うにゅほとの生活1243
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活1243

2015-04-23 23:39

    2015年4月23日(木)

    「──いよし、できた!」
    日立製の電動ドライバーで五連のウォールハンガーをビス止めし、ほっと息をついた。
    「おー」
    「斜めってない?」
    「うん」
    うにゅほが小首をかしげる。
    「でも、なにかけるの?」
    「言ってなかったっけ」
    「いってなかった」
    「ここにベルトを掛けようと思ってさ」
    「べると……」
    クローゼットの扉を開き、内側を示す。
    「ほら、いままでずっとネクタイラックに無理矢理引っ掛けてたから」※1
    「あー」
    「それに、ちょっとしたインテリアにもなりそうだし」
    「なるかなあ」
    「なるなる」

    掛けてみた。

    「ならなかった……」
    「うん」
    ベルトをインテリアにする、という発想自体は間違っていなかったようなのだが、
    「ベルトがみんな中折れしてるのがなあ……」
    「へろへろしてる」
    ネクタイラックに掛ける際、半分に折り曲げていたのがよくなかったらしい。
    「まあ、便利だからいいけど……」
    最低限の仕事は果たしている、はず。
    「ね、◯◯」
    「うん?」
    「わたしのベルト、かけていい?」
    「いいけど……」
    うにゅほが、穿いていたジーンズから細身のベルトを抜き取った。
    「はい!」
    「──…………」
    そういえば、うにゅほの持っているベルトってこれ一本だけだったっけ。
    「ズボン下がらないか?」
    「だいじょぶ」
    「……なら、いいか」
    真ん中のフックにうにゅほのベルトを掛けると、なんだかすこしマシになったような気がした。
    使わないベルトとか、処分しようかなあ。

    ※1 2014年3月9日(日)参照



    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。