ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

2015/1/21 FF5RTA 4:19:10
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2015/1/21 FF5RTA 4:19:10

2015-01-23 01:27
    SFC実機・アスキーパッド使用 BS1アクティブ縛り FF456RTAリレールール準拠

    ★チャート概要
    ・歩数調整あり
    ・LV14チャート(黒炎9エンカ・ラジエーター×2・ラジエーター×4)
    ・マジックドラゴン捕獲なし青魔法主力チャート

    ★ラップタイム
    チェックポイント  前回記事   今回     差
    ウィングラプター  0:17:31  0:17:29  - 0:02 ○バックアタックなし・羽閉じなし
    カーラボス     0:29:09  0:29:02  - 0:07 ○ゴブリンパンチ習得1ツモ
    ガルラ       0:45:58  0:45:15  - 0:33 ◎マギサ戦レナ落ち
    リクイドフレイム  0:58:24  0:57:47  - 0:37 ◎リクイドフレイム 人→渦
    ビブロス      1:08:26  1:08:08  - 0:18 △5デス3ツモ。ケアル1回
    黒炎狩り開始    1:18:43  1:18:24  - 0:19 
    クレイクロウ    1:31:14  1:31:18  - 0:04 ×黒の衝撃4ターン目ツモ
    アルケオエイビス  1:43:04  1:43:16  +0:12 △亀戦バッツ落ちフェニ尾使用
    第1世界終了    1:57:04  1:57:07  +0:03 
    ティラザウルス   2:08:21  2:08:37  +0:16 
    飛竜草       2:24:44  2:25:01  +0:17 
    アトモス      2:39:45  2:38:44  - 1:01 ◎黒の衝撃1ツモ
    クリスタル     2:53:52  2:52:53  - 0:59 
    第2世界終了    3:07:02  3:06:06  - 0:56 ×ガラフフェニ尾自害3ツモ
    ガーゴイル     3:21:25  3:20:26  - 0:59 
    次元の狭間突入   3:37:00  3:33:49  - 3:11 ◎マシン避け成功メリュ黒衝1ツモ
    アパンダ      3:43:16  3:39:53  - 3:23 ○カロフィステリヘイストなし
    エクスデス戦開始  3:54:49  3:51:15  - 3:25 
    ネオエクスデス撃破 3:59:27  3:55:55  - 3:32
    タイマーストップ  4:22:43  4:19:10  - 3:33

    例によって細かい戦術は割愛。聞いてくだされば詳しくお答えします。

    歩数調整は使用していますが、多少エンカテーブルがずれたぐらいでは第2世界のラジエーター狩りには影響が出ないように組んでいます。またムーアの大森林火災発生中のテーブルずらしテクによってエクスデス城のマジックドラゴンとのエンカウントも問題なく行えるので、RTA中の移動に関しては大きな緊張感もなく臨めています。すにゃおさんのブロマガが大変参考になりました。この場を借りて御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

    ★チャートの特徴と半年前からの主な変更点
    ・アトモス戦ファリス蘇生カット
     今まではアトモス戦で全員にABPを入れる為、黒の衝撃成功後に戦闘不能キャラを蘇生していましたが、相手の吸い込み行動を待ってからフェニックスの尾を使用するという時間がどうにもロスだと思っていたので、今回はその蘇生を省き黒の衝撃成功後に即レベル5デスを撃っています。バッツ時魔+青魔法、レナ青魔、ガラフ薬師というジョブ構成上、時魔と青魔役が兼任になるので黒の衝撃の入りが悪かったりスロウガを撃たれたりするとグダりやすくやや記録狙いに特化した構成かと思いますが、早めに黒の衝撃が成功すると本当に速いです。
     また今回の戦術に組み替えたことにより飛竜の谷→バリアの塔間のメニュー操作を2箇所削ることが出来たのも大きな収穫でした。

    ・調合役バッツ→クルルに変更
     バッツが青魔法を第1世界で習得する為、第2世界以降でバッツに調合を覚えさせるほうがスムーズだったのですが、バッツの素早さが遅くてピラミッドのアスピスに先制を取られることが多かったのでクルルに変更。クルル(ガラフ)は第1世界最後にPTにいないため少しABP調整が難しかったですが、ガーゴイル戦終了後に習得するように組みました。

    ・メリュジーヌ戦 バッツ時+青、クルル吟+調、ファリス青+庇
     メリュジーヌ戦はファイガを連発するチャートやマジックドラゴン2匹を放ち即効で撃破するチャート等があり人によって倒し方が分かれる部分です。私のチャートだと金銭面で第1世界から炎のロッドを持ち越すのが困難な為ファイガ戦術は×。マジックドラゴンはBS1Aだと相手の動きが速く捕らえるのが怖い(あくまでも個人的感想)、またその為のメニュー変更に時間が取られるのも好きではないので今回は見送り。メリュジーヌ戦で黒の衝撃の入りがよほど悪くない限りタイムもそこまで変わらないようです。
     この戦闘中にボーンメイルを装備したファリスにエリクサーを使用して瀕死を作れるのも大きいです。吟遊詩人は素早さも比較的高いのでラミアのキッスで相手の動きを止める際にありがたいですし、ここで吟遊詩人のABPを入れられると次元の狭間でもメニュー操作も減らすことが出来て個人的にはお気に入りかつこだわっている点です。

    後は大体半年前と変わらず。
    半年前はメリュジーヌ戦で大幅ロスをしているので大きく巻くことが出来ました。


    ★総評
     運の要素はトータルで見れば良い部類だったと思います。アトモスの黒の衝撃1ツモで全て許せちゃうぐらいにここのタイムのブレは大きいです。大きいロスは黒の衝撃ラーニングに非常に手間取り、1ターン目で習得する場合と比較すると約40秒ぐらい遅いです。後はガラフのフェニ尾自害を2連続で外し、20秒弱のロスとなっています。それでもトータルで見れば運は良かったです。細かい不運も結構ありましたけどねw
     FF5は自分のミスさえなければ遅れに繋がらない非常にブレの小さいゲームだと昔から考えており、今もその考えは基本的には変わっていませんが、ある程度までタイムが煮詰まってくると小さな運要素の積み重ねによるタイムのちょっとしたブレに本当に悩まされます。何回もやっていればもう少し更新できそうな気もしますが、いまひとつ気乗りしないのはこういう点にありますね。なので私のFF5記録狙いはこれにて終了。何か新しいこと思いつくまでは帰ってきません。

     初めてFF5のRTAに触れてから約2年半になります。
     自分のFF5RTAチャートの土台を作る際に大いに参考にさせて頂いたドミネーターさん、常に自分の何歩も先を行っており今でも目標であり続けているすにゃおさん・jarryさん、同時期に切磋琢磨し大きな刺激を与えてくれたちくらぶさん・ありのさん・カノールさん、他全てのFF5RTAプレイヤーの皆様と応援して下さった皆様には大変感謝しております。自分一人の力では何もすることが出来ませんでした。本当にありがとうございました。

    今後もFF5はやっていきます。
    歩数調整なしチャートも作ってみたいですし、全ボス撃破とかもやりたいですね!





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。