夢の通ひストリートファイター
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夢の通ひストリートファイター

2016-06-02 22:43
    生放送で台詞やアイデアを募集してシナリオを書き上げる企画をやっています。

    今回も、百人一首の風景に合わせたシナリオを書こう。
    第18回。
    「住の江の 岸による波 よるさへや
    夢の通ひ路 人目よくらむ」
    この短歌に、夢にまで見たゲームの必殺技に、
    いつまでもこだわり続けるオッサンたち。
    しかし、夢でさえ実現できないあの技・・・。
    のシナリオを合わせてみました。


    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
    独自の書き方があります。
    誤字・脱字を含みます。
    もっと短くていいよね?そういうアイデア待ってます。
    久々に時間掛けて書いたけど、その結果読む人が居なくなって誰も得しないパターン。
    なんなん?




    タイトル「夢の通ひストリートファイター」



    人物表
    細川隆一(42)
    剣持肇(43)
    千葉利一(38)
    河合涙(32)



    ○海岸(早朝)
    並んで波動拳の動作を繰り返す細川隆一(42)・剣持肇(43)・千葉利一(38)・河合涙(32)。その足元に寄せる波。
    帽子を被っている河合。
    一同「波動拳!波動拳!波動拳!」
    細川の額から汗が落ちる。
    犬に引っ張られるお爺さんがその横を通り過ぎる。

    ○大阪中華街
    トーシューズを履き、チャイナ服・髪で二つ団子を作った千葉が背筋を伸ばし発声練習している。
    その前にトランポリン。
    千葉を見守る細川・剣持・河合。
    不信な目で通り過ぎる通行人達。
    千葉「たったっせっぷーきゃっ!」
    首をかしげる千葉。
    千葉「たったっせっぷーきゃっ!・・・(うなずき)たったっせっぷーきゃっ!」
    細川「いけるか?千葉・・・いや、チャンリー」
    千葉「アイ!」
    剣持「不本意かもしれないが、これ(トランポリンを刺し)は用意させて貰ったぜ」
    千葉「ヤッター!」
    細川「思えば長い年月だった・・・。この技の完成の為にバレエ教室に通い、なぜか女の子に混ざって練習を…」
    千葉「その話はやめてください」
    河合「喋るんだ」
    足を上げ、クルクルと回って見せる千葉。そのまま軽くケリを繰り出す。
    千葉「ヤッヤッヤッ!」
    細川「いくぞ、千葉・・・いや、チャンリー!」
    トランポリンの前に立つ千葉。
    見守るその他。
    回転しながら飛びトランポリンを踏み、回転しながら大きく飛び上がる細川。
    千葉「たったっせっぷーきゃっ!」
    細川「おお!」
    剣持「ストツーで見た!」
    河合「千葉、ンリー!」
    つま先で着地する千葉、妙な音と共に足をひねり倒れる。
    細川「千葉!?」
    千葉に駆け寄るその他。
    剣持「大丈夫か?な訳ないな!」
    河合「(携帯に)もしもしー、救急車一丁。さび抜きで」
    細川「よくやった・・・。お前の必殺技は完璧だったよ。千葉・・・いや、チェンリー」
    千葉「アーッ、アーッ、アーッ、アーッ」
    ガクリと倒れる千葉。を残して歩いていくその他。

    ○空港・敷地内
    帽子を脱ぐ河合。金髪・幅広モヒカン・迷彩ズボン姿。
    それを見守る細川・剣持。
    軽いフットワークで後退しつつ、素早く両手を交差させる河合。
    河合「ブーン!・・・んー」
    細川「いいか?河合・・・。いや、ガアイ!ルイ!ガアイルイ!ガアイルィ!ガイ…」
    河合「おーけーボス」
    剣持「最後まで言わせてやれよ」
    しゃがむ河合。
    細川「ためてるな」
    剣持「ため技だからな。・・・頑張れよ!その髪型、嫁にも会社的にも最悪の評判らしいけど、子供にも泣かれたらしいけど。それ以外に特になんら努力しなくてもバク転ぐらい楽勝の運動神経のお前だから特にもう言うべき事はないぜ!」
    親指を上げる河合。それを返す細川・剣持。
    剣持「むかつく」
    細川「やなやつ」
    親指を下に向ける細川。
    細川「さっさとやれ」
    深呼吸する河合。片足を蹴り上げながら綺麗にバク転する河合。
    剣持「はいはい」
    細川「5分前に見た」
    着地する河合。
    歩いていく細川・剣持。
    細川「てっしゅー」
    剣持「もういいから、そういう余韻とかもういいから。早く来い河合」
    河合「腰が・・・」
    細川「は?」
    剣持「ぷっ、何?ぎっくり腰とか?」
    河合「昨日、ジムで知り合った子と夜まで激しく・・・」
    剣持「死ね!てめぇなんて死んでしまえ!」
    細川「今こいつの嫁にメールする!メルアド知ってるか?」
    剣持「知らない」
    細川「うわああああ!(河合に走り寄り)死ね!うわああああ!」
    走っていく細川。
    剣持「・・・バーカ!ゲスの極み五体不満足ー!・・・うらやましいいいいいいい!」
    走っていく剣持。
    河合「(携帯に)もしもし、救急車一台。いや、いたずらじゃないです。割と急いで・・・」

    ○海辺
    細川と剣持が立っている。
    細川「二人は男を見せた。いや、必殺技か」
    剣持「後は俺たちだな。リュウ、いち」
    細川「ケン!もち」
    波動拳の動作を繰り返す細川・剣持。
    細川・剣持「波動拳!波動拳!波動拳!」
    動きを止める細川。
    細川「んー・・・」
    剣持「どうした?」
    細川「昇竜拳は案外出来るのになぁ・・・」
    綺麗な昇竜拳を繰り出す細川・剣持。
    剣持「後は波動拳だけだな!」
    × × ×
    早朝。
    並んで波動拳の動作を繰り返す細川・剣持。
    その横を通り過ぎる犬に引っ張られる爺さん。
    細川・剣持「波動拳!波動拳!昇竜!波動拳!」
    細川「なんで!出ないんだ!波動拳!くそっ!くそっ!くそっ!」

    ○アパート「夢迷子」・102号室
    布団に寝ている細川。目を覚ます。
    細川「夢・・・か。ふっ」
    ナレーション・字幕「住の江の 岸による波 よるさへや 夢の通ひ路 人目よくらむ」
    字幕「住之江の岸に寄せる波の「寄る」という言葉ではありませんが。夜でさえ、夢の中の恋の通い道でさえ、あなたは一目を避けるのでしょうか。」
    細川「でも河合は死ね」

    END


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。