うにゅほとの生活2156
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2156

2017-10-28 23:44

    2017年10月28日(土)

    「──あ、ダメだ」
    クロレッツのボトルに手を伸ばしかけ、慌てて引っ込める。
    「ガム、だめなの?」
    「銀歯ができるまで、仮の詰め物をしてるんだよ」
    「あー……」
    うにゅほが、うんうんと頷く。
    「ガムかんだら、とれちゃうね」
    「そうかも」
    ガムは、案外大丈夫かもしれない。
    だが、キャラメルを食べたら確実に取れるだろう。
    食べないけど。
    「みぎでかむとか」
    「顎痛くなりそう」
    「そだねえ……」
    「ガム食べなきゃ死ぬわけでもないし、しばらく我慢するよ」
    「ダイエット、だいじょぶ?」
    「うん……」
    もともと、小腹が空いたときのために用意したものだ。
    「まあ、気休め程度だし」
    噛めば噛むほど満腹中枢が刺激されるらしいが、どうあっても100にはできまい。
    「でも、◯◯、やせたねえ」
    「わかるか」
    「うん、しゅってした」
    目に見えて痩せたのなら、ダイエットをした甲斐があったというものだ。
    「これでも、一時期よりはまだ体重あるんだけどな」
    「むかし、すーごいほそかったもんね」
    「そんなに?」
    「かおとか、げそってしてた」
    「二年くらい前の写真とか見ると、たしかに……」
    「ね」
    「××はあんま変わらないよな」
    「まえより、すこし、ふとったきーする」
    「そうかあ?」
    ぜんぜんわからん。
    「わたしも、ダイエットしようかなあ……」
    「やめときなさい。不要なダイエットは、逆に太るぞ」
    「そなの?」
    「1kg痩せて2kgリバウンドするとか、ざらにあるからな」
    「それはやだな……」
    痩せるのは簡単だが、維持するのは難しい。
    ダイエットとは、かくも面倒なものなのである。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。