ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

うにゅほとの生活3442
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活3442

2021-05-14 01:27
  • 4

2021年5月13日(木)

「うゥ……」
下腹を撫でつつ、トイレから帰還する。
昨夜から腹を下しているのだった。
「◯◯、だいじょぶ……?」
「……大丈夫、大丈夫」
あまり大丈夫ではないが、そう答えるより他にない。
「あかだま、のむ?」
うにゅほが、赤玉はら薬を手に取る。
「飲む……」
朝と昼にも飲んだのだが、効果が切れるとこの体たらくだ。
「あ」
「どした」
「あかだま、ない……」
見れば、PTPシートに錠剤は残っていなかった。
「あたらしいの、もってくるね」
「いや、たしか──」
クローゼットを開き、中の引き出しを探る。
「あった。ほら、正露丸」
「あ、◯◯、とうきょういったときの」
「そう。歌舞伎町で買ったやつ」
数年前、FRENZというイベントに参加した際に急な腹痛に見舞われ、慌てて買った正露丸である。
「わたし、おいてったときの……」
「ごめん」
「いいけど……」
尾を引いているらしい。
うにゅほを連れて泊まりがけで函館に行く計画があったのだが、無期限延期となっている。
今はさすがに時勢が悪い。
「──うッ」
腹痛が再燃する。
「せいろがん、のんで」
うにゅほが緑茶をコップに注いでくれる。
急いで正露丸を飲み下し、再びトイレに駆け込んだ。
日記を書いている時点では下痢は治まっているが、いつまた下るかわからない。
在宅勤務に戻ってよかった。




バックナンバーはこちらから
ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


小説家になろうで異世界小説始めました


異世界は選択の連続である ~自称村人A、選択肢の力でヒーローを目指す
広告
×
一日中下ってるとなるとさすがに心配ですね。
何か悪いものを食べたか、
あるいはO-157のたぐいか。

無理せずに病院のいくことも視野に入れてください。
お大事に。
1ヶ月前
×
気温湿気ともに上がってきておりますからね。自宅にいる分買い置きの食材なども増えているでしょうから。
日を超えて引きずるようなら受診をお勧めします
1ヶ月前
×
>>1
今日は大丈夫でした……
でも、最近下し気味なので、すこし気を付けよう
1ヶ月前
×
>>2
ナマモノはなるべく放置しないようにしなければ
暖かくなってきましたからね
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。