うにゅほとの生活2452
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2452

2018-08-22 23:39

    2018年8月22日(水)

    暇だったので、うにゅほで遊ぶことにした。
    「××、××」
    「?」
    うにゅほが、読んでいた本から顔を上げる。
    「じゃーんけーん」
    「わ」
    右手を軽く振りながらじゃんけんの構えを取ると、うにゅほが慌てふためいた。
    「しょ!」
    「ほ!」
    俺は、グー。
    うにゅほは──
    「なんだそれ」
    チョキに似ているが、指が三本立っていた。
    「──…………」
    す。
    無言で薬指を畳む。
    「いまさらチョキにしても、負けだぞ」
    「うー……」
    「チョキとパーが混ざったのかな」
    「たぶん」
    「負けた××は、罰ゲームです」
    「なんだろ……」
    「今回の罰ゲームは、セルフサービスとなっております」
    「せるふさーびす?」
    うにゅほが小首をかしげる。
    「自分で罰だと思うことを考え、実行してください」
    「ばつ……」
    「開始!」
    「わ」
    「ごー、よん、さん──」
    「まって! まって!」
    「にいー……」
    「うと」
    ぺち!
    「た!」
    うにゅほが、自分の額にデコピンをしてみせた。
    「いーち……」
    「いまの、だめなの!」
    「いや、いいけど」
    「よかったー……」
    ほっと胸を撫で下ろす。
    面白い。
    「──…………」
    「──……」
    「……◯◯、わたしであそんだしょ」
    「はい」
    「もー!」
    からかいがいのある子だなあ。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。