うにゅほとの生活2839
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2839

2019-09-18 00:45

    2019年9月17日(火)

    「あ゙ー……」
    低音が喉を震わせる。
    完全に声帯がやられていた。
    「でも゙、咳はすこし収まってきた気がする゙」
    「ほんと?」
    「寝れでる゙時点で、だいぶまし」
    「きのう、ひどかったもんね……」
    「治りかけの感覚がある゙から、二、三日もすれば完治する゙──と、思う」
    「よかったー……」
    うにゅほが、ほっと胸を撫で下ろす。
    「しごと、できそう?」
    「なんとか」
    「むりしないでね……」
    「大丈夫。自分に甘いから゙」
    「そかなあ」
    「それより゙、風邪のせいで資格試験の勉強が手についてないのが問題」
    「あー……」
    「忘れ゙でだろ」
    「わすれてた」
    「ま゙あ、××は忘れててもいいんだけど……」
    「おうえんしないと」
    「それ゙は、うん。ありがとう」
    「しけん、いつだっけ」
    「十月上旬」
    「いっかげつない……」
    「三週間くらいだな」
    「うかりそう?」
    「わからない」
    一、二ヶ月みっちり勉強していれば容易に受かる程度のものだが、三週間となると厳しいかもしれない。
    「とにかく早ぐ治さないと、勉強どころ゙じゃない」
    「そだね……」
    咳のし過ぎで痛む頭を押さえながら、買ったきり開いていないテキストを見やる。
    別の意味でも頭痛がするのだった。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。