うにゅほとの生活2972
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活2972

2020-01-29 01:14

    2020年1月28日(火)

    自室の窓から外を見やる。
    「今年、ほんと雪少ないよなあ」
    「うん……」
    「ちょっと太い道路に出たら、もうアスファルト見えてるもんな」
    「はるみたい」
    「春とまでは言わなくても、二月下旬か三月上旬くらいの積雪ではある」
    「ゆきどけかんある」
    「わかる」
    降ってないのに雪解けとは、これいかに。
    「スキー場、ダメかな」
    「たぶん」
    「だよなあ」
    「うん」
    「まあ、スキー行かないから関係ないけどな」
    「そだね」
    「雪まつり、延期するかもって噂もある」
    「ゆきまつりが……」
    「まあ、たぶん行かないけど」
    「ひとすごいもんね」
    「つまり──」
    「つまり?」
    「雪が少なくて困ることなど、俺たちにはない!」
    「ゆきかきしたい……」
    「積もった雪をどかすだけの不毛な運動、必要ありません」
    「そのろんりだと、リングフィットもふもうなうんどうでは……」
    「……あれはダイエットだし」
    「ゆきかきも、ダイエットになるよ」
    「──…………」
    「なるよ?」
    「あれは、ほら、左右バランスの良い運動とは言えないから、下手をすれば腰とかやっちゃうし」
    「ぐ」
    「特定の場所だけに負担をかけ続ける運動は、ダイエットに向いているのかな」
    「でも、ゆきかき、やらないとこまるから、しぜんとつづけられるし」
    「今年は降ってないようですが?」
    「ぐぬ……」
    「リングフィットの勝ちだな」
    「……こんかいは、かちをゆずります」
    次回があるのかわからないが。
    雪の降らない冬が今後も続いてほしいものだ。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。