うにゅほとの生活909
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活909

2014-05-24 23:40

    2014年5月23日(金)

    旅先でこの日記を書いている。
    Bluetoothのキーボードは慣れないが、仕方がない。
    午前九時、戦地へと赴くかのような見送りに後ろ髪を引かれながら、友人の車に乗り込んだ。
    目的地は釧路である。
    一泊二日で帰れる距離となると、道外はさすがに無理だ。
    いずれ東京などに行く用事ができるかもしれないが、そのときはそのときで考えよう。
    最初の電話があったのは、出発してから一時間後のことだった。
    「──……もしもし、○○?」
    「……さすがに早くない?」
    「どこ?」
    「どこもなにも、まだ札幌だけど……」
    二言三言会話して、通話を終えた。
    それからも、思い出したように電話が掛かってきた。
    ほんのすこしでも会話をすると、気持ちが落ち着くようだった。
    いろんな意味で旅行している気分にならない。
    電話の持ち主である母親は、聞こえよがしに苦笑していたけれど。
    ともあれ、明日には帰るのだ。
    おみやげはなんにしようかな。



    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。