OH!!!あとがき
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

OH!!!あとがき

2020-07-12 20:20
  • 2
お久しぶりです。
今回のMADは響け!ユーフォニアムの「OH!!!」です。
曲はSHISHAMOというバンドの「OH!」。

きっかけはこのOH!のPVを見てた時にピッカーンと閃いた。
「ダサくて何が悪い」「汗だくで何が悪い」
ユーフォの話は色んな要素がありますが、全力で部活にぶつかっていくアツい話でもあると思うんですよね。
時にはダサくても押し通す頑固さ。汗だくになって挑み続ける姿勢。
そんな青春感がマッチする。これならいける!と確信。

★構成・コンセプトの話
まずMADのコンセプトとしては黄前久美子、中川夏紀、久石奏、このユーフォトリオに焦点を当てて夏紀から久美子へ、そして久美子から奏へ、その繋がっていくものを表現するということですね。
なので1番はユーフォ1期2期から久美子と夏紀のシーンを中心に、間奏から誓いのフィナーレに入って奏との絡みを入れてラスサビはリズと青い鳥の演奏シーン…とざっくり考えてから細かいところを詰めていきました。
今回の曲の歌詞は最初のサビもラスサビも同じなんですよね。
だから同じ歌詞だけど変化したものがほしいということで
「抱きしめてやるよ」の歌詞のところは最初は夏紀が久美子へ、
最後のは久美子が奏へ言っているイメージになってます。
前述の夏紀→久美子→奏の繋がりの構成と合致してうまくいきました。
サビが2回しかないのも都合がよかったですね。



★動画の話
自分はよく曲のPVを踏襲して作ることが多いです。
前に作ったヴァイオレットエヴァーガーデンのMADもそうだったんですけど
テキストの入れ方や色の処理などを真似ています。
ただ真似だけしても作品と合ってなかったらダメなので
その処理が作品と合ってるかどうか見極めることと
いかに作品に合わせて落とし込んでいけるかが大事ですね。
基本的に自分はデザイン的な部分では作品の方向性に合わせてます。
BDのパッケージ、ブックレット、公式HP、公式ファンブック、その他関連記事…等々を見て方向性を探ります。
あとPVからデザイン的なこと以外にも緩急のつけかた、カットを切るタイミング、
どういう動きをどういうタイミングで入れていくか…
みたいなことも見てます。
例えばサビに入るタイミングでギターを振り上げたり体を揺らしたり
激しい動きがあったところはそれに合わせて動きの大きいシーンを選んで入れたり。
こうして動きやタイミングを紐解いて見ていくと結構得るものもあって
だからここは疾走感が生まれてるんだな、見てて気持ちいいんだなということが
なんとなくわかってきます。
今回の曲のPVも毎日見ては研究していました。

↑サビに入る前のスローを再現したところ


★こだわりの話
とにかくこのMADは夏紀、久美子、奏の3人をフューチャーしたかったので
最初から最後まで3人を中心に組んでます。


最初のカウントのところ。色はそれぞれの学年の夏服のタイの色から。
3、2、1は単純に曲のカウントである意味のほかにそれぞれの学年の数字、
3→1にいくのは夏紀から奏に繋いでいく意味も。あと夏紀と奏は久美子の方向を見ている。
タイトルのOH!!!の!の数は3人のこと。

基本3人以外にもキャラは出てきますが変な話、その他のキャラはモブに見える程度の
扱いにしたかったです。引き立て役というか。そういう風に見えなかったら失敗ですね笑
例えばあすかをあんまり出すと2期の話になってしまうので3カット程度に止めてます。
でも要所要所でメインキャラたちは回収してます。


↑夏紀と優子の絡みは外せない。


↑香織パイセンと麗奈を重ねる。尊い。


↑ちゃっかりくみれいも回収していく。


前半の1期2期のシーンは前のユーフォMADでは使わなかったシーンを
中心に使うようにしてます。梓は入れたかった。
前のMADの上昇気流なんかはOPEDのシーンを結構使ってましたが
今回はほとんどないです。



↑ここは今までの劇場版タイトルから。


↑微妙に切り抜いてたりする。


↑一番好きなシーン。かっこいい背中。


↑加部ちゃんかわいくない?


↑かわいい。


そして最後のカット。個人的に原作のアサダニッキさんのイラスト使いたかったんですよね。
動画の途中にはさむのもなんか浮いてしまうので使い所はここしかないと。
このイラスト、夏紀、久美子、奏の3人が今回のMADのコンセプトにバッチリ。最高。

そんなところでしょうか。
ここまでありがとうございました。感想待ってます!
広告
×
イベントお疲れ様でした。 一分の隙もない構成で、本番中も見入ってしまってコメント打てなかったことを悔やんでいます。 ブロマガ読ませていただいて、情熱と緻密さが両立出来ているのが本当にすごい。 感想書き切れないですw
4ヶ月前
×
>>1
津名さん!コメントありがとうございます&依羅もお疲れ様でした!
本番でも評判よくて嬉しかったですね〜。
作品に対する情熱もあるんですけど曲に対しての情熱がかなり強いほうだと思いますw
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。