おねしょたの 身をば思はず
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

おねしょたの 身をば思はず

2017-04-06 21:52
    生放送で台詞やアイデアを募集して、シナリオを書き上げる企画をしています。

    今回は、百人一首に現代の風景を合わせてみよう。
    38首目、
    「忘らるる 身をば思はず 誓ひてし
     人の命の 惜しくもあるかな」
    この短歌に、オネショタでお世話になったお姉さんが、
    男に捨てられるのを見てしまうかつてのショタ。
    の風景に合わせてみました。
    歌人の右京さんにごめんなさい。

    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
    独自の書き方があります。
    誤字・脱字を含みます。
    あっさり書き終わると逆に時間を持て余す。




    タイトル「おねしょたの 身をば思はず」




    人物表
    勝田翔太(10・20)
    男女川愛(25・35)
    園恋人(20)
    干党シビア(23)



    ○男女川家・前

    ○同・愛の部屋
    勝田翔太(10)と男女川愛(25)が百人一首の札を見ている。
    勝田「(札を手に)これなんて読むの?」
    札の文字「忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな」
    愛「・・・じゅん」
    勝田「じゅん?」
    愛「ねぇ、翔太くん。お姉さんともっといいこと、しよっか?」
    勝田「なになに、するする!」
    勝田の手から札が落ちる。

    ○大通り
    字幕「10年後」
    勝田(20)と園恋人(20)が歩いている。
    愛(35)の声「おねがい捨てないで!」
    声の方を見る勝田・恋人。立ち止まる。
    愛を蹴る染めた髪に黒スーツの干党シビア(23)。
    干党「うるせぇ!飽きたんだよ。お前の体にな」
    干党の足にすがりつく愛。
    愛「そんな・・・私ももういい歳よ!あと何回排卵できるかわからないわ!」
    愛を蹴り飛ばす干党。
    干党「離せこら!・・・匂うんだよ、お前の羊水がな」
    歩いていく干党。
    勝田の腕を引く恋人。
    恋人「ね、早く行かない?」
    勝田「あ・・・、うん」
    歩いていく勝田・恋人。
    × × ×
    勝田(10)の手から落ちる札。
    × × ×
    勝田の声・字幕「忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな」
    字幕「意訳:あなたに忘れ去られる私自身については何とも思わないですが、永遠の愛を神に誓ったあなたの命が、誓いを破った罰として失われることが惜しいだけなのですよ。」
    愛「これが本当の・・・飽きた美人ってやつなのね・・・」
    字幕「秋田出身」

    END


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。