• 【企画】クイズ:スイーパー ルール説明

    2019-03-15 22:29

    ■ご注意

    スイーパーのルールは現在見直し中です。

    こちらのルールは見直し前のベータ版に相当します。

    ■クイズ:スイーパー とは

    チームで協力して、すべての正解を選び『SAVE』をキメる一問多答式クイズ!



    ルール説明

    ◆解答者は一人ずつ、正解だと思う選択肢を選んでいく。
     全員が解答したら 一番手に解答権が戻る。
     正解が無くなるまでサイクルして解答する。




    ◆ただし、最大20個の選択肢のうち 正解と不正解の個数はわからない
     これ以上正解が残っていないと思ったら『SAVE』と宣言する。


    ▼ヒント!▼
    不正解の数は、最低でも解答人数分はあるらしい……。


    ◆『SAVE』を宣言した時点で 残っている選択肢がすべて不正解だった場合
     SAVE成功、ゲームクリアとなる。




    ◆ただし不正解を選んでしまったり、(※)SAVE失敗してしまうと、そのプレイヤーは脱落
     脱落したプレイヤーは次のサイクルから解答権を得ることができない。
     時間切れ、または全員脱落でゲームオーバーとなる。
     (※:SAVE失敗……正解の選択肢が残っている状態で『SAVE』を宣言してしまう)


    ▼ヒント!▼
    解答者4人で始めても、不正解を選ぶたびに人数が減っていく!
    3人が不正解を選ぶと、残された1人は残りのすべての正解を開けなければならない……



    ◆問題は4問セットになっており、すべてSAVE成功すると賞品獲得!


  • 広告
  • 【自作フリーツール】ゲーム特化のランチャー InstantGamePortal(2016/07/07 Ver.1.03)

    2016-05-14 22:03

    1.このツールの概要

    主にゲームアプリケーションに特化したランチャーツールです。
    このツールにゲームアプリケーションのEXEファイルを登録しておくことで、
    簡単に起動することができます。
    まぁつまるところS○eamのライブラリ画面みたいなものです。
    ってかまんまそれ。意識した。

    2.スクリーンショット


    ※ゲームデータ本体は同梱されておりません。

    3.ダウンロード

    InstantGamePortal Ver.1.03(推奨)

    InstantGamePortal Ver.1.02
    InstantGamePortal Ver.1.01
    InstantGamePortal Ver.1.00

    4.導入、アップデート

    ■新規導入の場合
     ・リンクからZipファイルをダウンロードし、
      中のExeファイルを適当な場所にコピー(展開)してください。
     ・ファイルをダブルクリックで起動します。
     ・アプリ登録時、Exeファイルを置いた階層に
      登録データ(AppData.xml)が出力されます。
      必要な時以外は直接編集したり削除したりしないでください。
    □アップデートの場合
     ・リンクから目的のバージョンのZipファイルをダウンロードし、
      中のExeファイルを現在導入しているExeファイルに上書きしてください。
     ・登録データ(AppData.xml)があれば、そのまま新しいバージョンに移行できます。

    5.使い方

    (1)アプリケーションの追加

    メイン画面下部の「アプリケーションを追加」ボタンを
    クリックすることで、登録画面が開きます。
    登録画面でアプリケーション名(ゲーム名)と、
    起動するファイルのパスを設定します。
    「アプリケーションパス」と「作業フォルダ」は
    [...]ボタンからファイルを選択したり、
    メイン画面または登録画面にファイルをドラッグ&ドロップすれば
    自動で入力されます

    (2)アプリケーションの起動

    メイン画面左部のリストから項目を選択すると、
    メイン画面右部にアプリケーションの情報とプレイボタンが表示されます。
    プレイボタンを押すと登録しておいたアプリケーションを起動します。
    アプリケーション起動中は画面は非表示になり、終了後再表示されます。

    (3)メイン画面

    メイン画面左部のリストから項目を選択すると、
    メイン画面右部にアプリケーションの情報とプレイボタンが表示されます。
    情報欄にはアプリケーションを使用した累計時間と、
    最後に起動した日が表示されます。
    また登録したアプリケーションがあるフォルダの中に
    「ReadMe.txt」などのテキストファイルが同梱されている場合、
    そのファイルの内容が表示されます。
    (そこそこのファイル名パターンに対応する……、と思う。)

    (4)右クリックメニュー

    項目を選択した状態でメイン画面左部を右クリックすると
    コンテキストメニューが表示されます。
    コンテキストメニューから選択したアプリケーションの起動や、
    登録した内容の変更・削除が行えます。
    「ファイルの場所を開く」をクリックすると、
    登録したアプリケーションがあるフォルダを開きます。
    また「名前順」「プレイ時間順」「最終プレイ順」をクリックすると、
    メイン画面左部のリストをその順に並べ替えることができます。

    6.不具合・要望報告

    https://docs.google.com/forms/d/1CuG-XS7_y5dzSIvZbfCWBDpHP4_-kh04xq6zhPwTShs/edit?usp=sharing

    7.アップデート履歴(新→旧)

    ■Ver.1.03 (2016/07/07) Micro Update
     ・登録リストの表示幅を変更できるようになった
     ・登録画面でEnterキーによる決定、
      Escキーによるキャンセルが可能になった
     ・通常画面に対してファイルをドラッグ&ドロップした際に、
      登録画面が非アクティブだった問題を解消
     ・登録リストいっぱいに項目があった時に、
      一番下の項目が登録リストに表示されていない問題を解消
     ・一部のエラー発生時において当ツール内でメッセージを出すようにした

    ■Ver.1.02 (2016/06/08) bug fix
     ・「ファイルの場所を開く」を選択した際、対象のディレクトリが
      存在しなかった場合にアプリが落ちていた現象を解消
     ・通常画面に対してファイルをドラッグ&ドロップした際に、
      登録画面を閉じるまでドラッグした元のウィンドウが
      応答しなくなる問題を解消
     ・テキストファイルの内容が表示されている状態で
      ファイルが存在しないアプリデータを選択した場合に
      テキストファイルの内容が非表示にならない問題を解消

    ■Ver.1.01(2016/05/15)bug fix
     ・「保存時、相対パスに変換」にチェックを入れた際に、
      「作業フォルダ」が相対パスに変換されなかった現象を解消。
      なんで気付かなかったんだこれ。
    ■Ver.1.00(2016/05/14)初期リリース
     ・お披露目

    8.制作の経緯(雑記)

    S○eamのライブラリ機能を丸パクリするんだったら
    非S○eamゲームも登録できるし、作る必要ないんじゃね?
    って言われたらまずぐうの音も出ないのですが。
    もともとゲーム特化のランチャーがあればいいなぁなんて思ってたんです。
    なんでかって、インストール不要のフリーゲームやらエ○ゲーなんかが増えすぎて、
    しかも格納場所が無法地帯と化して管理できなくなっちゃったから。
    ダウンロードフォルダに展開するとかアホでしょ自分。
    ってことで統括できるツールがほしかったんですね。
    で、機能として完璧に整っているのがS○eamのライブラリ機能。あれは最高でした。

    が、1点だけ難点が。

    今プレイしているゲームがフレンドにバレてしまう。
    一般的なフリーゲームならいいんです。
    ただエ○ゲーはどうでしょう。最悪BANです。
    アカウントがBANされなくても社会的にBANされてしまいます。
    なので、機能を維持しつつスタンドアロンで軽いものを
    使いたいなぁということで自分で作っちゃいました。

    9.免責事項

    当ツールを使用した場合における損害、障害、各種問題については、
    当方は一切の責任を負いません。
    自己責任での使用をお願いいたします。

    10.既知の不具合、今後の見通しなど

    □週末あたりアップデートするぞ。
    念願のタグ機能とコントローラ制御だ。(2017/04/25)

    □要望の投稿ありがとうございます。
     実際に使ってもらって褒められるとやる気出るからもっと書いて。


  • 【雑記】タブレットPCを買いました

    2016-02-07 23:23
    <イントロダクション>

    どうもお久しぶりです。
    最近はお仕事が落ち着いてすごろくやったりイカやったりしてます。

    さてそんな私ですが、
    何を血迷ったのかタブレットPCなるものを買ってしまいました。
    早速このPCでブロマガを書いていません。充電中です。
    メインで使用しているノートPCと、比較的ゲーム向けの大きめのノートPCについて、
    3代目のWindows機になります。
    ※本当はさらにもう一台ノートPCがあるんですが、これは彼女さんに貸してます。

    さて今回は例によってドスパラで購入。こちらを買いました。

    私はタブレットのAndroid端末は持っているのですが、
    タブレットのWindows機は初めてで、
    かつタッチパネル操作のWindowsも初所有となります。

    コンパクトというのもあり、外出先で簡単に調べものしたり、コード書いたり、(できるかどうかわからなかったけれど)簡単な動画編集ができればいいなと期待しておりました。あとお布団の中で使ったりとか……。


    <初回起動まで>

    さてキーボードとmicroSDを合わせて購入してだいたい35,000円くらい。
    初めて手に取った感想はというと、思ったより少し重くて大きめかなと。
    本体自体は実にカクカクしていてかっこいい印象。良い。

    今回チョイスしたOSはWindows10
    電源の点灯は電源キーの長押し。そうだこれはタブレットなんだ。
    最初のセットアップの時点ではキーボードをペアリングしていないため、オンスクリーンキーボードで各情報を入力。
    通常の文字は入力しやすいけど、記号入力の際にちょっとめんどくさいなぁと思いつつ、次へ次へステップを進めていきました。
    しかし画面きれいだあ。やべぇ。流石1080p(だよねきっとこれ)。


    <自由操作>

    さてしばらく放置してセットアップが完了。
    初回起動でまず最初に何をいじるか、そう設定だぁ。
    ゲームをプレイする者であれば本編よりも真っ先に向かう、そう設定だぁ。

    Windows10自体はすでにデスクトップ機に導入していたので、別に操作がわからないことはありませんでした(でもこれWindows7以前にばっかり固執してるユーザだと困惑するよなぁとは思ってました)。
    Windows10の大半の設定は「設定」ウィンドウからあれこれ済ませられるんですが、これ本当にタッチパネルとの相性バツグンですね。見た目もシンプルな上にサクサク操作できる。やべぇ。タッチパネルでWindows最高だ。

    そんなウキウキだったのもつかの間、早くも不満点が。
    エクスプローラが使いづらい。
    Windows8からエクスプローラにもリボン表示が適用されるようになりました。これは大変気に入ってます。タッチパネルで右クリックの動作はちょっと手間なので。

    ただ何が気に入らないかって、詳細表示の際に項目を選択しづらいということ。
    私は普段から詳細表示を使用していて、更新日時とかサイズとかを常に確認できるようにしてるのですが、この際の項目のサイズが指に対してクッソ小さい。DSのタッチペンが欲しくなるぞコレ(DSのタッチペンでは反応しませんが)。
    設定でテキスト等の表示項目を2倍に拡大すれば多少はマシになるけどホイホイそうするわけにもいかないのですよ。

    ブラウザに関しては標準のMicrosoft Edgeがなかなか良かった感じ。
    デスクトップ機だと機能に関して不満が多々出るとは思うんですが、タブレット機からすれば十分ってか快適だと思いました。こまごまと機能ボタンがあっても狭くなるだけですから。
    後々Google Chromeを導入してテストしてみましたが、うーんという感じ。Edgeでいっかってなりました。

    そんな感じで、全体的な操作感については細かいことをしようとしなければむしろ快適という感じです。


    <性能>

    しばらく自分の使用スタイルに設定やアプリケーションをそろえたりしてたんですが、途中気になることが。

    まず1点、動作が遅いのでは

    ぶっちゃけタブレット端末ですから、サイズはコンパクトで取り回しが良いですが処理性能はもちろんノートPCにも劣ります。
    商品ページにもありましたがCPUは定格1.33GHzでメモリは2GB。無茶なことはできません。
    この時はWindows Updateを動かしていたのもありますが、どうにも遅すぎる。
    タスクマネージャでプロセスを調べたところ、プリインストールのマカフィー(だったかな)がスキャンを始めていたせい? ですごくCPUもメモリも食っていました。うひぃ。さっさとAvast!に変えました。

    でもスキャンさせただけで全体の動作に影響してくるので、いよいよこれは高負荷な処理はさせられんぞと思いました。

    そして2点目、これバッテリー充電されてなくね?

    届いてセットアップして、その後の外出時に試しに端末を持ち出してみたんですが、結構な時間バッテリーが持つんだなぁと感心してました。これなら1日持ちそうだ、と安心していました。



    家に帰ってから出先での作業の続きをしたろうと充電しながら端末を操作していたんですが、なんか通知領域のバッテリーアイコンが変化しねぇなと。
    充電のマークは出ているが、ゲージは回復していない。
    試しにクリックして残容量を確認してみると値は6%となっておりました。

    Why Windows Tablet!!!
    (厚切り感

    充電コードを接続しているのに逆にバッテリーが減るっておかしいダロウ!
    いやまぁこれWindows Tablet全般のことではないと思うのですが……。
    ともあれこの事実に気付いてしまった以上、使用しながらの充電ができない故、確実に充電のために電源を切って充電する時間を設けなければならないということ……。ぐぬぬ。

    ちなみに仕方はないと割り切ってはいますが、本体容量の小ささも少し気になりますかね。
    コード書きたくてVisual Studioを導入したんですが、それが記憶領域で一番容量を占有しているアプリケーションになります。6GBがこんなにインパクトある世界なんだ……。
    (普通の人はVisual Studioなんて導入しないと思うのであんまり言いませんが)

    あとファンクションキーがないのが個人的にはつらいです。


    <総括>

    色々いじってみましたが、文書作成やメール確認、スケジュールの管理、その他ブラウジング等、負荷が軽い操作であれば割と快適でかつ携行もしやすいので、スマートフォン等でやりづらいことであれば十分カバーできる感じです。
    カフェでゆっくり着席しつつ、キーボードぱちぱちすれば格好もたつのでいいと思います。

    ただ過度な期待をするとちょっと痛い目を見るかもしれないですね。
    ヘビーユーザ、というか長時間使いたいと思う人にはつらい一品かもしれないです。
    もっとも、ほかに端末があればそんなに心配することはないんでしょうけど。

    ビジネス目的であれば割とよさそうでしたね。Office入ってないですけど
    そんな感じで「ちょっとアレしたい」には十分応えられるものだと思います。
    使い道がイメージできる人におすすめできるかも。
    パソコンほしいからとりあえずこれ、って感じでは選ばないもの。


    <余談>

    これ、確かにビジネスだったり業務のタスクの管理だったりには十分向いていると思うんだけれど、セキュリティ的な思考から業務で使用する(職場が保有している)端末とプライベート用の端末って使い方をハッキリ分けないといけなくて、プライベート用端末で仕事用のメール見たり文書作ったりってできないんですよね。職場にプライベート用の端末持ち込んだりはそれこそいかんでしょうと。なので、この端末を使って業務管理とかできないし、仕事メールも見れないし、持ち歩いて通勤中に使うとかもできない(職場に入れることになる)し、なんだかなぁ……。いや、リスクは重々承知ではありますけどね。結局プライベート用ですし。じゃあなんで買ったんだ。そうだお布団用だこの野郎