うにゅほとの生活2461
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2461

2018-08-31 23:45

    2018年8月31日(金)

    「──ピーマンの肉詰め」
    「?」
    うにゅほが顔を上げる。
    「ピーマンの肉詰めって、報われない料理だよな」
    「ピーマンのにくづめ、たべたいの?」
    「いや特に……」
    「……?」
    うにゅほが小首をかしげる。
    「ピーマンの肉詰めの材料って、ピーマン抜いたらほぼハンバーグじゃん」
    「そだね」
    「ハンバーグは、大人も子供も大好き。俺も大好き」
    「わたしもすき」
    「でも、ピーマンの肉詰めは、好みが分かれる。好きな料理ランキングを集計したら、確実にランクは落ちるだろう」
    「そうかも……」
    「ハンバーグに材料を足して、詰める手間まで掛けたのに、結果はこれだ。報われない」
    「◯◯、ピーマンのにくづめ、きらい?」
    「嫌いじゃないけど……」
    「ハンバーグのほう、すき?」
    「好き」
    「むくわれないね……」
    「報われない」
    ふと思う。
    「……もしかして、ピーマンありきの料理なのかな」
    「ピーマンありき?」
    「野菜嫌いの子供がピーマンを食べられるように、ハンバーグの要素を足した──とかなのかなって」
    「あー」
    いかにもありそうな話だ。
    「いずれにしても、ピーマンの肉詰めを手間暇掛けて作るくらいなら、いっそハンバーグが食べたいなって話」
    「ピーマンのにくづめ、さいごにつくったの、いつだっけ」
    「一年は食べてない気がする」
    「なんで、いきなり?」
    「さあ……」
    思いついてしまったのだから、仕方がない。
    平和な午後のことだった。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。