うにゅほとの生活2870
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2870

2019-10-18 23:58

    2019年10月18日(金)

    「うーん……」
    スマホ片手にこれ見よがしに唸ってみせる。
    「う──……、ん」
    「どしたの?」
    声を掛けてほしいとき、ちゃんと声を掛けてくれるうにゅほはいい子である。
    「実は、あのキーボードを16,000円で売ってほしいって人が現れた」
    「おー!」
    うにゅほが、ぽんと手を叩く。
    「すごいね!」
    「でも、ほら、17,000円を最低ラインにしてただろ」
    「あー」
    「だから、どうしようか迷ってて」
    「わたしは、うっていいとおもうなあ」
    「やっぱり?」
    「ふつうにうったら、ごせんえんだもんね」
    「手数料の一割と送料引いても二倍以上にはなるもんなあ」
    「すごいよね」
    「じゃあ、売るか!」
    「うろう!」
    実を言うと、既に腹は決まっていた。
    背中を押してほしかっただけだ。
    16,000円のオファーを承諾すると、ほんの数分で購入された。
    「おお、本当に売れた……」
    「あとは、おくるだけ?」
    「うん」
    「じゃあ、こんぽうだね」
    ちょうどいいサイズの段ボール箱は既に用意してある。
    気が早いかと思っていたが、正解だ。
    「××、新聞紙持ってきてくれない?」
    「しんぶんし?」
    「くしゃくしゃにして、緩衝材にする」
    「わかった!」
    キーボードを箱に詰め、箱を段ボール箱に詰め、隙間に新聞紙を押し込む。
    最後に布ガムテープで封をして、梱包は完了だ。
    「よし、セブンイレブンに行こう」
    「ゆうびんきょくじゃないの?」
    「セブンイレブンでいいらしい」
    「セブンイレブン、すごいねえ……」
    「たしかに」
    最近のコンビニは便利過ぎる気がする。
    コンビニ店員の時給をもっと上げるべきではないか。
    セブンイレブンで発送を済ませ、ついでにもっちりクレープをふたりぶん購入して帰宅した。
    「おかね、いつはいるかな」
    「キーボードが相手に届いたあとみたい」
    「そか」
    問題なく口座に振り込まれたなら、もっといろいろなものを売ってみてもいいかもしれない。
    高額で売れそうな不要品は、まだまだあるのだ。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。