誰でもいいわけはないんですよ、実際のところ、ねぇ?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

誰でもいいわけはないんですよ、実際のところ、ねぇ?

2013-09-24 16:48
    どうも。
    貴方の心に吹く一陣の生ぬるい風ことローテン・ションです。

    ね。
    なぜ「生ぬるい」なんて言葉を入れてしまったんでしょう、失敗失敗。

    さて、このブロマガが更新されたということは、新しい動画が投稿されたということです。
    (特に決まってません)

    そして今回投稿いたしました動画がこちら↓
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm21900022

    ボーカロイド楽曲のひとつとしておなじみ
    「誰でもいいから付き合いたい」
    でございます。

    今回は替え歌ではございません。

    夏も過ぎゆき、秋の訪れとともに男女のつがいが増えてまいりました。
    私の所属するコミュニティのどれを見渡してもカップルの発生率がすごいことになっています。

    そんな現状を目の当たりにし、今ここで訴えるべきことはなにかと考えたところ、この歌の存在を思い出しました。

    そうです、この歌の主題は、タイトルにもあるように「誰でもいいから付き合いたい」というところにあります。
    しかし実際のところどうなんでしょう。
    本当に誰でもいいんですか?

    私が好んで聴いているラジオで、昔、こんなネタを送ってきた方がらっしゃいました。

    「性欲が溜まってきて、もう『女ならだれでもいいや!』風俗に行っても、大抵誰を選ぶかで悩んでしまう」

    パーソナリティの方はこれを聞き、大層共感してらっしゃいましたが、もっともな事。
    誰だって選択肢が目の前に現れたら吟味してしまうに違いないのです。

    しかし、これはあくまで選択肢があるタイプの方のお話。
    世の中にはその選択肢すら持たせてもらえない紳士淑女の方々がどれほどいらっしゃることか。

    この歌は、そんな方々の魂の叫びを大変によく表現された秀作といえるでしょう(偉そうに)。

    誰でもいいなんてこたないんです。
    でも誰でもいいという気分になることもあるんです、わりと。

    ということで長々と書いてまいりましたが(まだ書こうと思えばかけますがこれ以上は非モテ男の僻みにしかならないのでやめておきましょうそうしましょう)、この辺で結びとさせていただきます。

    アデュー。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。