ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

映画観賞に目覚める~ノッティングビルの恋人 を 観ました~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画観賞に目覚める~ノッティングビルの恋人 を 観ました~

2018-09-27 11:51
    独特な(だけど素敵な)感性を持つ友人が私に、恋愛映画ベスト3を教えてくれまして。

    ★その友人にとっての恋愛映画ベスト3


    第3位:猟奇的な彼女

    第2位:ノッティングビルの恋人

    第1位:カーラの結婚宣言


    ノッティングビルの恋人が図書館にあったので、早速観てみました。


    DVDではなく、ビデオテープでした。わぁ。懐かしい(-^〇^-)


    デッキが自宅にないので、図書館で観賞。


    昼間の外出は、そんなに長くできなかったので、2日に分けて観賞しました。


    1日目は20分間、
    2日目は100分間。


    では感想を。


    開始すぐ…ウィリアムのお店(本屋)に現れたアナが綺麗。素敵なファッション、素敵な佇まい。

    アナの顔がほんと素敵。ぱっちりした目。賢そうな鼻筋。きゅるんと上がっている口角。とにかくCute☆



    開始20分くらいのとこでアナ(=ジュリア・ロバーツ)がウィリアム(=ヒュー・グランツ)にキスをする。
    (えっ、もう!?しかも女性からいっちゃうんだ~(≧∇≦)それにしてもキスの仕方が色っぽい…!アナ、かわいい~。)



    『奥さんには逃げられ、サエない本屋』とあらすじには書かれていますが、あの見てくれなら"サエない"どころか『哀愁があってカッコイイ』と思えるんですが…(^_^;)



    セリフも素敵でした。

    あとは、売れっ子俳優が出てくる、ということで、そういう人の見えない苦労が描かれていたのもよかった。


    最後の、記者会見の場面。
    二人の心が通じあった瞬間…

    涙がじわり…。

    わぁ~…泣けるわぁ…
    うれしい泣き、だわぁ…


    ハッピーエンドで終わってスッキリ。


    あとは、スパイクもよかったし、それ以外の友人たちもいい人達で、温かな友情に心温まりました。


    全体を通して、画面が綺麗でした。

    あと……これは、んー、と思ったことなんですが・・・
    このストーリーだと、主役のふたりは、さほど多くの時間を一緒にすごしたわけではないのに、『運命の恋』のように描かれております。ほんとうに結ばれるふたりって、こんなに短い時間で惹かれあうものなのだろうか? というハテナがよぎってしまったのであります。。

    まぁ、たった120分の映画のなかのことなので、そんなこと言ってはあれなのかもしれないけど。

    ラストがハッピーエンドで、涙がじわり、ときたのはあったけど、見終えてから30分後くらいに湧き上がってきた、↑のような思いもあったわけであります。。

    でもでも。
    ほんっとに、素敵な映画でした。
    観て、よかった。
    学べるところもあったような気がします・・。

    ----

    映像は活字に比べるとほんと情報量が多く、つかれるかな…と予想したけど、それは大きくハズレて、『むしろ楽しめる要素だな』とわかりました。(←私にとって)



    ここ数年間(←もしかしたら10年以上)、映画を楽しむことを忘れていました。


    『本のほうが自分のペースで見れるし、映画(映像)だと情報量が多すぎてつかれちゃう…2時間も画面を見続けるなんてキツイ…』
    と思っていましたが、楽しい作品だと続きが気になってじっくり見れちゃいました(*^o^*)


    映画も面白いものだ、と再認識できたのが最大の収穫かも。

    おもしろい映画を教えてくれた友人にはめっちゃ感謝!
    ありがとう、Mさん(*^o^*)


    (子どもの頃は、テレビで放映されてた映画はよく観ていたので、元々は映画は好きなんです)



    映画って、おもしろいものですね(^o^)


    あとは3位と1位のも観るつもりですが、1位の『カーラの結婚宣言』は、図書館にもレンタル店にもなかったので、注文しました。
    もうじき届くので、とても楽しみです♪



    ---

    Recently I enjoyed watching movie.

    So I'm going to watch more many movie.
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。