うにゅほとの生活2757
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2757

2019-06-25 23:36

    2019年6月25日(火)

    風呂上がりに窓際で涼んでいると、どこからか懐かしい音が鳴り響いた。
    それは、リコーダーの音色だった。
    「どっかで子供がリコーダーの練習してる」
    「ほんとだ」
    「ぶんぶんぶん、だな」
    「ぶんぶんぶん、はちがとぶー」
    運指が複雑になる"おいけのまわりに"の辺りからbpmが下がるのも可愛らしい。
    「こうしてると、いろんな音が聞こえてくるな」
    「うん」
    まず意識にのぼるのは、断続的に響くゴルフの打球音だ。
    ゴルフ練習場から程近い我が家では、実に聞き慣れた音である。
    さらに集中すると、げこげことカエルの鳴き声が耳朶を打つ。
    「かえるかな」
    「虫の音も混じってる気がする」
    「かわでないてるのかな」
    「たぶん」
    近場を流れる小川へ赴けば、きっと、大合唱が聞けるのだろう。
    行く気はさらさらないが。
    しばし夜の音に聞き入っていると、
    「あ、ぼうそうぞくだ」
    「暴走族だなあ……」
    空吹かしの音が高らかに響き渡る。
    やかましいことこの上ないが、風物詩と言えば言えなくもない。たぶん。
    「……窓閉めるか」
    湯冷めしてもつまらないし。
    「わたし、ねるへやのしめてくるね」
    「頼む」
    手分けして自室の窓を閉め、しばらくのちのことだった。
    「──あ、パトカーのおとする」
    「誰か呼んだかな」
    あるいは、単純に聞きつけたのかもしれない。
    自分はここにいるのだと喧伝しているようなものだし。
    「つかまるかなあ」
    「捕まっても、またやるよ。正の方向で承認欲求を満たせないんだから」
    「そか……」
    暴走族なんて、どうだっていい。
    卓上鏡を覗き込みながら、そろそろ床屋へ行くべきか悩む俺だった。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。