うにゅほとの生活1250
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うにゅほとの生活1250

2015-04-30 23:39

    2015年4月30日(木)

    「わー……」
    感嘆の声と共に、うにゅほが空に手を伸ばした。
    白い白い花弁のあいだに新緑の葉が顔を覗かせている。
    「さくら、きれいだね」
    「ああ」
    しかし、いまいちありがたみがないのは、玄関を出て一分のところに立派な桜があるからだろう。
    贅沢な悩みではあるが、せっかくなら遠出したいものだ。
    「──××、ヨドバシ行くか」
    「いく」
    即答するのが実にうにゅほらしい。
    財布とキーを持ってきていたので、そのままミラジーノに乗り込んだ。
    「なにかうの?」
    「ちょっとな」
    実を言うと、ヨドバシカメラへ行くのが目的ではない。
    新川沿いの通りを札幌駅に向かって南下していくと、
    「わあー……!」
    そこに桜並木があった。
    散り際の桜が枝を震わせ、その花びらがアスファルトを化粧している。
    「すごいね!」
    「俺も最近知ったんだけど、日本一の桜並木って言われてるんだってさ」
    「にほんいち!」
    「長さがな」
    「ながさ!」
    うにゅほのテンションが高い。
    桜、好きだもんな。
    俺もだけどさ。
    「はー……」
    「この桜並木を見ようと思って」
    「すごいねえ……」
    「ぐるっとUターンして、もっかい見るか?」
    「ヨドバシは?」
    「ヨドバシは──」
    桜並木を通るための口実だ。
    特に用事があったわけではない。
    「ヨドバシのかえり、またみよう」
    「……そうだな」
    電器屋さん、好きだもんな。
    俺もだけどさ。



    バックナンバーはこちらから
    ヤシロヤ──「うにゅほとの生活」保管庫


    動画版はこちら

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。