• 5年間在籍したアークライトを退職しました

    2019-11-02 00:00

    本日のトレンドワードに前々職のドワンゴが上がっていて、
    何かと思ってみれば退職エントリ現職エントリまで異様に buzz ってて、
    ちょうど自分も退職したばかりだったので、もう書かなくてもいいかなと思ってたんだけども、退職エントリに手を動かしてみることにした。

    2019年10月20日を以って、ドワンゴを離れてから5年間在籍したアークライトを退職しました。

    アークライトというのはアナログゲームの会社で、
    ボードゲーム・TRPG・TCGなどの電源を使わない遊びを専門として
    製造・流通・販売までを行い、それらのゲームイベントも主催する会社。

    5年前この会社に転職したきっかけは
    ドワンゴ時代にボードゲーム部だったことと、
    海外のボードゲームイベント Essen Spiel に感銘を受けて、
    ボードゲーム業界に転職し、それからこの業界の拡大に尽力してきた。

    自分が携わってきたイベントとして『ゲームマーケット 』があり、
    ここ最近、ボードゲームはけっこうブームになりつつあり、
    ボードゲームカフェがたくさんできたり、TV番組中に遊ぶシーンが見られたりして
    5年前には6500人だったイベント規模が、2019年春には25000人にまで成長を遂げた。

    この時期のボードゲーム業界の規模を表すのに自分が好きなエピソードが
    ゲームマーケットと同じ規模(6500人)の同人イベントに『けもケット』があった。

    自分は軽度のケモナーでSB69やえとたまが好きだ。だからこそ、ボードゲームのイベント規模が同程度ということが、どれだけマイナーな趣味なのかを自覚した。

    自分たちはボードゲームが面白いことを知っていたが、それが日本にどれくらい理解されていない・知られていない存在であったか、分かりやすい比較対象だった。

    自分が入った当時から
    ボードゲームの業界には、本当にゲームが好きな人たちがいて
    大きな愛情を注いでくれていた。あえて名前を上げることはしないが、
    そうやって業界に貢献してきてくれた人たちには感謝してもしきれない。

    この5年間に関わっていただいた方々、本当にありがとうございました。

    ただ
    最近、ちょっとずつ、少しづつ、そういった雰囲気が変わってきた兆しを感じています。
    それがどうこの先に影響を与えていくのかは分からないですが。
    【省略】『当時の業界話、今の業界話』【議論を醸しそう】
    【省略】『自分語り 業界に貢献してきたこと』【面白くない】

    【中略】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    『JGCの終了から、TRPGフェスへ繋げるプロデューサーを経験して』は面白くなりそうだったら後日書きます。本当は1番熱く書きたい気持ち。
    【中略】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    TRPGフェス2019が終わった翌日に会社に辞表を提出し、
    その日に Facebook に退職を報告した。
    −しばらくUberEats配達員してるので、お仕事あれば声かけてください− と書いたところ
    とてもありがたいことに、その日の夜のうちに次の仕事の誘いをもらった。


    それは8年前にニコニコ本社(原宿)で行われた
    『ボーカロイド53時間生放送』での出会いだった。
    このイベントは自分の人生にとって運命的な出会いの場所となる。

    このイベントを手伝うことになったのがきっかけで、自分はエンジニアを辞めて企画職に移り
    このイベントに呼んだボーカロイドのボードゲームを作っていた作者がアークライトでの上司との出会いであり
    そして今度は、ボーカロイドの発売元である『YAMAHA(音楽)株式会社』で仕事をすることになった。

    もうあの場所は無くなってしまったけど、自分にとって運命の交差点となる瞬間だった。




    今回、自分をYAMAHAに誘ってくれた瀬戸さんは
    8年前に1度だけ一緒に仕事した自分の事を覚えていてくれて、
    いま新事業をやっているから手伝ってくれないかという誘いだった。


    自分も瀬戸さんのことを強烈に覚えていて、その人が誘ってくれるなら絶対に面白いことに違いないと確信があった。

    瀬戸「直接メンバーと話したほうが早いと思うから、明日YAMAHAに来れる?」

    ホーラ、もうおかしなこと言ってる。すぐに行こうと決断した。


    新しい仕事はゲームとはまったく関係ない。
    エンタメ業界でもない。

    サウンド・ユニバーサルデザイン【SoundUD
    どこでも、誰にでも、音声の情報が等しく伝わることを目指す。

    『音響通信』と呼ばれる
    スピーカーから出る音をスマートホンのマイクで拾って画面に情報を表示する。
    音を使って情報を伝える、音と向き合ってきた何ともYAMAHAらしい技術だ。

    サウンド・ユニバーサルデザインは
    耳が聞こえない人や、日本語が分からない外国人の方に向けて12ヶ国の多言語対応で翻訳字幕をスマホに表示したり、
    さらに日本人でも状況によって聞き取りづらかったり(大雨の防災無線)、迅速に正確な情報を伝えたいとき(火災場所や避難経路)など活躍が期待される。

    活用事例として
    ・スタジアムやショッピングセンターで迷子や災害時のアナウンス
    ・電車で運行状況のアナウンス
    東京モーターショーの展示案内
    ・ポイントカードとして電車内やお店にいる人に限定して配布
    ・バスの改札レス(実証実験)

    これからはエンタメ(音響AR、聖地巡礼、位置情報ゲーム)やTVラジオのコマーシャルなどの方面にも活用が予定されている。

    自分の役目はこの仕組みが日本中どこでも使えて、いろんな人が使うサービスが展開されるように広げることだと思っている。

    ドワンゴが大きく成長するのを見てきて、
    アナログゲームが成長するのをまた見てきた。
    今度は社会に貢献する仕組みを大きく育てていきたい。

    職場のチームの雰囲気はとてもよく、瀬戸さんは思ったとおりの人物でユニークで面白く、
    大変な仕事をぶん投げられたりしているが期待と、とてもやり甲斐を感じている。
    これまでの繋がりのある方、新しく興味をもってくれた方、
    新しい仕事でパートナーになれそうなら akihiro.matsuo[at]music.yamaha.com に連絡ください。
    是非一緒にやりましょう。


    CEATEC2019 SounUDコンソーシアム ブース
    【CEATEC AWARD トータルソリューション部門 準グランプリ】を頂きました

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ちょっとした心残りは
    ドワンゴを退職した後も超会議には
    『ゲームマーケット 出張版』として出展していた縁があり、
    スタッフ参加として8年間、皆勤賞だったこと。

    来年は初めて純粋なお客として、超会議に参加することになりそうだ。

    5年が経過しても、ニコニコを見る機会がほとんどなくなっても、いまでも気になっているし、いっそ大好きだ。
    だから今回の退職・現職エントリには思うところがあるし、今でもニコニコを盛り上げられる企画を考えてはメモに走り書きを繰り返している。

    (この記事は ChromeBook C101PA で書かれました)
  • 広告
  • ドワンゴを退職して3年が経ちました 【TRPGフェス】

    2017-09-10 15:00

    3年前にドワンゴを辞めた私は、
    今年、熱海で大きなお祭りを作っていた。

    『TRPG フェスティバル』



    熱海の温泉旅館を2泊3日で貸し切り、宿泊型でゲームを遊び尽くすイベントだった。


    ■テーブルトーク RPG (TRPG)とは
    TRPG をご存知だろうか?
    名称にロールプレイングゲームが付くことから、
    ファンタジーの剣と魔法の世界で、キャラがレベルアップする想像を持ってもらえるかもしれない。

    米国発祥の遊びで、会話とサイコロでゲームを進行する
    代表作に『ダンジョンズ&ドラゴンズ』 や
    日本では『ソードワールドRPG』、『クトゥルフ神話TRPG』 が有名である。

    日本で流行したのは 1990~2000 年を中心として、
    TRPG を既に知っているというオッサン層は、この期間に触れた方が多いのではないだろうか。
    かくいう私もそうである。
    中学、高校の頃の愛読書は『ドラゴンマガジン』『ファミコン必勝本(HIPPON SUPER)』で
    育った根っからのゲーム少年だった。


    TRPG は他にはないゲーム性がファンによって根強く支持されてきたが、
    ブームの勢いは衰え、徐々に規模を縮小していた。

    そんな中、TRPG 界に転機が訪れた。
    2011年、ニコニコ動画に投稿されたプレイ動画から、
    若い層に TRPG プレーヤーが一気に 増えはじめたのんである。
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm14018645


    ドワンゴから転職した"アークライト"はゲーム会社の中でも
    "アナログゲーム"と呼ばれる
    ボードゲーム、トレーディングカードゲーム、 そして
    テーブルトーク・アールピージー(TRPG) を作っている会社だった。

    そこで私は前職の経験を活かし、イベント企画運営を任されていた。


    ■ JGC から TRPGフェスティバルへ
    宿泊型でTRPGを遊ぶイベントには
    JGC(ジャパン ゲーム コンベンション) があったが、
    2016年を最後に21年続いた歴史に幕を閉じた。

    理由は様々あるが、要約すれば、そのままの形では続けられなくなったという事だった。

    JGC の運営を実質的に引き受けていたアークライトは、
    宿泊型の TRPG イベントを今後も継続するか検討を重ね、
    イベントを2つに分割することにした
    ・コア層に向けた宿泊型でしかできないディープな体験イベント
    ・新規層に向けた当日型で多くの人の目に触れることを目的としたイベント

    前者を『 TRPG フェスティバル 』
    後者を『 TRPG フレッシュフェス 』
    に名称を変更し、分かりやすくした。

    これにより、開催地は首都圏内という制約から解放され、
    会場は熱海 『ホテル大野屋』に決まった。
    ラブプラスのイベントを行った非常に理解のあるホテルである。
    年に1回、温泉旅館に泊まりでいって、ずっと TRPG 遊び倒す。いかにも楽しそうでいい。



    ■最後の JGC 2016
    JGC は参加者のリピーター率がとても高く、強い愛着を持たれているイベントだった。
    それだけに、幕を閉じると発表したときに、
    寂しさ、がっかり感を出させないことが大事で、
    JGC の参加者が、TRPG フェスに行ってみたいと思う、
    今までにないワクワク感、期待を持てるイベント内容が必要だった。

    TRPGと親和性の高いイベントの誘致に奔走し、
    強いインパクトを伝えるために動画を作った。

    ○開会式
    イベントのはじまりに『JGC は今年で最後になります』と発表した。
    タイムラインを見る限り TRPG 業界に激震が走っていたと思う。
    このタイミングにした理由は、イベント期間中に「来年どうする?」という話題にしてほしかったからである。
    「最後なら行けばよかった」というツイートをたくさんみた。

    ざわつく会場に向け動画の再生がはじまった。 (動画はのちほど)

    会場に『 TRPGフェスに向けた要望書 』箱を設置し、
    みんなが今のイベントで何を大事に、楽しみにしていているか、
    そして新しいどんな事を期待しているのか意見を掬い上げた。

    ○閉会式
    フェスに内定してた LARP グループが舞台上に乱入する戦闘演出を付け加え、来年は劇的に変わることを予感づけた。
    もらった要望書をすべて動画に盛り込、み流した。
    閉会式が終わった後も、延々と続くスタッフロールのような要望を
    参加者たちが最後まで読み続けていた姿が心に残っている。


    この期待を絶対に背負う。叶える。
    来年に向けたイベント作りの1年がはじまった


    それは、あたかも1人で超会議を作るようなドワンゴの遺伝子を継ぐイベントになっていくのだが、
    続きはまた次回に。

    というところで、
    その後、TRPG フェスがどうなったのかを知りたい方は Togetter をご覧ください。
    Togetter TRPG フェスティバル 2017 まとめ


    続きを見たいという声や、
    気が向いたら続きを書くかもしれません。

    ■今後のネタ
    開催に向けた1年
    ・企画盛りだくさん (WAR→P!、LARP、ファンタジー料理、etc・・・)
    ・イベントデータ (平均年齢、男女比率)
    ・最初にSNEに連れて行かれて安田さんに挨拶し、サイコロを振った話
    ・馬小屋プラン
    ・大野屋の話
    ・スタッフの話
    ・トレンドワード4位!
    ・勧められるイベントになれたか?
    ・支えてくれたドワンゴでの繋がりの人たちへの感謝


  • Xiaomi Mi4c いじってみた。

    2016-08-28 03:05

    ■いきさつ
    PokemonGO をしてたらケータイ(Xperia Z3c)を落として液晶を割ってしまったので、急遽代替の端末が必要になり、にわかに周囲で人気になりつつある Xiaomi の Mi4c を買ってみた奮闘記。

    ■やったこと
    1.購入後の初期調査
    2.MIUI 7 国際版(EU)を入れてみた
    3.CM 13 を入れてみた
    4.MIUI 8 国際版(EU)を入れてみた
    5.インストール後の設定

    1.購入後の初期調査
    2ch の Xiaomi スレを 3日間 ROM った。
    そして分かったこと
    ・自分の購入した端末はショップが独自にいじった ROM が入っている可能性が高い
    ・初期 ROM は MIUI 6 国際版っぽく、GooglePlay が最初から入っていた
    ・ブートローダーが Unlock されていた。
    "fastboot oem device-info" で調べられる。
    ・公式の Unlock は申請から時間がかかるらしいので、今回必要なかったがとりあえず申請しておいた。(4営業日くらいで申請受理された)
    ・Xiaomi 製品は偽物が多く出回っているらしいので真贋チェックしたが正規品だった。
    http://order.mi.com/service/imei

    ★大事な事
    ・電源OFF状態から、音量↓+電源で起動させると fastboot モードに入れる
    ・fastboot モードは PC と USB ケーブルで繋いで色々コマンドから操作できる
    ・とりあえず TWRP さえ入れておけば、文鎮化はかなり避けられそう

    2.MIUI 7 国際版(EU)を入れてみた
    xiaomi.eu_multi_MI4c_V7.5.4.0.LXKCNDE_v7-5.1

    ROM を焼き替えるにあたって、以下の手順を済ませた
    ・ADB を入れた
    http://andmem.blogspot.jp/2014/04/installjdkandroidsdkadb.html
    ・TWRP を入れた
    http://shikidenrakudou.zoku-sei.com/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B/mi4c%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0%E2%91%A0%20%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%81trwp%E5%B0%8E%E5%85%A5%E3%81%BE%E3%81%A7
    https://dl.twrp.me/libra/

    普通の TWRP 3.0.2 を入れると、起動後タッチが効かずに動かせなくなる。
    焦ったが1度スリープして消灯するまで待ってから操作するとタッチが効くようになった。
    Mi4c にカスタマイズされた Cafface TWRP があるのでそちらなら最初からタッチが効く
    http://en.miui.com/thread-169401-1-1.html


    ・USB ドライバー
    どっちを入れたのか覚えていない、ドライバーまわりはこれが正解といったのが見つからず苦労した。
    https://androidmtk.com/download-xiaomi-usb-drivers
    https://github.com/koush/UniversalAdbDriver

    ・SuperSU
    TWRP 経由でインストール
    http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1538053

    ★使ってみての感想
    言語に日本語が選べない。
    英語の勉強だと思ってそのまま 2~3日使ってみたが、
    PokemonGO のように海外対応もされてるアプリだと英語になってしまい、ポケモンの名前が日本とはまったく違ったものになってしまって元祖ポケモン未プレイの自分は困った。

    3.CM13 を入れてみた
    日本語化のために CM13 を入れてみた。
    cm-13.1.1-20160805-UNOFFICIAL-libra

    ・Mi4c用 CM13
    http://www.teamsuperluminal.org/
    登録が必要

    ・Googleアプリ Gapps
    GooglePlay 含め諸々入ってないので OpenGapps をインストールした。たしかサイズは mini を選んだ気がする。結果、要らないものが多くはいったのでもっと削ってよさそう
    OpenGapps
    http://opengapps.org/

    ★使ってみての感想
    キレイに日本語化されて、動作もよく、快適。
    8/27 システムアップデート通知が来ていたので、カジュアルにアップデートしてみたところ、電話ができなくなるという不具合に見舞われた。
    こういう日に限って仕事のトラブルの電話がいくつもあってこれはやってられん。

    ■4.MIUI8 国際版(EU)を入れてみた
    ちょうどこのタイミングで MIUI 8 がリリースされていたので入れてみることにした。
    調べたら同じアプリを2つ同時に起動する、何に使うのか分からない機能が搭載されていた。
    xiaomi.eu_multi_MI4c_6.8.25_v8-5.1

    ・インストールで相当コケた。
    普通に boot.img を fastboot で焼いて、TWRP から MIUI 8 の zip をインストールしたが、再起動後のインストールでプログレスバーの最後でエラーを吐いてレポートを送っては、また再起動してインストールを始め延々と繰り返すようになってしまった。

    ・パーティションの WIPE
    暗号化がうんぬん、という話をどこかで見たので
    1度すべてのパーティションを TWRP 上からフォーマットした。
    WIPE で OS イメージの MIUI 8 zip も消えたので再度転送しようとしたところトラブルに見舞われた

    ・MTP でストレージが見れなくなった
    TWRP で MTP を有効にしても、Windows 上からストレージが認識されなくなってしまった。
    このせいで OS イメージの zip を転送することができなくなり、インストールができなくなった。

    ・ADB でデバイスが認識されない
    "adb devices" をしてもデバイスが認識されない。fastboot のコマンドは受け付けている。
    解決方法は TWRP のマウントで、すべてのパーティションのマウントを外すことで、ADB から認識されるようになった。※再確認は行っていない
    参考になるかもしれない URL
    http://f.orzando.net/pukiwiki-plus/index.php?ZakkiCho%2FTwrpAdbMtpDriver

    ・ADB からファイルを転送
    adb から端末が認識されるようになったら
    "adb push ファイル名 /sdcard/" で MIUI8.zip を転送し、
    無事に OS インストールすることができた。

    ■5.インストール後の設定
    ・spmode で使う
    http://usedoor.jp/howto/digital/smartphone/simfree-tanmatsu-spmode-apn-settei/
    簡単に LTE が使えるようになる、
    OS アップデートするたびに設定が消えてしまうが、設定項目は spmode.ne.jp と CHAP だけ暗記していれば済むので楽。

    ・日本語化 MoreLocale2
    http://www.orefolder.net/blog/2016/05/jajajajapanese/

    システムを日本語化するには、adb から設定変更のコマンドを行う必要があるのだが、そのままだと権限エラーを吐いた。
    端末側で USB 接続時の設定をいじるか、または、ここで TWRP 上から SuperSU をインストールしたような気がする。

    ・プラスエリア化

    対応バンドを書き換えることができる DSP CDMA Tool
    http://bey.jp/?p=20596
    ところが Ports を押しても端末が一覧に出てこない。

    Qualcomm のドライバー
    http://en.miui.com/thread-237832-1-1.html
    これを入れても Windows10 からドライバーの署名に問題があって、いったん設定されたように見せかけて、あとから使用を拒否される。
    http://freesoft.tvbok.com/win10/testmode.html

    かなり強引な手段でドライバーを認識させた。
    デバイスマネージャーには ?デバイスが 2つ残っているが、これで DFS から端末が認識されるようになった。

    ところで *#*#4636#*#* を入力したあと "Select radio band" がメニューに出てこないのだが、何か設定が足りてないのか、アップデートによるものなのかは分からない。

    ・ハードウェアキー MENU と BACK の入れ替え
    Xiaomi 端末は、一般的な Android 端末とキーが逆位置になっている。(左がメニューで、右が戻る)
    ネットで調べたら ft5x06_ts.kl を書き換えでいけるという記事があったがそれでは直らず、
    コチラの記事にあった /system/usr/keylayout/synaptics_dsx.kl を書き換えて再起動で入れ替わった。
    https://qtotter.wordpress.com/2016/03/13/xiaomi-mi4c-%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%EF%BC%9F/

    /system 以下のファイルの編集には root 権限が必要なので、
    fastboot から SuperSU を入れて "ES ファイルエクスプローラー"を root 化して行った。

    ただし、ボタンの形状は入れ替わらないので、あくまでキー配置だけが入れ替わる。
    視覚的な混乱はあるが、使い慣れた配置のほうが良い。

    ■今後やりたいこと
    ・Titanium Backup
    OS 入れなおす度に、アプリのダウンロードからやり直していたが、
    Titanium Backup を使えば、設定をやり直さずに済むらしいので次回はトライしたい。

    ・EDL モード
    MiFlash を使って EDL モードから ROM 焼き
    http://webnetforce.net/xiaomi-mi5-developers-rom/
    公式中華ROMしか焼けないっぽいので、非常用かな。


    かなりざっくり書いたので、
    現状は自分メモに過ぎず、他人の役には立たないので、(2週間後の自分が読んだら意味が分からないだろう)
    もう1回、この手順と照らし合わせながら作業を行って詳細を補足した記事にアップデートしたい。

    XIAOMI Mi4C 4G 5.0 inch Android 5.1 Snapdragon 808 64-bit Hexa Core 1.44GHz 16GB ROM ホワイト [並行輸入品]