ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

うにゅほとの生活3367
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活3367

2021-02-28 01:55
  • 2

2021年2月27日(土)

どこへも行けないコロナ禍の午後、優雅に昼寝をぶっこいていたときのことだ。

──ビキッ!

「ウッ!」
鋭い痛みが右肋骨下に走り、俺は思わず目を覚ました。
「◯◯……?」
漏れ出た声が聞こえたのか、うにゅほが書斎側からこちらを覗き込む。
「いッ、つ……」
「え、どしたの!」
「わかんない、なんか、あばらの下の筋が痛い……」
「つった?」
「そんな痛み……」
「きゅうきゅうしゃ!」
「早い早い」
うにゅほの頭を撫でて、身を起こす。
「つ──」
だが、それすら容易にはできない。
痛みが走る。
「筋を痛めたっぽいけど、なんて寝ててなるんだ……」
「だいじょぶ?」
「動かなければ大丈夫そう」
「そか……」
「せっかく、夢で××といちゃいちゃしてたのに」
「……うへー」
うにゅほが、照れたように笑う。
「痛みが走った瞬間、××に拳銃で撃たれたことになったけど」
「えー!」
「××、ひどい」
「しらないよ……」
「そりゃそうだ」
「もー」
「とりあえず、ロキソニンテープでも貼って様子を見ようか」
「うん」
現状、痛みは好転も悪化もしていない。
このまま痛みが和らがないようなら、月曜日にでも病院へ行くことにしよう。




バックナンバーはこちらから
ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


小説家になろうで異世界小説始めました


異世界は選択の連続である ~自称村人A、選択肢の力でヒーローを目指す~
広告
×
お大事に。部位的には 肋間神経痛 なんてのが症状的にはあっているような、原因は色々あるっぽいですね、一応検索などしてみて症状的に合致するようなら程度しだいにもよりますが、医者にかかることをお勧めします。
1ヶ月前
×
>>1
とりあえず病院へは行ってみます……
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。