うにゅほとの生活3000
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活3000

2020-02-27 01:26
  • 5

2020年2月26日(水)

左目のかすみの原因を究明するため、眼科へ行ってきた。
結果、
「左目だけ、乱視が進んでたんだって」
「らんし……」
うにゅほが表情を曇らせる。
「らんしって、だいじょぶ……?」
「乱視は大丈夫だけど、財布が大丈夫じゃない。眼鏡買い替えないと」
「あー」
「レンズ特注になるから、高いぞきっと……」
だが、視覚に関して出費を渋る気はない。
「眼鏡買いに行くとき、付き合ってくれな。どれがいいとかわからないから」
「うん、わかった」
「××のセンスだけが頼りだからな……」
眼鏡を選ぶ際は、店頭に並ぶ眼鏡のフレームを掛けなければならない。
だが、当然ながら、フレームにはレンズが入っていない。
鏡に映った自分の顔すら判然としない俺の裸眼視力では、ひとりで眼鏡を選ぶことが事実上不可能なのである。
「つぎ、どんなめがねにしようかなー」
「あんまり冒険しないでくれよ。俺の眼鏡なんだから」
「にあうのしかえらばないから、だいじょぶ」
うにゅほの笑顔に一抹の不安を感じながら、日記を書くためキーボードへと向かう。
「──あ、今日で3000回じゃん」
「?」
「日記。3000回目」
「おー」
「すごいだろ」
「すごい」
「××、日記続いてる?」※1
「つづいてるよー」
そう言って、うにゅほが胸を張る。
「父さんの大腸内視鏡検査の日からだから、たしか2月10日だろ。それなら今日で17回目か」
「まだ、じゅうななかい……」
「俺は3000回」
「すごい!」
最初の"すごい"より実感が篭もっていた。
「にっき、いつまでかくの?」
「日記って、いつまでとかなくない?」
「しぬまで?」
「そこまでは言わないけど……」
ともあれ、"うにゅほとの生活"はまだ続く。
今後もよろしくお願いいたします。

※1 2020年2月18日(火)参照




バックナンバーはこちらから
ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


動画版はこちら

広告
×
あー。眼鏡選びの苦悩わかるわ~。
だから結局毎回同じような形を選んでる(´・ω・`)
1ヶ月前
×
それはさておき3000回おめでとうございます。
この調子なら10周年も迎えられそうですね。
1ヶ月前
×
>>2
ありがとうございます!
このまま行ければ、十年もすぐかなと
裸眼視力が悪すぎると、眼鏡選び大変ですよね……
1ヶ月前
×
おめでとうございます。
1ヶ月前
×
>>4
ありがとうございます!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。