【ウマ娘ファンに送る】競馬初心者が現地観戦を楽しむには…?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ウマ娘ファンに送る】競馬初心者が現地観戦を楽しむには…?

2018-07-06 23:13

    この記事は、『ウマ娘 プリティーダービー』をみて
    「競馬って気になる!でもどうやって見るの?」
    といった初心者の皆さん向けのまとめになります。

    (ちなみに…本末転倒かもですが、周りに競馬やってる知り合いが
     いるなら『教えて!』の一言が何よりの教科書になります。
     競馬ファン、あなたの周りにも結構いるかも。)

    ・競馬はいつやってる?どうやって競馬に行けばいい?等…

    http://jra.jp/kouza/beginner/

    野球初心者記事(参考)のように細く書こうかと思いましたが
    競馬初心者向けコンテンツは公式が一番充実していてわかりやすいので…

    ここからは、「競馬場に行ってどう楽しんでいくか」をまとめていきます。

    ①競馬場、コースの規模感に驚く

    競馬場、とにかくデカいです。特に写真の東京競馬場は
    日本ダービーなど大きなレースとなれば12万人以上が集まる規模。
    まずはその規模感に驚いてください。




    スタンド席上段は、日本のスポーツの中で一番遠くまで競技を見渡せる
    パノラマビュー。ぜひ双眼鏡をご持参ください。

    ②レースの迫力を目の前で感じる




    時速60キロで駆け抜けていく競走馬たち
    スピード感もそうですが、音がすごい。
    「ドドドドドドッ」と馬たちが駆けて来る轟音
    「ピシッ!」と飛ぶムチの音、そして歓声…
    中継では聞こえない音がはっきり聞こえます。
    ぜひ、コース脇最前列でレースを見てください。


    更におすすめなのは、一日1~2レース開催される(されない日もある
    障害レースを、障害の目の前で観戦すること。
    飛越の迫力には、思わず「おぉ~」と声が出てしまうことでしょう。

    ③パドックで馬を愛でる

    レース前に馬の調子を見ることができるパドック(マント脱いだりはしないです)
    実に至近距離で馬をみることができるのでよく観察してみてください。
    いろんな個性があります。

    額の模様(「流星」と呼ぶ)がキレイなダイヤモンドだったり…


    ベロ出っぱなしの馬とか…


    厩務員さんとイチャイチャしまくる子とか…
    (ちなみに、このレーヌミノルという馬は厩務員さんとのイチャイチャで有名。
     この写真ほんと尊い…)




    パドックでは騎手さんも至近距離で拝めます。
    こちらウマ娘にも登場した”生ける伝説”武 豊騎手。
    この距離感はプロスポーツでトップクラス!


    マニアックなところでは馬主さんや調教師さん(トレーナーさん)なんかも。
    演歌歌手の北島三郎さんはキタサンブラックはじめ、
    長年多数の馬を所有してきた馬主さん。


    左側のピンク色の服の女性、アニメではレギュラーだった(?)細江純子さんです。
    大きなレースだとパドックでよく拝めます。

    (※パドックではフラッシュ撮影大声を出すなどの
     馬を刺激する行為は厳禁です。)

    ④馬券を買って興奮する!

    馬券を買う、買わないではレースの興奮が段違いです
    例えるなら、アイドルライブでコールをするしない…みたいな。
    最初は何かしら(名前、パドックでこっちを見てたetc...)気になった馬
    単勝(その馬が1着に来れば的中)を100円買って楽しんでみてください。
    買い方が分からなければ、緑の服のお姉さん(たずなさんやちひろさんではない)
    が馬券売り場にたくさんいるので遠慮なく聞いてください。


    馬の情報が欲しいならスポーツ新聞の競馬欄がおすすめ。
    最近のレース成績や得意なコース・距離などが載っています。
    記者さんが付ける◎、▲などの「予想印」が多い馬
    ほど実力が上位とされます。
    (画像の例なら、◎が一番多い②アウォーディーが有力)

    …が、印を信用しても必ず
    当たるとは限らないのでご注意を。
    好きな馬を買って楽しむのが一番だと思います。
    競馬欄の詳しい読み方は、JRAなどの初心者向けHPでどうぞ。

    http://www.jra.go.jp/kouza/beginner/newspaper/



    他にも、競馬場では、各種グルメやスイーツ
    ミニチュアホースとのふれあい、ヒーローショーなどなど
    様々な楽しみがあります。
    入場料はたった200円。一度訪れてみてください。


    ・競馬ファンへの道
    もし、競馬を見てみて、「いいな!」と思ったら
    ぜひ『推しの馬』を何頭か見つけてください。
    パドックで目が合った、とかそういうのでもいいんです。


    ウマ娘に関連する馬から入ってみるのも手です。
    例えば…チームスピカの面々の仔だと
    ウオッカの仔は、写真のタニノアーバンシー
    タニノフランケルの二頭が現役。
    ダイワスカーレットの仔はダイワエトワールとダイワメモリーの二頭。

    ゴールドシップ
    の産駒(オス馬の子は産駒と呼ばれる)は2019年の
    6月から続々とデビュー予定。(遺伝で癖のある馬が多いとか…?)

    メジロマックイーン、スペシャルウィーク産駒は孫、曾孫世代が活躍中。
    特にスペちゃんの孫(母の父がスペシャルウィークの馬)は2018年上半期だけで
    166頭がレースに出ていて、30頭が勝利しています。

    「推し(のモデル)の娘・息子に逢える」なんて、
    面白い世界だと思いません?

    他にも、スペ、スズカの主戦騎手だった武豊騎手や
    ゴルシの主戦だった岩田康誠騎手など…
    騎手さんから入るのも面白いと思います。




    ちなみに、サイレンススズカは現役中に逝ってしまったので子はいませんが
    中京競馬場には『サイレンススズカ広場』と等身大像があります。
    (等身大像はこの7月から場所を目立つ入場門前に移動。アニメ効果かな?)

    更に、ウマ娘登場馬の中
    ゴールドシップ、グラスワンダー、ナイスネイチャ
    の3頭のみ(?検証不足かも)
    誰でも直接会いにいくことが出来ます。
    とはいっても北海道となかなか遠方ですが…
    https://uma-furusato.com/
    見学の際はこちらのHPと注意事項を確認の上どうぞ。




    競走馬、それをを支える人、馬主さん、そしてファン…
    何万人もの大歓声の中、喝采を浴びるため頑張る姿をみると
    本物の競馬の世界こそ、アイドルの世界に近いのかもしれません。

    1年に7000頭近くがデビューする中で、G1レースを勝つ馬は20頭いるかいないか。
    そんな厳しい世界で、写真のワグネリアンのように、
    自分がデビューから応援する馬が大舞台で活躍する姿はなんだか誇らしくて、
    そんな点は、アイドルプロデュースにも通づるものがあります。

    みなさんにも、そんな「オレの愛馬」との素敵な出会いがありますように。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。