うにゅほとの生活2868
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2868

2019-10-17 02:02

    2019年10月16日(水)

    スマホを構え、デスクの上に飾り置いたキーボードを撮影する。
    角度を変え、裏返し、箱に入れ、何枚も何枚も。
    「なにしてるの?」
    「メルカリでキーボード売ってみようと思って」
    「めるかり」
    「知ってる?」
    「うん」
    うにゅほが、首を振りながら、小さく口ずさむ。
    「めるかりっ♪──てやつ」
    可愛い。
    「それ、CMだな」
    「うん」
    「何をするところかは?」
    「しらない」
    「簡単に言うと、ネット上のフリーマーケットだ」
    「ほう」
    「ほら、普通に売っても三千円とか五千円だからさ……」
    「そのキーボード、かったとき、おいくら?」
    「たしか、26,000円だったかなあ」
    「おたかい……」
    「これをなるべく高く売るために、頑張って写真を撮っているのだよ」
    「なるほど……」
    写真を撮影し終えたあと、メルカリのアプリを起動する。
    商品説明はあらかじめ用意してある。
    問題は、いくらで売るかだ。
    「いちまんえんくらいにする?」
    「いや」
    「もっと、おやすくする?」
    「このキーボード、過去に19,000円での販売実績がある」
    うにゅほが目をまるくする。
    「すごい……!」
    「だから、まず、19,000円で出品してみよう」
    「うれるかな」
    「たぶん売れない。値下げ交渉されると思う」
    「あー……」
    「だから、最低ラインを決めておこう」
    「おいくらにするの?」
    「一割引で、17,100円。だから17,000かな」
    「いけるかな」
    「行けるでしょう!」
    「おおー」
    俺の自信満々な態度に、うにゅほが小さく拍手を送る。
    「その拍手は売れたときに取っておいてくれい」
    「はーい」
    さて、メルカリでの初出品だ。
    本当に売れるのだろうか。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。