「混沌のルーシー」レビュー 著:Smokeman #フリーゲーム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「混沌のルーシー」レビュー 著:Smokeman #フリーゲーム

2015-04-27 20:00

    「混沌のルーシー」

    つくったひと:ジスカルド、アンディーメンテ
    DL先:http://www.freem.ne.jp/win/game/8320








     混沌のルーシー』はフリーゲームサークル「アンディーメンテ」(以降AMと表記)の制作するゲーム・ミソロジー中の一作品であり、AMの過去の作品群とは登場キャラクターやアイテム、一部のシステムなどに関連がある。ゲームの舞台となるオールドアースについては『スターダンス』やライヂングスター』シリーズ、『アールエス』などに過去の歴史が語られている。ストーリー上の直接の繋がりとしては『銀河迷宮宝物』の続編に当たる

     AMファンとして、避けては通れまい。














     今までにAMの作品をプレイしたことがない人でも、序盤の難易度の高さに慣れてしまえばハマれることだろう。やり込み系が好きな人におススメだ。





     この波動空間に突入するあたなの誇りある名前を入力せよ


     この一文で即座に世界観に引き込まれました。長い旅が始まるのだな…。









     基本的にはアールエス』に近いゲームで、ダンジョンに潜っては帰還、探索を繰り返し、主人公を強化していく。この探索と育成要素のやり込みが主な魅力だ。育成要素もキャラのステータスだけではなく、ダンジョンを移動する際に使うカードを合成強化したり、ダンジョンに持ち込めるカードの束をブックと呼ぶのですが、その内容編集が大事。

     このブックの編集や合成はしっかりと考える必要がありゲーム性が高い。そのぶんダンジョンクリア時の達成感もひとしおだ。特にダンジョンの踏破には必ず距離を進めるカードの枚数が必要で、探索の度にブック内のカードバランスの見直しを図ることになる。








     そのカードについてだが、なんとガチャによって集めることもできる。ただし、回数制限があり無限にガチャを回せないようになっている。他プレイヤーの冒険とは違った内容が作られたり、お気に入りのカードができたり、引き自慢したりとなかなか楽しい。



     今回僕が序盤に引けたのはドラゴンシールド。最序盤に引いたおかげでかなり楽ができた。
     低レベルのうちからMaxHP+30や全体攻撃気絶は超便利。



     さらに今回は他プレイヤーとの対戦機能が実装されている。








     これが冒険に行き詰ったときの息抜きに良い。メインコンテンツの一つだが、プレイスタイルに合わせて楽しめば良いと思う。僕のキャラも登録しておきました。お気に入りのドラゴンシールドを持たせて!

     このように機能は盛りだくさん。ボリューム満点のやり込みゲーです。最新版ではついにトゥルーエンドストーリーが実装されたとのこと。クリアまでのプレイ時間がどのくらいかと言われると僕にも計り知れませんが、是非ともエンディングを見たいですね。

     毎日コツコツ、カチカチとプレイする日々。学生時代の夏休みを思い出す。

     それでは皆さん、コロシアムで会いましょう。 (○´―`)ゞ



     (カチカチカチカチカチカチ)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。