宇宙メシ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

宇宙メシ

2017-02-27 21:52
    生放送で台詞やアイデアを募集してシナリオを書き上げる企画をやっています。

    今回は、サラメシやらダンジョンメシに乗っかって、
    ○○メシでアイデア募集してみたところ。
    厨二メシと宇宙メシの二案で競ったんですが、
    タイトル通りとなりました。
    Q、このシナリオは何?
    A、よく分かりません。

    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
    独自の書き方があります。
    誤字・脱字を含みます。
    オチがしっかりしていません。
    あれあれ、やる気の問題。
    明日は本気出す!(放送ないけど)





    タイトル「宇宙メシ」



    人物表
    女子アーナ(23)
    カメラマン(35)
    その他、SF的人類


    ○火星
    女子アーナ(23)がマイク片手にレポートしている。
    それを撮影するカメラマン。
    屋台でタコの丸焼きを食う火星人類(35)。
    アーナ「皆さんこんにちは、宇宙メシのお時間です。今日は火星の屋台にお邪魔しています。こちらは何を召し上がってるんですか?」
    火星「これは火星人のたこ焼きです」
    アーナ「美味しそうですねー」
    タコを食う火星。
    火星「・・・宇宙なので味覚が鈍ってますね」
    アーナ「そうですか。では来週は金星にお邪魔します!」

    ○金星
    アーナがマイク片手にレポートしている。
    それを撮影するカメラマン。
    アダムスキー型の小型UFOを焚き火であぶっている金星人類(50)。
    アーナ「宇宙メシの時間です。こちらは何を召し上がってるんですか?」
    金星「鮭のアダムスキー型UFO包みです」
    アーナ「・・・鮭はどこで」
    金星「UFOの中に入ってました」
    アーナ「へー、まさに獲れたてって感じですね!」
    金星「・・・はい。はい?」
    UFOをガツガツと食い始める金星。
    アーナ「美味しそうですねぇ、私も少しお腹がすいてきました」
    金星「はい。はい!?」
    アーナ「来週は月にお邪魔します!」

    ○月
    焼けたシャトルの残骸を食う月人類(15)。
    アーナ「宇宙メシの時間です。こちらは何を召し上がりですか?」
    ガリガリと鉄をかじる月。
    月「シャトル焼き」
    アーナ「破片が月に届いていたとは驚きです。では私も一口・・・いたっ!」
    鉄をかじり痛がるアーナ。
    月「プッ。あんた旧人類でしょ?無理無理。プププッ」
    アーナ「お味は・・・どんな感じなんですか?」
    月「ん?・・・まさに味覚のビッグバンや!」
    アーナ「・・・はぁ」
    赤面する月。
    アーナ「では来週は天の川に」

    ○天の川
    アーナ「宙メシの時間です!今日は天の川、綺麗ですねー」
    カロリーメイトをかじっている彦星牛(3025)。
    アーナ「あの、それは何を・・・?」
    彦星「あ?・・・カロリーメイトフレンド」
    アーナ「ザッツ宇宙食ですね!もっとそれっぽいの食えよ!あ、失礼しました」
    彦星「はぁ、別にいいけど」
    アーナ「お味の方は?」
    彦星「あ?・・・口からミルキーウェイや!」
    アーナ「・・・はぁ」
    赤面する彦星。
    アーナ「それって、流行ってるんですか?」
    彦星「織姫!織姫じゃないか!」
    天の川を渡って星に流される彦星。
    アーナ「来週はガラミス星にお邪魔したいと思います。・・・大丈夫ですかー?」

    ○ガラミス星
    藤堂平九郎(59)が青い手を食っている。
    アーナ「・・・長官ですか?」
    藤堂「人違いですじゃ」
    アーナ「口調が違いますね。人違いでした、てへっ。爺さん何食ってんの?」
    藤堂「・・・ガラミス星人の香り揚げ星屑添えですじゃ」
    アーナ「味はどうなの?」
    藤堂「お嬢さん、ちょっと口の利き方が」
    海原雄山星人の声「この宇宙メシを炊いたのは誰だ!!重力を知らんから無重力を理解できんのだバカものめ!!」
    山岡星人「なら俺が究極の無重力ってのを食わせてやる」
    にらみ合う海原・山岡。
    アーナ「では、来週は・・・え?未定?にお邪魔します!」

    ○宇宙空間
    X人類が漂っている。
    アーナ「えー、今日は変わったモノを食べている人類が居ると聞いてきたんですが」
    X「はい」
    アーナ「何を召し上がっているんですか?・・・何もありませんけど」
    X「私が食べているのは、ホモサピエンスです」
    アーナ「ふむふむ」
    X「様々な形で宇宙に適応した人類がちょっと邪魔になってきたので、捕食しているんです」
    アーナ「へぇ、それは珍しいですね。ではそのホモサピエンスとやら」
    アーナを丸呑みするX。
    カメラマン「うわあ!?あ、あんたなんて事を」
    カメラごとカメラマンを丸呑みするX。

    END


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。