うにゅほとの生活2783
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2783

2019-07-21 23:50

    2019年7月21日(日)

    理想の枕を手に入れるため、オーダーメイド枕の専門店へ赴いた。
    「では、こちらに横になっていただけますか?」
    「はい」
    枕選びのプロであるピローフィッターの言葉に従い、靴を脱いでベッドに横たわる。
    「よろしくおねがいします……」
    うにゅほが、ピローフィッターにお辞儀をする。
    「あ、おまかせください」
    ピローフィッターが、戸惑いながら会釈を返した。
    「──…………」
    ちょっと恥ずかしい。
    三十分ほどかけてフィッティングを終え、すこし固めの枕を購入する運びとなった。
    「いままでずっと低反発だったから、ちゃんと寝れるか不安だな……」
    それなりに高かったし。
    「ていはんぱつ、しっくりしなかったの?」
    「微妙だった。よくある、首元が膨らんでるタイプだったろ」
    「うん」
    「あのせいで、こう、圧迫される感じがあってさ」
    「あー」
    「帰ったら、ためしに昼寝してみよう」
    「もう、ゆうねだね」
    「だな」
    帰宅し、オーダーメイド枕を開封する。
    うにゅほが、枕をぽすぽすと叩きながら、
    「ほんとだ、かたいね」
    「パイプが入ってるらしい」
    「パイプ?」
    「ストローを細かく切ったみたいなやつ」
    「あ、みたことある」
    「よくある素材だからな」
    マットレスの上にオーダーメイド枕を設置し、横になる。
    ざら。
    枕の中から小気味良い音が響いた。
    「……じゃあ、三十分経ったら起こして」
    「はーい」
    アイマスクを装着し、そのまま目を閉じた。

    ──三十分後、
    「◯◯、じかんだよー」
    「んが」
    寝てた。
    「ねごこち、いい?」
    「──…………」
    「わるい?」
    「わからん……」
    「わからんの」
    「劇的に何かが違うってわけでもないかなあ」
    「そなんだ……」
    三十分程度の仮眠では判断がつかない。
    評価を下すには、最低でも、一晩は使用する必要がありそうだ。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。