vを取り出しました




    S端子のハンダは一応の念の為、ホットボンドで固定し間違ってもGNDに短絡しないように
    電源はこの頃はセンターマイナスなので間違えないように気をつけました。
    電源が赤、GNDが黒と決めているからここで間違えなければ問題ないです。
    そして基板上部にあげる穴は元から開いていた何も使っていない穴を利用しましたが
    穴を通る部分にこすれ対策として収縮チューブで保護を行いました


    で、RGB等の信号などを半田付け。印刷されてるからわかりやすいですね




    もちろんR=赤、G=緑(黄緑)、B=青(空)CSYNC=白の線を使い
    わかりやすくしました。ついでに収縮チューブで配線ごとに分別し
    まとまるようにしました。
    後はコネクタの端子をつけていくだけです




    S端子変換基板側にも配線をだし両方にコネクタをつけて接続。
    もちろん電源や信号を出す配線側はメス、貰う配線側はオスという配線する人に
    とっては常識的なことはやってます。
    これで仮に画面に映したところ・・・く・・・暗い!
    RGB変換基板のバリオーム値を変えて限界でも暗い

    (注:アマレコで画面キャプチャしたものです)


    やっぱ変換基板の前の信号で増幅しとくべきだったかなー
    ちなみにセガマークⅢの標準のビデオ映像はコレ↓
    もともとボヤけてます(笑)テレビでみる映像はもっとボヤけてるように感じるかも

    (注:アマレコで画面キャプチャしたものです)


    さぁ今度はアンプ回路か~これで終わると思ったのに疲れるなー(汗)

    しっかしマークⅢの基板おもてを見るとわかるけどジャンパー線多すぎでしょ(笑)
    増設基板取り付け位置に悩むわー

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。