• 【自作PC】三連一体型FAN

    2019-11-20 15:47
    どうも!neco太でございます。

    さて、3か月ぶり?のブログもどきでございます(;^_^A
    ちょっといろいろとありまして更新ができていませんでした…
    が、その間にネタ探しだけはしておりましたので
    また頑張ります(;^ω^)

    で、今回なのですが…
    こちらです(*'ω'*)


    CoolerMasterのMasterFan SF360R ARGB です。
    なんとこちら…


    120mmファンが3個繋がっているのです!1個づつねじ止めの必要が省けるのでいいですね
    おまけに羽以外真っ黒で防振ゴムもついてるのでいい(*'ω'*)
    ただ…私がこれを購入したのはそこではないのです…
    購入を決めた理由…それは…


    4ピン1本でファン3個を制御できるというところ!!!
    ※左側は3ピンARGB(こちらも1本でファン3個のRGBを制御できます)

    私の現在PCコンセプトはなるべく配線を少なくですのでこれは非常にありがたい…

    ちなみにほかの付属品は…


    左がARGB用のSATA接続ケーブル、右がARGBコントローラー



    左がARGBケーブルを延長接続したときに接続部を抜けにくくするカバー
    右がARGB延長時にメス同士用のコネクタ(これの正確な呼び方がわからない…)
    です(*'ω'*)

    結構シンプルで環境に合わせて必要になりそうなものがそろってるのはありがたい。

    では、さっそく取り付けていきましょう。



    ちなみに今回はメインPCの360mmラジエーター用に購入したので交換します。
    現在付け入るのはEK製120mmファン3個です。
    かなり静かで光らないので私は気に入っていましたが…やはりケーブル3本は…
    (ちなみに私はピカピカは気にしてないですw)


    (てかケース天面汚いな…掃除しておこ…)

    はい、付け替え完了(*'ω'*)
    本当は前面を見せるのがいいんでしょうが…
    私はラジエーターに対して排気で取り付けたいのでこうなりました(;^_^A
    でも、裏側でも結構いいなと思う…
    光らせる気は今のところないのでARGBさんはファン本体に巻き付けてますww

    うん、またケーブルが少なくなった
    満足満足(*'ω'*)

    ちなみにお値段はドスパラさんで約5000円ほど
    MasterFan SF360R ARGB MFX-B2D3-18NPA-R1 (3連型 ARGB)
    ↑ドスパラさんの商品ページです。

    私的にはこれなら買いでした|д゚)
    もしかしたらケース用にもう一個買うかも…
    (ケースもフロントが3連までつけられるのでw)

    ちなみに2連型と1個単体もあります(*'ω'*)

    久しぶりのブログもどき?はこれにて終了です
    最後まで読んでいただけたが方がいらっしゃいましたらありがとうございます。
    また次回もよろしければ読んでいってくださいです。
  • 広告
  • 【ノートPC再生計画】CPU交換&軽く掃除

    2019-08-23 16:51
    どうも!neco太でございます。

    前回はOSの初期化とWindows10へアップグレードしたわけですが
    今回はCPUを交換しようと思います(*'ω'*)
    現状はCeleronB815が搭載されています。
    まぁ、名称からわかる通りなかなかな低さですw

    スペックは
    2コア2スレッド ベースクロック1.60 GHz
    ちなみに第二世代IntelCPUです。

    おそらくクーラーの汚れもあるかと思いますが
    Windowsアップデートで余裕で100%使用率に張り付き爆熱を吐き出します。
    そして動作も超もっさり(;^_^A

    さて、ここでどれくらいの性能なの?って思う方もいるかと思います。
    (え?いないって?そもそも読んでる人もいないって?まぁまぁそんなことを言わずに)
    ベンチマークソフトのシネベンチR20の結果を載せておきますね。


    欄の一番下がCeleronB815のスコアです…
    スコア129…もっとやばいのもありますがこれもなかなかやばいですね…
    ちなみにシネベンチR15のスコアとは比較しないように数値の表記が異なりますので…

    ちょっとでも性能上げたいわけです(*'ω'*)
    そもそもノートPCのCPU交換って大丈夫?って話ですが
    保障外行為なのと故障の原因にもつながりかねないのでやらないほうがいいです。
    ただ、今回のノートPCはもう古いので保障ないですしそこまで大事なものでもないので
    壊れても気にしませんw
    そのために低予算でやっていますし(・∀・)

    で、CPU交換ですが…まずノートPCのCPUはマザーボードに
    〇直接はんだ付けされているもの
    〇デスクトップ等と同じソケットに固定されているもの
    上記二種類があります。
    そのため大前提としてソケットに固定されているものであることが必要です。
    調べ方は…自分で分解してみるかネットで調べるとわかると思います。

    今回のはソケット固定でしたので交換可能です(*'ω'*)
    次に現在のCPUが第何世代か調べます世代が同じものなら基本動きます。
    たまにだめなものもあるそうですが…
    ここで要注意なのはTDPです…簡単に言うと発熱しやすいかどうか…ですね。
    CPUクーラーは交換ができないので発熱しやすくて冷却が追い付かないと
    性能低下や故障に繋がりますから…
    ここはIntelのHPから各CPUスペックを比較して調べます。

    今回のは第二世代でTDP35wなので同じ第二世代でTDP35w前後の上位CPUを探します。
    で、中古で売られているかを調べて値段も調べた結果…
    Core i3-2350Mに決めました|д゚)

    スペックは
    2コア4スレッド ベースクロック2.30 GHz
    TDPは同じ35w
    i5にしようかなって思ったんですが割と値段が高いのと
    取り敢えずofficeを使う程度なのでi3にしました(*'ω'*)
    Amazonにて中古1000円でGET( ̄▽ ̄)

    さて、すでに記事がなかなかな長さになっていますが…
    さぁ分解してCPU交換といきましょう!
    ついでにクーラーの掃除も軽く…

    まず分解に関してですが、ネットですでに分解されている方の情報を頼りに
    分解しました、ネジが割と多いので失くさないようにすることと
    長さや太さに違うものが多いので戻す場合に間違えないようにするのが面倒ですね…

    取り敢えず四苦八苦しながら分解しました(*'ω'*)
    分解の過程はすっ飛ばしますww(いやぁ、あれを書くととんでもないことになるので…)




    さぁて、画像右側の銅色のところがCPUがあるところですので
    この銅色(ヒートパイプ)を外します。



    はい、こちらがCeleronB815です(*'ω'*)
    グリスがかなりはみ出てますねww
    ノートPC用CPUはデスクトップ用CPUと違ってヒートスプレッダ(銀のデカイやつ)が
    付いてません。
    そのためグリスかなり少なめで済みます。
    ささっと交換しましょう|д゚)



    はい、交換してグリスを載せました。
    (やべ、量多かった…けど、めんどいからこのままいこ…)

    あとは分解とは逆の手順で元に戻していきます(*'ω'*)
    CPUクーラーはエアダスターでほこりを飛ばしまくりました。

    元の戻して起動です(=゚ω゚)



    無事起動できました。
    タスクマネージャーからもCPUがちゃんと認識されているのが確認できました。

    では、再びシネベンチR20でスコアを計ってみましょう。



    シネベンチR20の結果はスコア412
    2倍以上に伸びました(*'ω'*)
    そして…クーラーの掃除をしたためかめっちゃ静かになりましたw

    動作もさくさく(*'ω'*)
    Windowsアップデートをかけても使用率60%くらいでした。
    (それでも割と使うんだな…)

    ちなみにかかった費用は…

    SSD:約2500円
    メモリー:約2000円
    CPU:1000円
    グリス:1200円(これは大容量のを買ったのでまだ余ってます)

    全部でやく約6700円でした。
    1万いないには収まったのでよし(*'ω'*)


    これにて、ノートPC再生計画は終了!(*'ω'*)
    長かった…
    内容はかなりざっくりとテキトウでしたが
    もし、ここまで読んでくださった方がいらっしゃいましたらありがとうございます(*'ω'*)
  • 【ノートPC再生計画】OSのリカバリー&Windows10アップグレード編※超ザックリ

    2019-07-19 19:56
    どうも!neco太でございます。

    さて、OSのリカバリーをしようかなと…


    で、OSのリカバリーってなに?
    って思う方やクリーンインストールとは違うの?
    という方に超ザックリと説明します(あくまで私の調べてやってみた感じで、です…)
    極論両方一緒です…やり方が若干違ったりなんだりしますが…
    最終的には基本同じ状態になります…
    そう…「初期化されます」
    まぁ、ちょっとだけ言うと…

    〇クリーンインストールは完全に初期状態
    〇リカバリーはお店で購入したノートPCやBTO系のデスクトップPCを出荷時の状態

    にすること、と思ってもらえたらいいかと…
    (あくまで私の調べた感じです…絶対ではないのと細かく言うとたぶん違うのでお気を付けください…)
    ちなみに「出荷時の状態」と「初期状態」ってなにが違うの?
    と、いう話になりますと出荷時というのは販売店が初期設定してセットになってる
    ソフトをインストールとかを済ませているいわゆる「カスタム」を済ませている状態
    のことです。

    たぶんこんな感じです。
    気になる方は調べてみるといいかもしれません。
    あくまで上記のは私はこう理解しているという感じです…

    で、やり方は複数あります。
    〇クリーンインストールは最初にOSのライセンスキーを購入した時についてきた
     USBメモリーやDVDからする方法とマイクロソフトのHPからデータをダウンロードして
     手持ちのUSBメモリーやDVDにインストールしてからする方法があります。
     ほかにもありますけど取り敢えずは手っ取り早いのはこれくらいです。

    〇リカバリーはお店で購入したものならリカバリーディスクを作成してくれてたり
     ショートカットキーでディスクがなくてもできたりします。
     ※詳しくはお手持ちのノートPCやデスクトップPCの取扱説明書やネットで公式HPを
      探してみてください

    私はまずリカバリーをかけます。
    で、その時に…あ、忘れてました。
    リカバリー時に今OSが32bitなので64bitに変更します。
    リカバリー時はこういうのもできます。

    で、そのあとWindows7なのでWindows10に
    クリーンインストールでアップグレードします。

    まずはリカバリー、私の東芝のdynabook Satellite B451 Eは
    リカバリーディスクが付いていますが面倒なのでショートカットキーでの
    リカバリーをします。
    …………

    あれ…写真がない!?

    はい…撮ったはずがPCに取り込んだりなんだりするときに
    その写真をやらかしてしまってるようです…
    すみません……
    あったのはWindows10までアップグレードしたところからになります…



    ちなみにここで
    「あれ?Windows7から10のアップグレードってもう終わったんじゃ?」
    「Windows10にアップグレードしたら不具合が…」
    と思われる方がいるかもしれません。

    アップグレードに関しては
    Windowsアップデートでアップグレードできるのが終了しているだけで
    インストールメディアを作成して手動でアップグレード自体はいまもできます
    ※2019年7月19日現在
    どうやるのかというと…

    【Windows10インストールメディア作成手順】

    まずMicrosoftのHPから「ツールを今すぐダウンロード」から
    「MediaCreationTool○○○○(バージョン名)」をダウンロード
               ↓
    空のUSBメモリー(8GB以上)を用意してダウンロードしたツールを起動
               ↓
    しばらくすると「適用される通知とライセンス条項」
    というウィンドウが開くから「同意する」をクリック
               ↓
    そうしたら「実行する操作を選んでください」となるので
    〇このPCを今すぐアップグレードする
    〇別のPCのインストールメディアを作成する
    の二つが選択肢として出てくるので
    下の「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択して「次へ」をクリック
    ※このときWindows7のPCで開いていてそのままWindows10に
     アップグレードする場合は上を選択
               ↓
    「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」になるので
    それぞれ自分に合ったものをまぁ日本語、Windows10、64bitか32bitを選択
    もしくはアーキテクチャは両方を…
    選んだら「次へ」をクリック
               ↓
    「使用するメディアを選んでください」がでるので
    〇USBフラッシュドライブ
    〇ISOファイル
    のうち上の「USBフラッシュドライブ」を選択して「次へ」をクリック
    ※DVDで作成する場合はISOファイルを選択してください。
               ↓
    「USBフラッシュドライブを選んでください」となるので
    項目からインストールしたいUSBメモリーを選択して「次へ」をクリックします。
    ※項目に出てこない場合は挿しなおすか別のを挿して「ドライブの一覧を更新する」
     をクリックして出てくるのを待ちましょう…
               ↓
    あとは完了するまで待ちましょう環境にもよりますが
    数十分かかる場合もあるので気長に(*'ω'*)
    「USBフラッシュドライブの準備ができました」
    とでたら完了です。


    USBメモリーを抜いてノートPCに挿してBIOSのbootメニューでUSB優先にして
    ノートPCにWindows10を再インストールという形でアップグレードします。
    その時のライセンスキーはノートPCのWindows7のライセンスキーを入力したの
    大丈夫です。Windows8.1はデジタル的にライセンスキーが記憶されているため
    入力は不要です。

    BIOSに関してはまたの機会に…正直疲れた…
    あ、そのうちにはなるんですが、PCに関することで調べたことを自分なりに
    まとめて上げていこうかなと思ってたりします(*'ω'*)
    上の手順みたいに、そっちはもっと細かくできたらいいかなと思ってたりします…
    私のやる気と集中力がどこまでもつか分かりませんが…

    後はインストールと初回セットアップです(*'ω'*)
    ちなみに本当に超ザックリなのでご注意ください…
    ちゃんとバックアップを取ったうえで行ってくださいね!
    ※私はお遊び感覚でやってるのでバックアップ取ってませんが…w

    取り敢えず、Windows10にアップグレードしましたが…
    はい、見事にファンクションキーが機能しなくなりましたww
    あとタッチパッドのスクロール機能も使えないですね
    まぁ両方あまり使わないので問題ないといえば問題ないですね
    他は今のところないです…

    以上、今回はここまでです(*'ω'*)
    ……やばい今まで一番文字まみれだ…

    よろしければ次回も読んでいただければなと思います(*'ω'*)
    一応次回でこの【ノートPC再生計画】は終了の予定です。
    ありがとうございました。