進撃のデブライブ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

進撃のデブライブ

2016-11-17 22:54
    生放送で台詞やアイデアを募集してシナリオを書き上げる企画をやっています。

    今回は、・・・ラブライブをディスる目的ではありません。
    「進撃のラブライブ」というコメントを元に書いてみました。
    同じ名前だとあれなので、デブライブ。巨人だからね、ね?
    設定は大体進撃のパクr、オマージュです。

    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
    独自の書き方があります。
    誤字・脱字を含みます。
    参加者募集!ネタやアイデアの追加も募集しています。
    色々設定の説明を詰め込んだせいで、多分何か忘れてる。
    ラブライブはよく知らないです、進撃はアニメの3期?マダー?
    どちらのファンにもごめんなさい。



    タイトル「進撃のデブライブ」



    真壁竣(6・16、まかべ しゅん)
    寺田桝敏(6・16、てらだ ますとし)
    真壁ゆん(25・35)
    その他

    ○ケヤキザカ地区
    巨大な壁で囲まれた現代的な都市。あちこちに電柱と電線が張り巡らされている。
    二本並んだ電線の上を綱渡りで競い合う真壁竣(16、まかべ しゅん)と寺田桝敏(16、てらだ ますとし)。
    大きな振動、揺れる電線。
    よろめく寺田。
    寺田「っとと・・・」
    真壁「(寺田を見)寺田、だいじょう」
    轟音と共に巨大な壁が崩れる。
    市民の声「ウォールティクービ、陥没!来るぞー!」
    人が一斉に壁の反対側へ悲鳴と共に逃げる。それを見下ろす真壁・寺田。
    寺田「一体何が・・・」
    真壁「・・・やつだ」
    崩れた壁の向こうから巨大な人型でアイドル衣装を着た巨大アイドル(以降、巨デブ)が姿を現す。
    市民の声「デブライブが来るぞー!逃げろー!」
    電線の上を小刻みに崩れた壁の方へ移動する真壁。歯噛みする。
    真壁「母さん・・・!」

    ○10年前のケヤキザカ地区(真壁の回想)
    壁に囲まれたケヤキザカ地区。電柱・電線の数は少ない。
    字幕「10年ぐらい前」

    ○公園
    真壁竣(6)と寺田桝敏(6)がサイリウムを振り回し遊んでいる。
    その側で座ってスマホをいじっている真壁ゆん(25)。影で一帯が暗くなる。
    巨デブが滑り台を踏み潰して立っている。
    真壁「・・・ママ」
    ゆん「うるさい、今いいとこ」
    真壁「まーま!」
    ゆん「うるさいわね!今ママが女としてまだまだいけるって事を消えたあんたの親父に」
    巨デブに指でつままれるゆん。
    ゆん「あっ・・・。やだっ、私ダイエット成功しすぎ!?」
    口をあーんする巨デブ。
    ゆん「あ・・・、待って、私まだまだ遊びたいセックsぼきゃべりぶご」
    巨デブに食われるゆん。

    ○ケヤキザカ地区(回想戻る)
    壁の中へ入ってくる巨デブ。
    電線の上を小刻みに動く真壁(16)。それを追う寺田(16)。
    真壁「やつに食われる前に母は俺にこう言っていたらしい・・・。冷蔵庫にお夕飯あるからチンして食べtぼきゃべりぶご。と!」
    寺田「あ・・・、うん(目そらし)」
    真壁「そんなに俺を想ってくれた母が!」

    ○牢屋(真壁の回想)
    牢の中で真壁(6)の前でアイドル衣装を着て踊りまくるゆん。その背後にも似たように踊りまくる陰。

    ○ケヤキザカ地区(回想戻る)
    電線の上をせかせか歩く真壁(16)。それを追う寺田(16)。
    その先に巨デブの姿。その背後に続く巨デブより一回り小さいデブ巨人たち。
    真壁「うわあああああ!許さない、ゆーるーさーなーい!うわあああああ!!」
    頭を振る真壁。よろめく。
    寺田「落ち着け真壁!大丈夫だ!」
    バランスをとり、寺田を見る真壁。うなずく、うなずき返す寺田。
    その下方、アイドル衣装で踊りまくる真壁ゆん(35)。
    真壁「そうだ、俺は大丈夫だ!いつだって助けてくれた親友がいる!俺を慰めて股間触ったらフワフワしてもっと触ったら真っ白になるのを教えてくれた親友が!」
    寺田「頼むから考えてる事全部口に出すのやめて・・・、凄く恥ずかしい」
    真壁「巨デブ!貴様は俺が家畜にしてやる!」
    寺田「豚はぶひぶひ言ってろってな!」
    × × ×
    電線の上をせかせか急ぐ真壁、それを追う寺田。結構な汗。
    巨デブとの距離10メートルほど。
    真壁「やつらの弱点は分かっている。顔だ!顔を傷つければやつらは消えてなくなる。ソースは」
    ポケットからスマホを取り出す真壁。
    スマホの画面「高須委員長「ヤツの弱点は全て知ってるよー(*p´▽`)q」」
    寺田「さすがの高須委員長!」
    真壁「委員長は委員の方の委員な!医院の方じゃないぜ!」
    寺田「ん?」
    巨デブが歩いてくる。
    その横の電線をセカセカ歩く真壁。
    真壁「もらった!」
    ポケットからブーメランにカッターナイフの刃をつけた物体を取り出す真壁。
    真壁「くらっえ!?」
    電線が切れる。振り返る真壁、その先にナイフを持った寺田の姿。
    落ちる真壁。
    真壁「なんで・・・!?」
    巨デブにキャッチされる真壁。
    真壁「なんでだ!40過ぎた熟女にしか興味なかったアイツが!どうして、どうして」
    巨デブが口あーん、して真壁を噛む。
    真壁「ちくしょう!」
    巨デブの口から光の筋が出る。
    巨デブ「うううう、まああああ・・・」
    倒れる巨デブ。の口元から巨大化する真壁。アイドルの格好の巨人(以降、真デブ)になる。
    真壁の声「これは・・・」
    自分の手を見る真デブ。
    真壁の足元に来る寺田。
    寺田「可愛いよ真壁!踊って!」
    真壁の声「お前・・・、デブライバーだったのか」
    服を脱ぐ寺田、その下にアイドル衣装を着ている。
    真壁の声「そんな・・・」
    おぼつかない動きで踊りだす真デブ。
    サイリウムを振りヲタ芸を始める寺田。
    真壁の声「気持ちいい・・・。気持ちいいよぉ!」
    寺田をつかみ丸呑みする真デブ。
    踊る真デブ、の尻からぷりっという音と共に落ちる寺田。
    寺田「超気持ちいい~」
    全ての壁が崩れていく。
    真壁のナレーション「そして、人類は・・・家畜化した」

    END


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。