• OH!!!あとがき

    2020-07-12 20:202
    お久しぶりです。
    今回のMADは響け!ユーフォニアムの「OH!!!」です。
    曲はSHISHAMOというバンドの「OH!」。

    きっかけはこのOH!のPVを見てた時にピッカーンと閃いた。
    「ダサくて何が悪い」「汗だくで何が悪い」
    ユーフォの話は色んな要素がありますが、全力で部活にぶつかっていくアツい話でもあると思うんですよね。
    時にはダサくても押し通す頑固さ。汗だくになって挑み続ける姿勢。
    そんな青春感がマッチする。これならいける!と確信。

    ★構成・コンセプトの話
    まずMADのコンセプトとしては黄前久美子、中川夏紀、久石奏、このユーフォトリオに焦点を当てて夏紀から久美子へ、そして久美子から奏へ、その繋がっていくものを表現するということですね。
    なので1番はユーフォ1期2期から久美子と夏紀のシーンを中心に、間奏から誓いのフィナーレに入って奏との絡みを入れてラスサビはリズと青い鳥の演奏シーン…とざっくり考えてから細かいところを詰めていきました。
    今回の曲の歌詞は最初のサビもラスサビも同じなんですよね。
    だから同じ歌詞だけど変化したものがほしいということで
    「抱きしめてやるよ」の歌詞のところは最初は夏紀が久美子へ、
    最後のは久美子が奏へ言っているイメージになってます。
    前述の夏紀→久美子→奏の繋がりの構成と合致してうまくいきました。
    サビが2回しかないのも都合がよかったですね。



    ★動画の話
    自分はよく曲のPVを踏襲して作ることが多いです。
    前に作ったヴァイオレットエヴァーガーデンのMADもそうだったんですけど
    テキストの入れ方や色の処理などを真似ています。
    ただ真似だけしても作品と合ってなかったらダメなので
    その処理が作品と合ってるかどうか見極めることと
    いかに作品に合わせて落とし込んでいけるかが大事ですね。
    基本的に自分はデザイン的な部分では作品の方向性に合わせてます。
    BDのパッケージ、ブックレット、公式HP、公式ファンブック、その他関連記事…等々を見て方向性を探ります。
    あとPVからデザイン的なこと以外にも緩急のつけかた、カットを切るタイミング、
    どういう動きをどういうタイミングで入れていくか…
    みたいなことも見てます。
    例えばサビに入るタイミングでギターを振り上げたり体を揺らしたり
    激しい動きがあったところはそれに合わせて動きの大きいシーンを選んで入れたり。
    こうして動きやタイミングを紐解いて見ていくと結構得るものもあって
    だからここは疾走感が生まれてるんだな、見てて気持ちいいんだなということが
    なんとなくわかってきます。
    今回の曲のPVも毎日見ては研究していました。

    ↑サビに入る前のスローを再現したところ


    ★こだわりの話
    とにかくこのMADは夏紀、久美子、奏の3人をフューチャーしたかったので
    最初から最後まで3人を中心に組んでます。


    最初のカウントのところ。色はそれぞれの学年の夏服のタイの色から。
    3、2、1は単純に曲のカウントである意味のほかにそれぞれの学年の数字、
    3→1にいくのは夏紀から奏に繋いでいく意味も。あと夏紀と奏は久美子の方向を見ている。
    タイトルのOH!!!の!の数は3人のこと。

    基本3人以外にもキャラは出てきますが変な話、その他のキャラはモブに見える程度の
    扱いにしたかったです。引き立て役というか。そういう風に見えなかったら失敗ですね笑
    例えばあすかをあんまり出すと2期の話になってしまうので3カット程度に止めてます。
    でも要所要所でメインキャラたちは回収してます。


    ↑夏紀と優子の絡みは外せない。


    ↑香織パイセンと麗奈を重ねる。尊い。


    ↑ちゃっかりくみれいも回収していく。


    前半の1期2期のシーンは前のユーフォMADでは使わなかったシーンを
    中心に使うようにしてます。梓は入れたかった。
    前のMADの上昇気流なんかはOPEDのシーンを結構使ってましたが
    今回はほとんどないです。



    ↑ここは今までの劇場版タイトルから。


    ↑微妙に切り抜いてたりする。


    ↑一番好きなシーン。かっこいい背中。


    ↑加部ちゃんかわいくない?


    ↑かわいい。


    そして最後のカット。個人的に原作のアサダニッキさんのイラスト使いたかったんですよね。
    動画の途中にはさむのもなんか浮いてしまうので使い所はここしかないと。
    このイラスト、夏紀、久美子、奏の3人が今回のMADのコンセプトにバッチリ。最高。

    そんなところでしょうか。
    ここまでありがとうございました。感想待ってます!
  • 広告
  • AniPAFE反省会

    2019-10-18 23:50
    AniPAFE投票期間も過ぎたのでAniPAFEについての話をいろいろぶっちゃけつつ少しします。

    先月ヴァイオレットMAD作ってて、これはAniPAFEには出さぬ!
    と、頑なに意思を貫いて出しませんでした。
    実際あのMADでかなりやりきった感あったのでもうAniPAFEはいいか…ってなってました。

    AniPAFE投稿締切日の前日までは。

    9/29は日曜日で普通に休みだったのでなにしよーかなーと考えていたところ
    急に作りたくなってしまったんですねーMADを。
    しかしAniPAFE投稿締切日が次の日。
    その日は月曜日で仕事なので実質今日作らないと間に合わない。
    その気になれば1日でもMADはできる。
    でもイベントに出す以上ある程度のクオリティは必要かつ
    視聴者になにか引っかかるようなものを含んだものにしなければ意味がない。
    その条件を満たしつつ実現可能なもの…
    そしてピッカーンと閃いた。アレだ!




    で、出来たのがこれ。
    前からまどかでイヌカレーの映像主体にしたMADあったら面白いものに
    なるんじゃないかって思ってたんです。
    色々探してみてそういうMADも確かにあったんだけど
    自分の中ではコレジャナイ感があったのでやっぱ自分で作るしかないと。

    曲はあさきが合うはずだって確信がありました。
    あさきは音ゲー界隈ではわりと有名だと思います。
    ここで説明するのもめんどくさいので知らない人は適当にググるなりしてください。

    彼の曲のホラー的な雰囲気がイヌカレー空間にベストマッチするはず。
    その中でも疾走感のあるインストがいい。
    音ゲーの曲はだいたい2分以内なので尺的にもいい感じ。
    ということで選んだのが「memento mori -intro-」という曲。

    実は2、3年前からイヌカレーとこの曲のMADの構想はありました。
    前々から考えていたのであとはもう形にするだけ。

    うおーーーって切り貼りして
    うわあああってエフェクト足したりして
    完成しました。1日で。なんならちょっと余裕あったので途中で遊んでました。

    しかしこれがなかなか思っていた以上にいい感じに仕上がって
    自分でもマジかこれかっけえええってなったからね。(自画自賛)

    切り貼り主体だけどイヌカレー空間はもともと絵的に密度が高いので
    余計な編集加えなくても充分持ったと思います。
    シーン選びもほぼイヌカレー部分だけに絞ってるのでサクサク進みましたね。
    あと色調の設定がAniPAFE2016で出したまどかMADとほぼ同じだったりします。
    構成はだいたい叛逆に沿ったものになりました。ほむほむ。

    結果発表はまだだけど人によって好みの差が出るMADだと思うので
    どう出るか楽しみです。ギリギリ食い込むかかすりもしないかのどっちかかな。


    最後におまけで前にツイッターでちょろっと言ってた
    投票する時にメモってた作品でも上げときます。こっそりと。

    ■総合
    【静止画MAD】会いたい自分がいる方へ【乃木若葉は勇者である】
    【静止画MAD】ぼくたちは勉強ができない
    【静止画MAD】二人のキセキ (乃木若葉は勇者である)
    [MAD] 荻原沙優の家所 [ひげを剃る。そして女子高生を拾う。] [AniPAFE2019]
    【彼の日の君へ】鬼滅の刃【MAD】
    【MAD】二度と【ボールルームへようこそ】
    【私は貴方を好いている】あの花:点描の唄【MAD】
    【アナスタシア】------【Dat□ -series-】
    【メドレー】 さくらと愉快な仲間たち
    【MAD】りこっぴーの、奏でる未来はプレリュード【桜内梨子】
    ヴァイオレット・エヴァーガーデン~私が隣にいるうちに~Please tell me love
    【MAD】Chronos Rebellion【マギアレコード】
    【静止画MAD】dreamer【魔王城でおやすみ】
    【MAD】私に変える旅【いなり、こんこん、恋いろは。】
    ここから - 東京喰種
    【MAD】ゾンビランドロップアウト
    【MAD】Abyss【PSYCHO-PASS】
    【彼方のアストラ】ASTRA into DEEP SPACE【MAD】
    【MAD】 この世界の不条理と理不尽と 【ib -インスタントバレット-】
    【MAD】群青ノスタルジア、窓辺の世界にて。【牧之原翔子】

    ■選曲
    【MAD】悪魔の踊り方【モブサイコ100Ⅱ】
    【アイマスMAD】ロコナイズドPDCAサイクル
    【MAD】ΣERRYxGORExЯOUND【ゴア・スクリーミング・ショウ】
    【MAD】BLADEPROOF|鬼滅の刃

    ■諧謔
    【MAD】飯テロ【AniPAFE2019】
    【MAD】この広い世界で
    【MAD】牛乳大好き!
    【MAD】親分と姫で「3年目の浮気」【ゴールデンカムイ】
    【アイマスMAD】しんげき上々↑↑
    【リステ】テトラルキアのリーダー

    ■構成
    【MAD】 analogy (君の名は。)
    【MAD】 Talk about 【その着せ替え人形は恋をする】
    【静止画MAD】聖の青春
    【MAD】がっこうぐらし!「繧ゅ⊆繧ゅ⊆」
    【MAD】Anime GO
    【MAD】ヴァイオレット・エヴァーガーデン-You Raise Me Up-

    ■演出
    【MAD】Reflection×ゾンビ
    【静止画MAD】cross road【鎌池和馬15周年記念】
    【合作MAD】BanGD-Rium【BanG_Dream!】
    【MAD】The dazzling chain 【アイカツフレンズ!】
    【MAD】Rebel one【FGO】
    【MAD】Aqoursで「Shut Up And Dance」【ラブライブ!サンシャイン!!】
    【MAD】Fate/stay night[Heaven's Feel]【Sakura】

    テーマ賞はもともと4つしかないので割愛。

    これは最終的に選ぶレベル基準で選んでいった投票一歩前のものですね。
    順番はただの投稿順なので深い意味はないです。
    ここから投票可能な数まで削ったわけですが
    どれを選んだかは内緒ということで。

    以上です。お疲れ様でした!

  • YOURSあとがき

    2019-09-18 21:00
    ヴァイオレット・エヴァーガーデンのMADを投稿しました。
    なぜか動画を見ずにこれを読んでる人はとにかく動画を見てください。
    あとヴァイオレット本編も視聴済みであることを前提として話をしていきます。



    曲名:yours
    アーティスト:vivid undress

    この動画はヴァイオレットへ贈る「手紙」です。
    歌詞、構成、演出すべてが
    ヴァイオレットへ向けられたものになるようにしてます。

    全シーンどうしてこのシーンを選んだのか聞かれたら
    答えられるくらい意味を込めて作ったつもりです。
    でも全部解説するのも野暮なのでここは言っておきたいってとこだけ書きます。


    『この世界はすべて君のものだ』


    この歌詞に動画で伝えたかったことが集約されているといってもいい。
    ヴァイオレットにとってギルベルトが世界そのものだった。
    でも今は違う。戦争が終わり兵士ではなく自動手記人形としての新しい人生が彼女にはある。
    もう命令はいらない。自分の世界は誰かではなく自分のためにあってほしい。
    それがギルベルトの願いでもあるわけだから。


    『必要なものは案外 そんなにないから 1人で背負わなくていいよ
    さぁ荷物降ろして いこう いこう いい子』



    yoursは全体を通してストレートに語りかけてくるような歌詞が印象的。
    痛みも乗り越え前に進む勇気をくれるようなここの歌詞は特に好き。泣く。
    「いこう いこう いい子」は歌詞を見てないとわからないかもしれませんが
    最後「いい子」になっています。いい子なんだよなあ!


    『大切なものを両手に持ったら 自分を傷つける手はもう無い
    これからは守り抜く強さだけ ちゃんと抱きしめて もう離さないで』







    〜いい子からのラスサビへと繋ぐ一連のシーン。
    このあたりはドラマ的な見せ方を意識してますね。
    作中でも屈指の印象的なシーン「愛してる」はこの動画の一番の見せ所であり爆発ポイント。
    過去のシーンをモノクロに、現在のシーンをカラーにしてそれを交差させながらの構成は
    曲のオリジナルMVのオマージュです。


    ラストのギルベルト


    これまでギルベルトのシーンは過去でありモノクロでした。
    ですがここのギルベルトはカラーです。
    これにはちゃんと理由があります。
    このギルベルトの右目をよく見てほしい。
    傷を負っていますよね?
    作中で右目を負傷したのは死んだとされるインテンスの戦いの時。
    つまりインテンス戦より後の姿でありもしかしたら生きているんじゃないか…
    という自分の予想のもと現在のシーンとして表現してます。
    そしてヴァイオレットと再会してほしいという意味でヴァイオレットをその瞳に映してます。
    そんなフラグを残す終わり方にしました。


    タイトルに込められた意味


    動画のタイトルは曲名と同じYOURS(元は小文字ですが)。
    曲名そのままタイトルにするのもな…と最初は思ってたのですが
    動画の中で要所要所で差し込まれる黒バックに白文字のカット、この文の内容を
    全て「you」という単語が含まれたものにしようというアイデアが浮かんだことと
    「yours」には「あなたのもの」などの意味の他に英語の手紙で結びの言葉でもあるから。
    日本語でいう「敬具」や「かしこ」に相当します。
    手紙を題材に扱うこの作品にぴったりではないでしょうか。

    ということでこの解説も結びとさせてもらいます。
    相当気持ち込めて作ったので感想等いただけるととても嬉しいです。
    それではまた。