うにゅほとの生活3242
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活3242

2020-10-26 01:31

    2020年10月25日(日)

    「──…………」
    むくり。
    起床し、スマホで時刻を確認する。
    午後四時半。
    「マジか……」
    眠りに眠り果ててしまった。
    今日は安静にするとうにゅほと約束していたから、構わないと言えば構わないのだが、やはり損をした気分にはなる。
    「おきた?」
    自室の書斎側から、うにゅほがこちらを覗き込む。
    「おはよう……」
    「おはよ」
    「暗い」
    「よじはんだもん……」
    「四時半でも、もうだいぶ暗いんだな」
    「ふゆ、ちかいもんね」
    「冬か……」
    寒いのは、まだいい。
    雪のことを考えると、憂鬱になる。
    「あし、どう?」
    「ん」
    布団から足を出し、足の裏を軽く揉む。
    「特には。明日の歩き仕事、大丈夫そうかな」
    「そか」
    「無理はしないよ」
    「うん、しんじてる」
    「──…………」
    信じてる。
    その言葉は、重く受け止めねばなるまい。
    うにゅほの頬に手を添えて、言う。
    「心配かけて、ごめんな」
    「うん」
    うにゅほが、俺の手に頬擦りをする。
    足をひねっただけなのに、不治の病にでもかかったような気分だ。
    「──……あふ」
    あくびが漏れる。
    「ねむいの?」
    「寝過ぎて眠い。起きるわ」
    「うん」
    図らずも短くなってしまった休日を、ぼんやりと過ごしたのだった。




    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    小説家になろうで異世界小説始めました


    異世界は選択の連続である ~自称村人A、選択肢の力でヒーローを目指す~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。