ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 『自虐の詩』(映画)を観ました

    2018-11-03 23:33
    見始めたのは1か月以上前だった

    はじめの数分みて、んで、そのまんま寝かせておいて

    そして今、残り約110分くらいを見終えた。


    うん

    よかった


    音楽も よかった

    はじめのほうの、『阿部寛による ちゃぶ台返し』が

    何回も続くあたりまでは、ちゃぶ台返しのたびに大笑い

    これは コメディか・・!

    と思いながら  観ていた


    ユキエのお腹に子どもができたときあたりから、

    (この映画の終着点は どこなんだろう)

    という疑問が わきあがった


    とりあえず、 この物語を  見守ろう


    そんな感じで  とちゅう 休みを入れながら  観ていった・・


    ユキエが  歩道橋から   落ちる場面は、

    (そんな むちゃくちゃな)  と思った


    どう考えても  ありえない  シーン だと思ったから・・

    だけど、 映画を 劇的に  進めるための  布石の シーン  なのよね・・


    でも、、、  なんだか  げせないなぁ。。


    さいごは、  ほっこり  えがおで   おわったから

    よかった  よかった・・


    クマモドさん(子ども時代)の俳優さん(=丸岡知恵さん)

    味があって  よかったな

    今は25歳くらいなのかしら・・

    俳優、まだやられているのかしら・・

    ほかの演技も  見てみたい俳優さんだわ・・

    あとは、

    カルーセル麻紀さんも  よかったなぁw

    阿部寛さんは、 物語の前半部分は、

    「目ヂカラ!!」という感じだった

    私は、ドラマとか映画とか、ほっとんど見ないできたけど、

    阿部寛さんはCMとかで どんな役をやっているのか

    ちょいちょい見て来たけど、

    このパンチパーマの風貌は  はじめて見た。

    すごい 役作りだな



    そして  主役  の  中谷美紀さん


          美人


    エンケンさんから指輪をもらう⇔返す のシーンがあって、

    そこで、ユキエちゃんが、エンケンさんに赤い指輪ケースを

    エンケンさんの口にむんずとつめこむシーンがあるんだけど、

    その動きのたくみなこと!


    中谷美紀さんは曲芸師か!  と思いましたw


    あと、(いいなー)と思ったのは、

    更生施設から出所したユキエちゃんのかお。

    (すっぴん風の薄化粧)姿の中谷美紀さんは、清々しさがあって、素敵だった



    メイクバッチリ  の  彼女も  でてきたけど

    薄化粧の  中谷さんのほうが  美しいな





    子ども時代の  ユキエ役の子も  なかなか  よかった。

    電車内で  イカの足を  たべるシーンが  あるんだけど、

    その  食べ方は  じぶんで  考えたのだろうか・・

    食べ方って、  演じる側としては  むつかしそうな  きがする・・


    くちびるを  とじたまま  イカの足を  たべていく


    この子、  じょうずだなー  と  おもった


    ラーメン屋のマスターのエンケンさん(=遠藤憲一さん)は、

    さすが  安定した  えんぎ

    先日のドラマ  『健康で文化的な・・・生活』の雰囲気と似た役

    だったので、なんだか  あんしんして  みていました

    ---

    原作は漫画とのこと

    どんな絵なのかしら

    どんな描き方をしているのかしら

    業田良家さんが作者のようです


    アマゾンで 1クリックで 買えるけど、

    あえて  すぐ  買わずに

    映画の 余韻を  たのしみたいな


    ---


    それにしても、今回のblogのカテゴリは、

    『芸術鑑賞(映画)』だけでなく

    『物書きへの道』

    も加えたいくらいだ

    (注:この日記は、blogの文章をそのままUPしています^^)



    自分も、物書きとして、いろいろと考えさせられた


    コメディって、  こういう表しかたもあるのか!


    という発見にも  つながった

    (とはいっても、  どう描けばいいのかは  よく わからないんだけどw)


    友情  愛情  恋愛  慕う愛  ・・・


    いろいろ  あるねぇ



    じっくり、  画面の前で


    じっと、  画面を  みつめる


    そんな  ふうに  して  観た、  110分


    でした



  • 広告
  • きょうも素敵なにちようび。

    2018-10-28 18:08
    八幡さまフリマ、楽しかったです

    お越しいただいた皆様、そして、他の出店者様のおかげで、笑顔ですごせました(^0^) ありがとう!

    創作物も、たくさん旅立っていきました。。。有難い事です。
    これも、ニコ生の視聴者様のおかげでもあります

    いつも応援ありがとう0(^0^)0

    インスピレーションも沸いてきましたので、
    これからまたたくさん、創ります☆

    フリマの後は、地元のイベントに足をはこびました

    素敵なカバン屋さん。
    もう、カバンはほぼすべて売り切れて、あとは、財布など小物系が置かれていました。
    母は財布を、私は、おしゃれにきまるミニかばんとウエストポーチを購入。

    その後は、スリットドラム森さんのお店へ。
    スリットドラム という楽器は 初めてみました
    木でできた、ぽんぽこぽん という音がする かわいらしい 楽器でした

    店員さん(ご夫婦とは)お話も盛り上がりました
    またこのご夫婦にお会いしたいので、次のイベント情報をゲット☆

    打楽器も いいですね
    きょうは バチの作り方も 教わったので
    私も なにか 楽器 つくろうかな☆
  • 映画観賞に目覚める~ノッティングビルの恋人 を 観ました~

    2018-09-27 11:51
    独特な(だけど素敵な)感性を持つ友人が私に、恋愛映画ベスト3を教えてくれまして。

    ★その友人にとっての恋愛映画ベスト3


    第3位:猟奇的な彼女

    第2位:ノッティングビルの恋人

    第1位:カーラの結婚宣言


    ノッティングビルの恋人が図書館にあったので、早速観てみました。


    DVDではなく、ビデオテープでした。わぁ。懐かしい(-^〇^-)


    デッキが自宅にないので、図書館で観賞。


    昼間の外出は、そんなに長くできなかったので、2日に分けて観賞しました。


    1日目は20分間、
    2日目は100分間。


    では感想を。


    開始すぐ…ウィリアムのお店(本屋)に現れたアナが綺麗。素敵なファッション、素敵な佇まい。

    アナの顔がほんと素敵。ぱっちりした目。賢そうな鼻筋。きゅるんと上がっている口角。とにかくCute☆



    開始20分くらいのとこでアナ(=ジュリア・ロバーツ)がウィリアム(=ヒュー・グランツ)にキスをする。
    (えっ、もう!?しかも女性からいっちゃうんだ~(≧∇≦)それにしてもキスの仕方が色っぽい…!アナ、かわいい~。)



    『奥さんには逃げられ、サエない本屋』とあらすじには書かれていますが、あの見てくれなら"サエない"どころか『哀愁があってカッコイイ』と思えるんですが…(^_^;)



    セリフも素敵でした。

    あとは、売れっ子俳優が出てくる、ということで、そういう人の見えない苦労が描かれていたのもよかった。


    最後の、記者会見の場面。
    二人の心が通じあった瞬間…

    涙がじわり…。

    わぁ~…泣けるわぁ…
    うれしい泣き、だわぁ…


    ハッピーエンドで終わってスッキリ。


    あとは、スパイクもよかったし、それ以外の友人たちもいい人達で、温かな友情に心温まりました。


    全体を通して、画面が綺麗でした。

    あと……これは、んー、と思ったことなんですが・・・
    このストーリーだと、主役のふたりは、さほど多くの時間を一緒にすごしたわけではないのに、『運命の恋』のように描かれております。ほんとうに結ばれるふたりって、こんなに短い時間で惹かれあうものなのだろうか? というハテナがよぎってしまったのであります。。

    まぁ、たった120分の映画のなかのことなので、そんなこと言ってはあれなのかもしれないけど。

    ラストがハッピーエンドで、涙がじわり、ときたのはあったけど、見終えてから30分後くらいに湧き上がってきた、↑のような思いもあったわけであります。。

    でもでも。
    ほんっとに、素敵な映画でした。
    観て、よかった。
    学べるところもあったような気がします・・。

    ----

    映像は活字に比べるとほんと情報量が多く、つかれるかな…と予想したけど、それは大きくハズレて、『むしろ楽しめる要素だな』とわかりました。(←私にとって)



    ここ数年間(←もしかしたら10年以上)、映画を楽しむことを忘れていました。


    『本のほうが自分のペースで見れるし、映画(映像)だと情報量が多すぎてつかれちゃう…2時間も画面を見続けるなんてキツイ…』
    と思っていましたが、楽しい作品だと続きが気になってじっくり見れちゃいました(*^o^*)


    映画も面白いものだ、と再認識できたのが最大の収穫かも。

    おもしろい映画を教えてくれた友人にはめっちゃ感謝!
    ありがとう、Mさん(*^o^*)


    (子どもの頃は、テレビで放映されてた映画はよく観ていたので、元々は映画は好きなんです)



    映画って、おもしろいものですね(^o^)


    あとは3位と1位のも観るつもりですが、1位の『カーラの結婚宣言』は、図書館にもレンタル店にもなかったので、注文しました。
    もうじき届くので、とても楽しみです♪



    ---

    Recently I enjoyed watching movie.

    So I'm going to watch more many movie.