尿漏れ詐欺
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

尿漏れ詐欺

2018-03-15 22:02
    生放送で台詞やアイデアを募集してシナリオを書き上げる企画をしています。

    今回は、ボケ老人にオレオレ詐欺をする男。
    会話劇となっています、途中で投げてます。
    だからこういうの難しいんだってば。
    今度からせめて3人は出さないと無理ぽ。

    注意点。
    シナリオです。
    なので読んだ事がない方には読みづらいかも。
    誤字・脱字を含みます。
    努力は認めろください。




    タイトル「尿漏れ詐欺」





    人物表
    薮田夢(28)
    新尾萌麗(82、にいお もれ)声だけ





    ○アパート「場末」・前
    薮田の声「夢を追って都会に出て来たはいいが・・・」

    ○同・109号室・居間
    薮田夢(28)がマニュアルの紙とスマホを手にしている。
    薮田「結局は裏の社会に足つかっちまったか・・・。仕方ない、これも食ってく為だ」
    紙の文字「俺俺詐欺 完全マニュアル」
    マニュアルに書かれた電話番号に電話をかける薮田。深呼吸する。
    新尾萌麗(82、以降 もれ)の声。
    もれ「もしもし・・・?」
    薮田「ああ、もしもし、俺俺」
    もれ「・・・は?尿漏れ?最近はまぁボチボチと」
    薮田「いや、俺だって俺!ほら、孫の!」
    もれ「孫の・・・?尿漏れ?そうかいそうかい若いのにまぁぶぶぶ(笑)」
    薮田「(うわぁ・・・初手からやばいのにかけちまったなぁ)」
    もれ「で、どちら様でしたかの?」
    薮田「だから俺、俺だってば!」
    もれ「尿漏れは間に合ってますんで・・・」
    薮田「待って!切らないでお婆ちゃん!孫のね、俺孫の!」
    もれ「ん・・・?ああ、あんたかい。なら最初から言えばいいのにもう、あーあー、あーあーあーそうかいそうかい」
    薮田「そうだよそうだよ。もうびっくりさせないでよお婆ちゃん」
    ため息をつく薮田。
    薮田「とにかく今すごい困ってて金がいるんだよ」
    もれ「そうかいそうかい、カミがいるのかい」
    薮田「いや、紙じゃなくて金、金ね」
    もれ「わしも髪が減ってねぇ・・・大分薄くなったなぁ爺さんや」
    薮田「だーかーら、髪じゃなくて金だってば」
    もれ「髪は女の命なんて言うたが、ワシの女はもう死に絶えたのかのう、ぶぶぶ(笑)」
    薮田「髪じゃねぇって・・・ちっ」
    もれ「あ?お前今舌打ちしたか?」
    薮田「そこは聞こえるのかよ。・・・あーもうとにかくお金が必要なんだよ!」
    もれ「そうじゃのうお金は必要じゃのう」
    薮田「あるよね?孫が困ってるんだよ。と、とりあえず30万!」
    もれ「えっ?3千万?」
    薮田「いやいや、30万、30万だって!」
    もれ「まぁない事もないがのぅ、3千万かーどっこらしょっと」
    薮田「(マジかよ・・・3千万って)」
    もれ「あれ?・・・通帳と印鑑どこだっけかの?ん?・・・つかわし、何をしようとしておったんだっけかのう?」
    薮田「孫を助ける為に通帳と印鑑を」
    もれ「ああ、そうそう!思い出した!尿漏れ尿漏れ」
    薮田「ちっがーう!」
    もれ「最近のティッシュは諭吉さんの顔写真が入っておるんじゃのう」
    薮田「違う違う!それ違う!」
    もれ「あー、気持ちいい。しかし前に2千万ほど渡したのに、ほんとに金のかかる孫じゃのぅ」
    薮田「(なんだこの婆さん。もしかしてすげぇ金持ちなんじゃねぇか?もっとふんだくっても・・・。いや、欲張るな。今は確実に3千万)」
    薮田「じゃあ、お婆ちゃん。振込先の口座番号だけど・・・メモの準備いいかな」
    もれ「あー、ちょっとまっとくれ。電話かけにゃならんからの」
    藪亜「電話?・・・ああ、じゃ10分ほどしたらかけなおすけど。いい?」
    もれ「5分もかからんかのう」
    薮田「へー、どこにかけるの?」
    もれ「ちょっと警察に電話を」
    薮田「あ・・・」

    END


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。