ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

第3回湯涌ぼんぼり祭り行ってきました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第3回湯涌ぼんぼり祭り行ってきました。

2013-10-18 00:21
    「花咲くいろは」のぼんぼり祭りを実際にやっちゃった祭りが石川県の湯涌温泉で2年前からやっているのですが、今年3回目に行ってきました。

    金沢大学の駐車場からバスで行きます。


    湯涌温泉に到着。ここに来るのは、第1回ぼんぼり祭りの前と当日に2回来て、今回3回目の2年ぶり。


    バスの行き先表示とか1回目の祭りもそうだったけど、アニメと同じ湯乃鷺温泉としてあります。




    アニメに出てくる橋とか


    看板とか

    いやー懐かしい

    痛車も一杯


    これはw


    物品は狙わないでいたので、昼に行った時点でこれだけ完売してました。


    買ったものはこちら
    映画のBD限定版


    ぼんぼり祭り限定のメッセージブックとクリアファイル付き
    メッセージブックが声優、スタッフの方の寄せ書きで楽しめました。


    限定版の中身は絵コンテ集が分厚い
    読み応えありすぎw


    後は、台本と映画紹介本とサウンドトラックCDもついてます。

    これだけついてお値段たったの9500円(゚д゚)
    最初は、映画館で2回見てたし買わなくてもいいかって思ってたがスタッフトーク聞いて、修正が250箇所あるとか聞いてたら思わず買ってしまった(´・ω・`)

    スタッフトークでは中々面白い話が聞けました。ここで来年もぼんぼり祭りをすることが内々で発表されました。


    後はクリアファイルと


    おせんべいと買ってしまいました。


    ここはEDに出てきたお店ですが、


    ここで2年ぶりに、柚子乙女を買いました。これは柚子と塩で作ったサイダーなのですが中々美味しいので湯涌来たら絶対買いましょう。
    昔は1ケース6本で買ってた時もあったのだけれど・・・w

    2年前来たとき店のおばちゃんに安くしてもらったことを思い出しましたが、今も元気そうで良かったです。


    神社に向かうこの通りもよくアニメにでてきます。


    神社に来ましたが人で一杯


    2年前よりも絵馬の絵がかなり増えて上手くなってる。
    最近の流行りは絵馬を2枚合わせることのようですね(´・ω・`)


    これにはびっくりしましたw


    2枚をかけて空いたすきまに丁度隠れるように描かれているのですよね・・・




    神社から、奥に進んで坂を登っていきます。


    子ども達が絵を書いたぼんぼりがありました。


    坂を登りきると、お焚き上げをする池があります。
    皆が書いたのぞみ札を焼いて神様に願いを届けるという儀式なのですね。


    池の反対側にはEDに出てくる橋があります。


    お焚き上げの裏はこうなってます。
    この池の周りは、夕方には入れなくなり、お焚き上げには抽選で選ばれた人しか入れないので昼の内にまわっておきます。


    のぞみ札を入れてお焚き上げ場所まで運ぶ箱がありました。


    当日は事前応募制の声優のトークショーやライブがあったのですが、応募しとけば良かった。
    ちなみに、1回目のぼんぼり祭りでは岸田メル氏のサイン会に当選してしまい、
    直接、目の前でサインしていただきました。


    実際会ってみたらめっちゃイケメンw
    ↓とても、こんなことやってる人には見えませんでしたね(震え声)


    トークショー始まる直前には土砂降りの雨が降ったりやんだりで、夜のお焚き上げはどうなるのかと思ってたけど、夜はなんとか晴れてましたね。


    トークショーが終わるとすっかり暗くなり


    明かりが灯る


    なんかすごい車が止まってました。


    本番のお焚き上げ前ですが、1回目の祭りに見てるのと、雨が嫌なので早めに帰ります。
    同じく帰る人が沢山居ましたが、20分程で乗れました。


    しかし、乗ったバスの運転手がとても面白い人で、社内アナウンスでアニメ雑談をしたりして車内は爆笑でした(笑)

    帰った後はユーストでお焚き上げ中継を見てましたが、映画効果もあってか今回の祭りには約1万人が来たとのこと。
    1回目が5000人、2回目が7000人ですからどんどん増えていってるんですねw

    最初はどんどん人減っていくと思ってたけど、地元も積極的に盛り上げていってる成果でしょうか。ただのアニメイベントだけではなく、地元に根付いた祭りになっていくといいですね(`・ω・´)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。