うにゅほとの生活2745
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2745

2019-06-14 00:51

    2019年6月13日(木)

    すこし時間があったので、うにゅほの髪を縛って遊んでいた。
    「まずはポニーテール」
    「おー」
    「たまに見るから新鮮味はないな」
    うにゅほが姿見を覗き込む。
    「ちょっとずれてる」
    「慣れてないもので……」
    ポニーテールを解き、側頭部で髪をまとめる。
    「サイドテールはどうだ」
    「うで、くすぐったい」
    うにゅほの髪は、長い。
    サイドでまとめても肘まで届くほどだ。
    「あと、ちょっとおもい……」
    「左右のバランスが悪いか」
    「うん」
    「じゃあ、半分くらい右側に持ってきて──」
    両側頭部で髪を縛る。
    「ツインテールだ!」
    「りょううで、くすぐったい」
    まあ、そうなるな。
    「──…………」
    姿見越しにうにゅほを観察する。
    「……ツインテールはさすがにあざといな」
    「あざとい?」
    「地下アイドルがしてそうな髪型だ」
    「……?」
    うにゅほが小首をかしげる。
    「あ、それあざとい。あざといわー」
    「へん?」
    「変ではないし似合うけど、別のくくり方がいいな」
    「おねがいします」
    「左右でまとめて、折り畳んで──」
    しばりしばり。
    「うん、弥生人って感じ」
    「ほんとだ、やよいじんだ!」
    面白いけど、ファッション的にどうなのだろう。
    ないよな。
    「ね、おかあさんにみせてきていい?」
    「いいぞ」
    「いってきます!」
    階下へ向かううにゅほの背中を見ながら、すこし反省する。
    もっと可愛らしく髪を縛れるようになりたいものだ。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。